Re:ゼロから始める異世界生活6 (MF文庫J)

  • 120人登録
  • 3.83評価
    • (8)
    • (10)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 長月達平
制作 : 大塚 真一郎 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040674681

Re:ゼロから始める異世界生活6 (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レムの聖母のごとき愛が溢れる巻となっております。
    ここまでの絶望と挫折をすべてひっくり返す予感を期待させるラストはたまりませんね。

  • 今回も辛い立場のスバル。レムも何度も矢面に・・・
    次巻に続く~!

  •  後のカタルシスを生む伏線だとは思っても、描写と展開が絶望感しか与えないので、”刺さる”ものがある。

     信頼を生み出すためには、互いの関係性を時間をかけて作り上げ、Win.Winの条件を整え、その目標を実行できる力のあることを明示しておく必要がある。
     この余りにも当たり前のことではあるが、本作ほどガチガチに、しかも否定的な描写を通じてその実を訴えかける作品も珍しいのではなかろうか。

  • けもみみちびっこがかわいい

  • 一狩り行こうぜ直前まで。
    確かに交渉はラッセルさんに同席してもらった方が心強いな~ そしてアルさんとスバル君が兄弟ってそう言う意味だったのか。彼とラム・レム姉妹のつながりも気になるけど…まあそれは次の伏線なんだろうな。

    というわけでゼロからスタートする折り返し地点。
    次と次の巻でアニメ終了ぐらいまでなんだろうか。

    それにしてもレムの恋心が呪いだったらスバル君のエミリアへの執着も呪いだよなぁ。エミリアが困惑するのもワカル。君は知らないだろうけど夢の中で君に助けられたからボクは君に命を捧げる、みたいなものだものなぁ。そんなこと言われても、え?何この人コワイ。結構ですからお引き取りくださいってなるよな~
    というわけで二人の再開の場でスバル君がどう言い訳するか楽しみなので続きも買って読もうかな。

  • 相変わらず良いところの少ない主人公ですがこの巻は更に良いところがないです。ポリアンナでも良かったを探せないレベル。
    そしてヒロインの空気感まじあっかりーん!
    次からは活躍するのかな?と期待。

全6件中 1 - 6件を表示

Re:ゼロから始める異世界生活6 (MF文庫J)のその他の作品

長月達平の作品

Re:ゼロから始める異世界生活6 (MF文庫J)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Re:ゼロから始める異世界生活6 (MF文庫J)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Re:ゼロから始める異世界生活6 (MF文庫J)を本棚に「積読」で登録しているひと

Re:ゼロから始める異世界生活6 (MF文庫J)の作品紹介

大罪司教ペテルギウスへの復讐を誓い、再び王都へ『死に戻り』したナツキ・スバル。魔女教を撃退し、エミリアを救うための協力者を求めて奔走するが、候補者たちはそんなスバルに未熟者の烙印を押し、取り合おうとしない。突き放され、たった一人になったスバルが全てを諦めたとき、運命の歯車が動き出す――! 「俺は……っ! 俺は、俺が大嫌いだよ!!」自分の弱さを嘆く叫びが響くとき、ナツキ・スバルの本当の異世界生活が始まる。大人気WEB小説、再起と反撃の第六幕。――ついに動き出す、最も新しい英雄譚。

ツイートする