ごきげんななめのてんとうむし

  • 250人登録
  • 3.57評価
    • (18)
    • (28)
    • (44)
    • (5)
    • (2)
  • 34レビュー
制作 : Eric Carle  もり ひさし 
  • 偕成社 (1998年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784034252901

ごきげんななめのてんとうむしの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1:3 ある日てんとう虫を実際に見てからてんとう虫のとりこの僕です。ちょっと話が難しいのですが、小さな虫から大きな鯨まで出てきてダイナミックなのがお気に入り。話が理解できるようになってまた読んでほしいな。

  • 20160826(4歳2ヶ月)
    BOOK・OFFで購入

  • 4-2

  • 3歳4ヵ月
    伊丹昆虫館にて。

  • 191
    22m

    自分で「てんとう虫!」って借りたけど、ちょっと難しくて?他がもっともしろくて?(8月に灼熱地獄を避けて家で読書用に大量に借りたから)あんまり読んでないかなー
    ーーーー
    そのあともう一度借りたけど(本人が借りると言って)@25m
    これもまだ早かった様子で。対して読まずに返した。

  • おなじみの、鮮やかな色彩、見ているとわくわくする。
    説教くさくない程度に学びがあり、これまた良本。

  • この本は、あの有名な「はらぺこあおむし」と同様に色鮮やかで生き物もリアルに描かれている絵本です。いろんな生き物が出てきて、何度読んでも楽しいです。
    ぜひ、親子で読んでみて下さい。
    【14k068】

  • どんどんおおきな相手に喧嘩をうっていく無謀なてんとうむしの様子がかわいいです。

  • ごきげんなてんとう虫が葉っぱについている虫を食べようとしていると、ごきげんななめのてんとう虫がやってくる。
    ごきげんなてんとう虫は半分こしようというけれど、ごきげんななめのてんとう虫は半分じゃ足りない、自分が全部食べるから立ち去れと言う。
    そうして、けんかをして決着をつけようと言う。
    がしかし、ごきげんななめのてんとう虫は自分に自信がなかったので、ごきげんなてんとう虫のような小さな虫では相手にならない、とけんかの相手を探して飛んでいく。
    行く先々で、カマキリ、キツネ、フクロウ、オオカミ、クマ、クジラ…とどんどん大きな相手に話し掛けるごきげんななめのてんとう虫。
    相手はいいよ、けんかしよう、と言うが怖くなったごきげんななめのてんとう虫は常にもっと大きな相手じゃなきゃ、と逃げるように飛び去る。
    朝から夕方になり、最後のクジラでは相手に気付きもされないうちに、クジラのしっぽに跳ねられて吹き飛ばされてしまう。
    着いた先はもといたあの葉っぱ。
    ごきげんなてんとう虫はお昼ご飯もまだなんだろ、と夕食を一緒に食べよう、と言ってくれるのだった。
    やっと素直になれたごきげんななめのてんとう虫は一緒に食べて、葉っぱに裏で眠るのだった。

    だんだんと大きな相手に挑戦するごきげんななめのてんとう虫。
    カマキリあたりから完全に適わない相手。
    相手もてんとう虫なんか歯牙にもかけないので何とか生き残ることが出来る。
    ごきげんななめのてんとう虫も身の程を知ったかな。

    新しい相手が出てくるたびに細長いページをめくると文字の大きさもどんどん大きくなる。
    ページが進むにつれて太陽もどんどん西に沈んでゆく。
    時間の経過の表し方にも工夫がある仕掛けになっている。

  • 繰り返し部分が冗長。

全34件中 1 - 10件を表示

エリック・カールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
なかがわ りえこ
ヘレン・バンナー...
トミー=アンゲラ...
酒井 駒子
なかの ひろたか
エリック カール
有効な右矢印 無効な右矢印

ごきげんななめのてんとうむしに関連するまとめ

ごきげんななめのてんとうむしを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする