くずクマさんとハチミツJK (MF文庫J)

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 烏川さいか
制作 : シロガネ ヒナ 
  • KADOKAWA (2016年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040687681

くずクマさんとハチミツJK (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 看板に偽りなしな、甘いラブコメでした

  • 熊系主人公、ハチミツ系ヒロイン、熊大好きヒロイン、猟銃系ヒロインとキャラクター付けがちゃんと面白いところを押さえています。ただ、その各キャラクターに厚みを全く感じられず読むのに苦労しました。別の言い方をすると、どこかで見たようなキャラクターばかりで登場人物に個性を見いだせず感情移入しづらく感じました。王道ラブコメのなかでも好みが分かれそうです。プロットはちゃんとしているのと就活中の下り坂メンタルに負けることなく書き上げてくださった熱意に星3つです。

  • てっきり舐めまくるんやと思うてたけど、全くなかったな。
    MFもずいぶん大人しくなったもんや。

全3件中 1 - 3件を表示

烏川さいかの作品

くずクマさんとハチミツJK (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

くずクマさんとハチミツJK (MF文庫J)を本棚に「積読」で登録しているひと

くずクマさんとハチミツJK (MF文庫J)の作品紹介

阿部久真は、興奮するとクマになる高校生。ある日、ぼっちのクラスメイト・天海桜の“ハチミツの汗をかく”秘密を知った彼は、欲望に負けて桜を押し倒し、しかも美味しくいただいてしまった!? その極上の味に惚れ込んだ久真は桜に迫るが――「何が何でも(桜のハチミツと)離れたくないんだよ!」「そ、そんな手にはにょり……乗りませんよっ!」。それでも久真は「最高のハチミツライフ」の実現に向け、学校内のクマ(=自分)出没騒動も、クラス委員長・鈴木(猟銃持ち)率いるクマ討伐隊の襲撃も私欲のために利用。すると、ドタバタのなかで桜からなぜかペットとして気に入られてしまって……!? 私欲まみれのほんわかラブコメ、出没!

くずクマさんとハチミツJK (MF文庫J)はこんな本です

くずクマさんとハチミツJK (MF文庫J)のKindle版

ツイートする