ヒルベルという子がいた (偕成社文庫)

  • 45人登録
  • 4.08評価
    • (4)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : クリスタ・ジーペン  Peter H¨artling  上田 真而子 
  • 偕成社 (2005年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035509301

ヒルベルという子がいた (偕成社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:943.7||H
    資料ID:95160958

    河合隼雄氏の著作の中で紹介されていた本です。人間の弱さ、不条理など…いろいろ考えさせられる重いお話です。
    (生化学研究室 大塚正人先生推薦)

  • 河合隼雄氏の読後感想もはさまれており、考えさせられる本でした。ヒルベルのような子がいる、ことを考えるだけでよい、と河合氏も書いておられるが・・・。

  • 真の児童文学とは、「児童のための文学」ではなくて「児童でも読める文学」である、といったようなことを河合隼雄が言っていた。まさにこれは真の児童文学であろう。
    一読後は子供は子供なりに考えるだろうし、大人もまた然り。
    子供は外的には弱く小さな存在だけど、その内面には大人と同じかそれ以上の広大な宇宙が広がっている。宇宙の全てを理解するのができないように、子供の宇宙も理解はできないだろうけど、そういった宇宙が広がっていることはわかっておきたい。

  • 人は、わが子であっても、言葉に表されないことは、なかなか理解できないものだが、周囲のほとんどの人間に「処置なし」と思われている、ヒルベルという少年の言葉に表れない世界を、作者はあたたかく描き出し、ヒルベルの世界を知らないものにも、その世界を味合わせてくれる。「障害児」「施設の子」「虐待」など重い題材ながら、「星の王子さま」のような、ファンタジーな読後感である。

  • (2006.10.2)
    考えさせられる本

全5件中 1 - 5件を表示

ペーター・ヘルトリングの作品

ヒルベルという子がいた (偕成社文庫)はこんな本です

ツイートする