エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 2 (MF文庫J)

  • 30人登録
  • 4.22評価
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 東龍乃助
制作 : みこと あけみ  汐山 このむ 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040676548

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 2 (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アニメ世界から現代世界へと転移してきた主人公がスパロボで無双する話の第2弾。ちなみに、そのスパロボにはZOEのADAがついています。何それ裏山。それだけで人生の勝利者ですね。

    今回の話は、主人公転移前の事故で壊滅状態にあったネルフもとい氷室義塾の立て直しに、主人公のエイルンが奔走するのが軸となっていますね。エイルンにハートマン軍曹属性が追加されて笑いました。まあ、軍人ですしさもありなん。

    前の巻を読んでいた時から思っているのですが、この世界の日本って生活レベルで結構余裕ありそうに見えるのが違和感ですね。世界の危機とはいったい。
    せめてマヴラブオルタのような世情になっていれば納得もいくのですが。うーむ。

    アニメ世界の方がよっぽど危急存亡めいて読めます。食糧事情の話とか特に。まあ、現代世界とアニメ異世界の間にギャップを発生させる方が物語を面白く進められるから、ってのが理由なのかもですが。

  • ・やはり一度折れてしまった人の復活は熱い……ほんとこういう話は重たいほど反動で熱さがますんですよね。重たくて気合入れないと読めないんだけど。

    ・今回は機兵部をエイルンが鉄拳改革する話でしたね。そして生徒会や非戦闘科に戻ってしまった人々をエイルンの熱で引き戻す話。葵と紫貴のギロチンコンビとか茜の復帰とかで賑わってきましたね。次辺りまた絶望に叩き落されそうで怖いにぎわい方だ……。

  • 腐ってた奴らをたたき直す話。
    今回も熱血やったな。
    そして、陰謀の前振りも気になるわ。

  • 今巻も期待を裏切らずよかった。はじめは地の文の口語的表現に時々引っかかったが、エイルンが鬼教官となるあたりから盛り上がって気にならなくなってきた。
    2巻はエイルン鬼教官となり機兵部の立て直しをする回&一ノ瀬復活の回。軍事SFを思わせる熱い指導の数々、絶対のピンチを諦めない熱血な叫びと行動、水を得た魚のような一ノ瀬と九重のコンビに終盤は盛り上がりっぱなしだった。セレン一人に問題があるのではなく、セレンを取り巻く環境に問題があることに気づき、内部から意識から変えていったエルインの手腕はお見事。エイルンのライバルらしき主人公が一ノ瀬の船を半見殺しにして去ったリユウも気になるし、謎が少しずつ解明されてきそうでよし。
    漫画はあってもなくてもいいけど、公共の場で読みにくいのでなしの方がありがたいかも。
    次巻も楽しみにしてる。早めによろ!

全4件中 1 - 4件を表示

東龍乃助の作品

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 2 (MF文庫J)はこんな本です

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 2 (MF文庫J)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 2 (MF文庫J)を本棚に「積読」で登録しているひと

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 2 (MF文庫J)の作品紹介

ロボットアニメの世界から西暦2070年の世界へと召喚されたエイルン=バザッド。虚構の存在である自分の存在を認めてくれたセレンと、この世界を救うため立ち上がるエイルンだが、騎兵部の部員は独断専行、心に爆弾を抱えた生徒が多数と、人類反抗の先鋒たる氷室義塾の崩壊寸前な状況が判明する。何よりセレンにまつわる悲しい過去『機兵部初代部長・神無木緑の喪失』が呪縛のように多くの生徒を苦しめていた。「一ノ瀬…誰かが誰かに成り替わるなんて、出来はしないんだ」だが、エイルンの言葉と行動が、多くの人の心を動かしていき-!?爆発する爽快感!とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第二弾!

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 2 (MF文庫J)のKindle版

ツイートする