クレージー・マギーの伝説

  • 28人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (6)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 吉川 聡子  Jerry Spinelli  菊島 伊久栄 
  • 偕成社 (1993年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037264901

クレージー・マギーの伝説の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 無垢なるものが人々の意識に変革を与える系ストーリー。
    ざっくりまとめるとそういうことかな(ひどい!)
    『スター・ガール』ほど後味は悪くないのが救いだ。
    絵がもう少しアレだったら、中高生女子に受入れられたかな?
    人種差別がらみの話はもともと日本人受けが悪いから、やっぱり無理かな。

    スピネッリ、合わないのに何故読んだ>>自分

  • きのう読み始めてきのう読了。
    イーストエンドとウェストエンドをつないだマギーの感動物語、として読むと、マギーがそれだけに奉仕させられている感じがしてうーん、と思う。マギーの居場所さがしの物語、として読むと、走り出してしまうマギーの焦燥感はあまり伝わってこない気もする。むしろ、邦題に「伝説」とあるけれど(原題はManiac Magee)、「伝説」にされてしまうことで失われる何かをすごく意識して書かれている感じがして、そう思うと少し腑に落ちる、かしら。
    挿絵が無邪気すぎる気が、しなくもない。

  • 人種差別の問題が底辺にある、偏見を乗り越える物語

  • ジェリースピネッリの作品。スター☆ガールと似ているな と思いました。

  • 差別や偏見って単純且つ根深い。アメリカ社会の独特な表現は少し共感しにくい部分もありあますが、根本はどの国でも同じなのだと思います。当たり前とされていることを覆すのは難しくて、けれど正しいと信じるなら行動すべき。マギーのように素直に生きたいものです。

  • スニーカーで駆け回る少年のおはなし。すごく面白い、すきすぎてどうしよう。

  • なんでもできちゃうマギー。
    羨ましいほど人の目も気にしないマギー。
    でも、マギーは何を目指していたんだろう??
    誰か教えてください!!

全7件中 1 - 7件を表示

ジェリー・スピネッリの作品

クレージー・マギーの伝説に関連する談話室の質問

クレージー・マギーの伝説はこんな本です

ツイートする