落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 (9) (MF文庫J)

  • 13人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 舞阪洸
制作 : よう太 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2016年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040681115

落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 (9) (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 無事に海戦も終了。
    もうじき終わるんやな。

全1件中 1 - 1件を表示

落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 (9) (MF文庫J)のその他の作品

舞阪洸の作品

落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 (9) (MF文庫J)はこんな本です

落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 (9) (MF文庫J)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 (9) (MF文庫J)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 (9) (MF文庫J)を本棚に「積読」で登録しているひと

落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 (9) (MF文庫J)の作品紹介

エネビア高地での圧倒的勝利を経て、ナーガたちはエゥラニア攻略戦の最終局面を迎えていた。陸側からはハリガン、アイス、ノノエル率いる攻城部隊が、海側・エゥラニア沖海戦では、ユウキとエスピエーネ、そして新たに戦列に加わったハンネゥイが、海賊ジュダンドット一味を相手に一騎当千の活躍を見せる。一方、ハインドラ一族の魔女達がエゥラニアを攻めている間に、ヴィータ達が留守を預る半島では、カサンドラ王国による外交戦略で新たな大戦の火種が燻り始めていた。「魔女達の存在を認めるか否か」――真っ二つに割れた半島情勢を受け、ついにナーガは魔女達を率いての半島制圧作戦に取り掛かる――! 大ヒット戦乱ファンタジー、機略縦横の第9弾!

ツイートする