トムテ

  • 131人登録
  • 3.71評価
    • (10)
    • (11)
    • (20)
    • (1)
    • (0)
  • 21レビュー
制作 : ハラルド・ウィーベリ  山内 清子 
  • 偕成社 (1979年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (30ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784039610904

トムテの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • のんびりして眠くなった

  • 【図書館で】トムテは、長いこと、この農場を見守り続けている。だけど、『難しすぎる。わしにはやっぱりよくわからん』と悩んでいる。つまり、トムテは、成長しないってことなのか?といまいち私も “よくわからん”。

  • 見たことある内容だと思ったらリードベリという人物の詩だった。

    スウェーデンではトムテと呼ばれている小人。
    ノルウェーやデンマークではニッセと呼ばれている。

    この詩はスウェーデン版のこのリードベリとイギリス、デンマーク版のリングドレーンのがあるのだとか。
    前に見たのはリングドレーンの「見回り小人」かな。

  • 冬の夜のやさしい雰囲気の絵本ですよ。

  • トムテは日本でいう座敷童に近い存在だけど、トムテはこどもじゃなくておじいさん。その家に住む何世代もの家族を静かに見守っていきながら、人がどこからきて、どこへいくのか、という深遠な問いを考え続けている。雪深いフィンランドでのトムテの問いは、タヒチのゴーギャンの問いと同じなんだ。
    冬の静かな夜には、私たちもトムテのように、自分がどこからきて、どこへ行くのか、考えてみようか。

  • 冬っぽくて気になっていたので、借りた。

    トムテ:スウェーデンの農家や仕事場などにすんでいる小人。その姿をはっきり見る機会はない。何百年も生き続けて、その家の人々が幸せになるように守っている。ノルウェーやデンマークでは、ニッセとよばれる。

    同じ詩的でも、『きんいろのとき』と比べて、読みやすい。
    「わしには まだ、どうも よくわからん。」、私もです。
    しん、きり、とした夜気を感じる。
    みどりの夜空がとっても美しくて、オーロラが出ていそうだ。
    生きていくふしぎ、美しい夜、の絵本。
    子ども向けではない。

  • スウェーデン、トムテ、懐かしい…こんなお話しいいな…

  • スウェーデンの小人トムテの話
    ちょっと大人向けな雰囲気でしたね
    小学生中学年以上といったところでしょうか
    絵も語りもいいですが…ちょっとテーマが重い気がします

  • クーナかな。
    そうかな。

  • 詩的で穏やか。
    大切に大切にしたい絵本。

全21件中 1 - 10件を表示

トムテを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする