クモばんばとぎんのくつした

  • 17人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 仁科幸子
制作 : 仁科 幸子 
  • 偕成社 (2013年7月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (71ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035284406

クモばんばとぎんのくつしたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  きもちわるいと言われて、ずっとひとりぼっちでいるナメクジのぼうやが自分の生き方を見つけるまでのおはなし。「自分は自分のままでいいんだ」という思いに至るまで、がんばるニュッルの姿が印象に残ります。
    (児童担当/ししかか)

  • ★★★☆☆
    森の嫌われ者ナメクジぼうやのニュッルはびくびくおどおどくらしていました。
    キレイなもの、おしゃべりすることが大好きな編物屋さんクモばんばのお店をお手伝いするようになって少しずつ自信をつけていきます。
    ひっこみじあんなお子に
    (まっきー)

  • なめくじのぼうやは、きらわれものと言われてたけど、クモばんばと出会って、変わっていく。

全3件中 1 - 3件を表示

仁科幸子の作品

クモばんばとぎんのくつしたはこんな本です

クモばんばとぎんのくつしたの作品紹介

クモの糸であみあげる帽子やマフラーを売るクモばんばの店を、ナメクジの坊やが手伝うことになりました。嫌われ者のふたりですが……。

ツイートする