表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

  • 615人登録
  • 4.10評価
    • (42)
    • (50)
    • (30)
    • (0)
    • (0)
  • 56レビュー
著者 : 若林正恭
  • KADOKAWA (2017年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040693163

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キューバの旅行記.たった3泊5日の旅ながら,作者にとって中身のグッと凝縮された,再生感溢れるものとなっている.新自由主義経済への疑問や格差社会への腹立ちなどが社会主義国キューバでくっきりし,日本の良さも新ためて感じて有意義なものとなってるようだ.写真も多くわかりやすいものとなっている.最後になってお父さんへの別れのような意味もあったのだと,若林さんの一つの区切りのようなものだったんだと納得した.

  • リトルトゥースな僕は、ラジオとこの本で、若林さんのキューバ紀行をより深く楽しく感じられました。

    親父のメガネのツル話も思い出しました。

  • 控え目に言っても最高。
    初めて若林のエッセイを読んだけど、本を普段から読むだけあってとても文体がまとまっていて読みやすかった。
    ただのエッセイかと思いきや、若林を通して今の日本の在り方や自分の日常を考えさせられる。
    最後は涙を堪えるのに必死だった。
    灰色の街に住んでいるからこそ色をとり戻すために旅に出て、そしてちょっぴりこの日本人であることを誇りに感じて帰ってくる。
    旅っていいなぁ…
    とても充実した読者体験だった。

  • 読みながらマクドナルドで泣いてしまった。弟からの推薦がきっかけで読み始めた。オールナイトニッポンも聞いていて若林さんのファンなのでようやく読めました。キューバ旅行が父の願いを叶えるためでもあると終盤でわかるのですが、心の中の父親と会話するシーンがとても好きです。いろんな人にオススメできる本です。私も旅行へ行きたい。

  • お笑い芸人オードリー若林さんのキューバ旅行記。

    日本で暮らしていて、競争させられている感覚などの違和感から始まり、資本主義について家庭教師に習う若林さん。それから全く違う社会システムの国、キューバへ旅立つ。その先にあったのは父親への思いだった。

    旅行記のようなエッセイのような。
    ニヤニヤしたり、共感したりしつつ、
    途中、小説のように綺麗な場面も。

    旅の出発点(些細な動機)から始まるので、一緒に歩いていく感じが読みやすい。

    人見知りのガイド、マルチネス。
    勝手に仕事を始めるおじさんたち。
    葉巻を教えてくれたエダシマ。

    陽気で自由で、
    日本人と良い意味で全然違うキューバが
    伝わってくる。

    少しずつ読んだが、
    読むたび私も開放されるような旅をしてる気持ちになった。

    また、若林さんが
    一人で旅をして自分に向き合う過程も
    読んでいて良かった。

    日本に縛られて向かったキューバ
    最後は日本の良さを知る

    笑いやひねくれた部分が楽しいけど
    若林さんの熱さを感じる一冊。

  • 旅と旅行は少し違うように思います。
    旅をしたいと思わせてくれる、良い本でした。

  • p60
    自分の脳細胞がこの景色を自由に、正直に、感じている。
    今日からそれが3日間限定で許される。なぜなら、キューバに一人で来たからだ。


    人見知りでちょっと不機嫌で自意識過剰で出不精な若林さんが、キューバに行った5日間の紀行。
    あった出来事を、マジとかドツボとかほんとに話すような感じで訥々と書いていて、飾り気のない、ネタではない素が見られて良かった。謎の、会話形式というのか独り言とか感想が入ってくるのが良かった。
    キューバの空気が伝わってくるのには失敗してる気がするけど、若林さんの感想が真っ直ぐに伝わってきて良いエッセイ?だった。

  • 若林くんにキューバは合ったんだな~

  • ネットで飛行機もホテルもポチッと予約してキューバにひとり旅かぁ。
    冷えたモヒートが飲みたくなった。

  • 旅行記としてもエッセイとしても面白い。キューバに行きたくなる。キューバじゃなくても、自分が全く知らない国に行ってみたくなる。今いる場所から離れて自分の人生とか思想とか、見つめ直すのもいいなぁと思った。

全56件中 1 - 10件を表示

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に「読みたい」で登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬の作品紹介

読者の共感を呼んだ前作「社会人大学人見知り学部 卒業見込」を出発点に、新たな思考へと旅立ったオードリー若林の新境地! 

累計20万部に迫る前作『社会人大学人見知り学部 卒業見込』。
そこで吐き出された社会への違和感、悩みは普遍的なものだと思っていたけれど、
「あれ? これって人が作ったシステム上の悩みに過ぎなかったのか?」
と気づいてしまった著者。
「俺が競争したい訳じゃなかった! 競争しなきゃ生きていけないシステムだった!」
新しい発見に意識がいったところで、
「別のシステムで生きる人々を見てみたい」
と、猛然とキューバへ旅立った。

キューバはよかった。そんな旅エッセイでは終わらない、間違いなく若林節を楽しんでもらえる、そして最後はホロリと泣ける、待望の書き下ろしエッセイです。
本当にプライベートで若林さんが撮ったキューバ旅行の写真も多数掲載予定。

ツイートする