神秘の島〈第3部〉 (偕成社文庫)

  • 57人登録
  • 4.35評価
    • (12)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : ジュール・デカルト・フェラ  Jules Verne  大友 徳明 
  • 偕成社 (2004年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036513406

神秘の島〈第3部〉 (偕成社文庫)の感想・レビュー・書評

  •  ベルヌ『海底二万マイル』を初めて読んだのは小学生の頃。
     文字の大きい、挿絵が沢山入っている子供向けの抄訳版でした。
     中学生になってからは福音館書店古典童話シリーズの全訳版に挑戦。
     その解説で、『海底二万海里』『グラント船長の子供たち』『神秘の島』が三部作になっていて『神秘の島』でネモ船長の正体が明かされている、と知りました。
     これは読まないといけないと思って早速、旺文社文庫に入っていた『グラント船長の子供たち』に挑戦。何とか読み終えていよいよ福音館古典童話シリーズ『神秘の島』を読み始めました。
     ところが、その頃には既に重度のうつ病に侵されていて、本を読むことができない精神状態に陥っていたのです。
     字を覚える前から本好きだった私でも、うつ状態になると本を読む気力がなくなるのです。
     その後30年以上、マトモな本が読めずに軽い本でお茶を濁すような時代が続きました。
     最近になってようやく本を読む気力も出てきました。
     うつ状態になる前に一番好きだった作家ジュール・ヴェルヌ。
     創元推理文庫の目録を見て
    「ヴェルヌの作品がこれだけ出ている!いつか読んでやろう!」
    と心躍らせたヴェルヌの作品。
     そしてうつ状態のため冒頭少しだけ読んで投げ出してしまった『神秘の島』。
     この作品を読むことは私にとって、自分が自分でなかった30余年からの復帰を意味するのです。
       
    少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)
     ヴェルヌ『神秘の島』ネタバレ感想会
      http://sfclub.sblo.jp/article/181119351.html

  • ☆一億でも足りないくらい面白かった。
    感想書いたら、ネタばらしすぎちゃうから、
    ぜひ自分で読んで!

  • 第1部〜第3部の感想をまとめて。

    翻訳が良かった。
    内容は、ところどころ次が気になるドキドキ感があり、ところどころつまらない日記を読まされてる感があるといった感じ。

    終始開拓者達の人間関係が素晴らしかったのは普段は不自然と感じるけどこの作品では良かった。

全4件中 1 - 4件を表示

神秘の島〈第3部〉 (偕成社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神秘の島〈第3部〉 (偕成社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

神秘の島〈第3部〉 (偕成社文庫)の作品紹介

男たちが危機におちいるたび、救いの手をさしのべてくれた神秘の力。ひそかに五人を見守っていた謎の人物についにめぐりあう。物語は、意外な決着をむかえる。『海底二万里』のヴェルヌが描く驚異の冒険小説完訳版。小学上級から。

神秘の島〈第3部〉 (偕成社文庫)はこんな本です

ツイートする