小説・秒速5センチメートルA chain of short stories about their distance (ダ・ヴィンチブックス)

  • 64人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (5)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 新海誠
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2007年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040666488

小説・秒速5センチメートルA chain of short stories about their distance (ダ・ヴィンチブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 君の名は。映画予告編がすごいよくて見に行きたいかも…小説も売れている!読みたい!
    のでとりあえずこれを読んでみた。
    恋愛小説苦手だけどなかなかとてもよかった

    いっこめのはなしはヒリヒリして孤独でもやもやしたかんじがよかった

    にこめがすごい切なくていちばんすき

    さんこめは大人になってちょっと疲れた感じがなんかかなしくて
    どうなのかな~
    なんだろうなあ

    疎遠に鳴るのもわかるんだけど
    もうちょっとなんとかなってもいいと思ったり

    ひとりごとメールなら思いを伝えるくらいさせてあげてもよかったんじゃないかと思ったり

    傷つけあった三ヶ月ってもうちょい具体的に教えて?って思ったりしたけど
    面白かった

    君の名は。文庫買っちゃおうかな
    すごいよかったら映画もみにいきたいな

  • 17.3.8
    映画はあまりつぼじゃなかったけど小説も普通かな。でも小説読んだ上でもう一回映画観たら、前よりは少し楽しめるかもしれないと思った。

  • DVDは、何度も見ました。映像の美しさ、山崎まさよしさんの曲、とっても好きです。今回、ノベライズを読んで見ました。映像だけでは、よくわからなかった部分が納得できて、とっても良かったです。再度、DVDも観ようと思います。

  • ドラマか映画だったらしい作品。
    タイトルもお洒落。

    新海誠先生。今そういえばよく聞くお名前。ですよね?

    「秒速5センチメートル」

    何かとおもいますよね。読んだらわかった。そりゃそうだ…

    こんなカッコいい言葉、小説の中では
    主人公が子供の頃に言ったセリフ。
    自分だったら絶対言えないし知らない…かっこいい。

    読んで以来、青空に浮かぶ白い雲を見る度
    あぁーそうなんだーまったくそうは見えない。
    と、眺めてしまいます。


    追記
    アニメーション映画のDVD借りて見ました。
    ストーリーはもとより
    (フランス映画のような心象風景のような内容)
    映像の美しさと、カメラワークの詩的表現…
    というか、目線?が
    とてもよかったです。絵が綺麗!

  • 映画を、テレビで放映してたのを一度見かけているんだけれど、三編目に入ったところからだったので、よく判らなかったという経緯があって、謎解きのつもりで手にしたというところだったんですが。いいですね。文才もあるんだ、うらやましい限り。文章も、彼のつくる煌びやかな映像と同様、ビビッドな想いを共感させる出来で、私にとってはこういうものこそがエンターテインメントなんですよね。

  • 離された両想い。届かぬ片想い。馳せる過去への想い。人生の残酷かつ素敵な部分を一通り追体験させてくれる作品。トキメクけどきつい。表裏一体である。

    雪風に吹かれていった手紙が時を越えて届いてハッピーエンドってとこまで、頭の中でお願いしてたから。アニメ版は絶望。
    小説は少しだけ希望が残るね。

全6件中 1 - 6件を表示

小説・秒速5センチメートルA chain of short stories about their distance (ダ・ヴィンチブックス)のその他の作品

新海誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

小説・秒速5センチメートルA chain of short stories about their distance (ダ・ヴィンチブックス)はこんな本です

小説・秒速5センチメートルA chain of short stories about their distance (ダ・ヴィンチブックス)を本棚に登録しているひと

小説・秒速5センチメートルA chain of short stories about their distance (ダ・ヴィンチブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

小説・秒速5センチメートルA chain of short stories about their distance (ダ・ヴィンチブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小説・秒速5センチメートルA chain of short stories about their distance (ダ・ヴィンチブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

小説・秒速5センチメートルA chain of short stories about their distance (ダ・ヴィンチブックス)の作品紹介

都内の中学に通う遠野貴樹(たかき)の元に、転校してしまった初恋の相手である篠原明里(あかり)からの手紙が届く。一九九五年の冬の終わり。明里との再会を果たすため、貴樹は次第に強くなる雪の中を明里の待つ岩舟駅へと向かう-。十三歳のふたりの上に永遠と瞬間が交差し、ふりそそぐ(『桜花抄』)。一九九九年、高校三年の何もかもうまくいかない夏。種子島に暮らす澄田花苗(かなえ)は、東京から転校してきた貴樹に宿命的な片想いをしている。サーフィンで波に立てた日に貴樹に告白すること。密やかな決意を胸に、花苗は必死に波に向かう(『コスモナウト』)。仕事を終えた深夜の帰宅路、貴樹は灯りの消えた高層ビルを見上げ思う。そんなに簡単に救いが降ってくるわけはないんだ、と-。東京での大学生活、就職してからの水野理紗(りさ)との出会い、いくつかの喪失とささやかな再生。そしてまた、東京に桜の咲く季節が訪れる(『秒速5センチメートル』)。一人で作ったアニメーション作品『ほしのこえ』で鮮烈なデビューを飾った、映画監督・新海誠の初小説作品。

ツイートする