アナベル・ドールとちっちゃなティリー

  • 13人登録
  • 5.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : ブライアン セルズニック  三原 泉 
  • 偕成社 (2012年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036315901

アナベル・ドールとちっちゃなティリーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アナベル・ドールシリーズ第3弾。
    今回は、外の世界に出ていって、新しい仲間、世界に出会って。
    忘れられてたお人形を、ちゃんと届けようとするひとの心も、あったかくて……。
    このお話が、いちばん好き。
    途中の絵とか、文字の配置の演出も楽しいし。

    おばあちゃんの代から、大事に大事にされてる……というのが、いいなぁ。と思うんです。
    だって、壊れやすい陶器製のお人形なんだよ、アナベルたちは。

全1件中 1 - 1件を表示

アン・M.マーティンの作品

アナベル・ドールとちっちゃなティリーに関連する談話室の質問

アナベル・ドールとちっちゃなティリーの作品紹介

アナベル・ドールは八歳の女の子。百年前にイギリスで作られた、小さな陶製のお人形です。家族といっしょに、ドールハウスにすんでいます。新しくやってきたプラスチック製のお人形、ティファニーとは親友です。ある日、アナベルたちがいるパーマー家に、なぞの小包みがとどいていました。パーマー家の人間たちは、避暑に出かけていて二週間るすです。なぞの小包みをめぐって、アナベルとティファニーたちの冒険が始まります。とうとう外の世界へと踏みだした人形たちを、待ちうけていたものは…。小学校中学年から。

ツイートする