社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)

  • 25人登録
  • 4.13評価
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 若林正恭
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2013年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040680880

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)の感想・レビュー・書評

  • 久しぶりに本を読んでいて声が出た。
    わかるわかる。めんどくさいけど、そのほうがおもしろかったりする。

  • こういう性格なんだなあ、というのがよく伝わってくる。ちょっとだけ親近感が増した。内容は特に面白いというほどではないが、ところどころにくすっと笑えるようなエピソードがある。TVでの活躍を見ていると、ここに心情が吐露されているような、まじめだけど、暗い、ネガティブな性格でも、何かを「持っている」人なのだろう。

  • 「社会人大学 人見知り学部 卒業見込」
    ダヴィンチで始まったのが、2010年8月。


    今やレギュラー何本あるか分からない売れっ子のオードリー。どうもほっとけないあと間違いなくいいヤツな春日と少しひねくれてるだろうが、根はいいヤツな若林。一度漫才を見たことがありますが、かなり面白かったです。そんなオードリーの初期の色々が詰まったコラム。


    コラムのテイストは、自分で言ってるようにちょっと捻くれたとこがあります。ダヴィンチってオシャレなイメージがあるからコラムも読んだ本やらオシャレな生活やら芸人らしいウィットに富んだ笑いやらを詰め込んだコラムかと思いきやそうではないのです。


    2010年と言えば一気に売れっ子に駆け上がり、世界がガラッと変わった頃。そんな世界を厨二感で観ている若林正恭先輩。等身大ですね。


    一押しは春日に関するコラムで間違いないですが、ちょこちょこ捻くれて見えるけど悪くない(と偉そうに!と若林正恭は突っ込むだろうが)視点が挿入されていることは見逃してはならない。厨二感病がいい具合に調合されています。


    また、ドーンや限りなく透明に近いブルー等、若林ぽくない小説が引用されていることがツボでした。読書芸人で出てるけどなんかイメージ湧かないんですよね。鴨川ホルモーとか好きそうなんだけどなw

全3件中 1 - 3件を表示

社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)を本棚に登録しているひと

社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)はこんな本です

社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)の単行本

社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)の文庫

ツイートする