ピラミッド―その歴史と科学

  • 31人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : かこさとし
  • 偕成社 (1990年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (47ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035293200

ピラミッド―その歴史と科学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ピラミッドについて知りたいことが全部載ってる!と思える絵本。
    小学生のときこういう本が家にあったなら、何度も何度も読み返して、ひとつひとつの挿絵やページの端にちょっと書かれたエピソードから、情報だけでなく好奇心をおおいに受け取ったに違いない。

    ピラミッドの絵本、というと七不思議的な取り扱いが多いですが、謎でなく生きた歴史として捉えたい、未来に繋がる意味あるものとしたいという加古里子さんの強い思いが反映された力作です。
    大人にとっても十分な読み応えがあり、一家に一冊、と言いたくなります。

  • 東京理科大学の学長 藤嶋先生もお勧め。かこ先生が事実に基づき、エジプトの歴史からピラミッドを建てるまでを分かりやすく説明された本です。ピラミッドは4500年前からあるのですが、実は現存しているクフ王のピラミッドなどは基礎がしっかりしているから残っているそうで、同じピラミッドでも基礎が甘いものは崩れて残っていないそうです。これは、今の教育界で、基礎学力を固めることの重要性が謳われていることにも関連するのではとお考えで、また、藤嶋先生も、常々基礎が大切ということをおっしゃっており、それを学生さんに説くときには、このピラミッドの本を紹介しながらお話されるそうです。

全2件中 1 - 2件を表示

かこさとしの作品

ピラミッド―その歴史と科学はこんな本です

ツイートする