甘く優しい世界で生きるには (5) (MFブックス)

  • 12人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 深木
制作 : だぶ竜 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040679471

甘く優しい世界で生きるには (5) (MFブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 騎士団の実習で王都警備の任についたドイル。薬師ゼノスの不審なポーションの捜査、クレア誘拐のときの敵が傭兵団シオンと判明して捕縛に動き、段々と陰謀が明らかになっていくが…。
    ドイルに槍の才能がないことを告げたオブザとの再会もあって、読み応えもたっぷりでした。

全1件中 1 - 1件を表示

甘く優しい世界で生きるには (5) (MFブックス)のその他の作品

深木の作品

甘く優しい世界で生きるには (5) (MFブックス)はこんな本です

甘く優しい世界で生きるには (5) (MFブックス)を本棚に登録しているひと

甘く優しい世界で生きるには (5) (MFブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

甘く優しい世界で生きるには (5) (MFブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

甘く優しい世界で生きるには (5) (MFブックス)の作品紹介

謎の巨大スライムの件から一か月。
騎士団のもと、王都警備の任に就いたドイルは、突如現れた祖父ゼノと手合わせすることとなった。この日を待ちわびていたゼノは、存分に孫と武器を交えるが、槍は空を突き、刃が喉に添えられた。ドイルの成長に感銘するゼノだが、ドイルはそんな祖父の背中が少しだけ小さく見えた気がした。
そんな中、王都警備のために張り巡らせていたいくつかの情報網に、無名だが有能な薬師ゼノスという男の存在が浮上する。ゼノスの店を訪ねるドイルだが、そこにはクレア奪還の際に武器を交えた『ハルバートの男』の姿が……!
クレア誘拐の真相に王都へと忍び寄る不穏な影!
そしてすべての始まりであるオブザとの再会! 終わりにして始まりの第五幕!

ツイートする