真夜中から七時まで (アルセーヌ・ルパン全集 (別巻 4))

  • 22人登録
  • 3.89評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 大友 徳明 
  • 偕成社 (1987年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784038152900

真夜中から七時まで (アルセーヌ・ルパン全集 (別巻 4))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公はルパンかと思うくらい、活動が機敏で、女性に優しい。
    幸せな終わりで恋愛小説の要素がある。
    ロシアからパリまでのヨーロッパを舞台にした冒険小説になっている。
    殺人事件も出てきて、推理小説の要素もある。

    大友徳明の翻訳、解説。解説でパリの亡命ロシア人の活躍の紹介がある。事件の背景を知るのによい。

    パリの芸術家
    荻須高徳
    エレンブルク「雪どけ」
    ディアギレフ(バレー)
    ニジンスキー
    ストラビンスキー
    藤田嗣治
    モリディアニ<イタリア>
    キスリング<ポーランド>
    パスキン<ブルガリア>
    シャガール<白ロシア>
    スーティン
    ザッキン
    レーニン
    トロツキー

全1件中 1 - 1件を表示

モーリス・ルブランの作品

真夜中から七時まで (アルセーヌ・ルパン全集 (別巻 4))はこんな本です

ツイートする