表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

  • 336人登録
  • 4.20評価
    • (17)
    • (19)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 若林正恭
  • KADOKAWA (2017年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040693163

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
又吉 直樹
星野 源
ヨシタケ シンス...
平野 啓一郎
三浦 しをん
柚木 麻子
有効な右矢印 無効な右矢印

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬の感想・レビュー・書評

  • リトルトゥースな僕は、ラジオとこの本で、若林さんのキューバ紀行をより深く楽しく感じられました。

    親父のメガネのツル話も思い出しました。

  • キューバに行きたい

    2016年6月、2ヵ月後の夏休みに向けて飛行機の予約をして、たったひとりキューバへ

    人見知りのガイド、マルチネス
    辛いものが苦手なエダジマ
    みんながいない国でまっすぐ旅行をたのしむ
    日本では見られないテンション高めの
    キューバ旅行記

    日本から持ってきた抹茶味のキットカットはどのタイミングで誰にあげるのかとか
    着いてすぐ乗るタクシーでは力で勝てるように老人を選んでいたのに、カリブ海で邪魔をしてきた巨体のキューバ人には真っ向から悪態ついていく度胸をみせたり
    とにかく普通に明るくたのしく何も気づかずに読んでいた
    たまに不自然な鍵括弧があるな、誰かと話しているような、ひとり旅なのに…

    ruta25からは若林がなぜキューバにきたのかわかる
    読み始めたときから気になっていた点の散らばりが一本の線になる

    ひとり旅ではなかった、と気がついた瞬間に
    この本が特別な本になった
    普通の旅行記でもぐいぐい読ませるのに、すごい
    すごいです
    あらためて冒頭から読み返したくなる

  • オードリー若林の、書き下ろしキューバ旅行記。
    なんでキューバなのか、とか、キューバと東京日本の違いは散々書いてある。
    新自由主義、と若林が言う東京日本アメリカと、社会主義のキューバと、どっちがいい、とか言う単純な話じゃなく、その間を見つける話で、それは家族だった。
    別に血縁ということじゃないと思う。
    それは、まさにゲンロンゼロで東さんが言っていた家族なんじゃないだろうか、とか。

  • 今度キューバに旅行するので読んでみた。
    以前ラジオで話していたことと殆どだぶった内容。
    中2病っぽい文体。

  • オードリーの若林正恭さんがキューバに一人旅をしてきたエッセイ。

    よくある旅行記とはちょっと違う本でした。
    面白かったのですが、やっぱり「若林さん、めんどくさいな…」と思ってしまった。。

    考えたこと、自分の悩みなどに向き合って、こういう形で言葉に出来ることはすごい!と思います。

  • 自分が田舎に住みながら感じている東京への違和感を、東京育ち東京生まれの人も感じているのか、と驚いた。それは、競争であり、資本主義であり、「やりたいことやろうぜ!」への違和感。答えが得られたわけではないけれど、より明確に言葉になった。

  • 前作「社会人大学人見知り学部卒業見込」では、
    ”高級料理を食べることは幸せ”と伝えるテレビ番組を全否定してたくらい世の中を斜めに見ていた、
    自意識過剰の若林さんが、段々と社会をポジティブに捉えていく過程が非常に共感できるところが多く、勇気付けられました。

    今回の新作では、キューバの5日間の旅行での出来事が中心に書かれています。

    キューバに行った理由が、勝っても負けても居心地が悪い「超富裕層」「格差」「不寛容社会」を作った新自由主義のシステムを採用していない国というところが、いかにも若林さんらしいなと。

    道中でキューバの良さも感じながらも、日本のシステムもある一面から見ると平等だと気づきがあったり、
    最後の方ではお亡くなりになられたお父さんのことに触れていたり、
    この本では「幸せってなんだろう」ということを非常に考えさせてくれました。

    キューバに行ってみたい方、ちょっと性格がななめな方におすすめの本です。
    前作も面白いです!

  • 「やれやれ資本主義」の話かと思ったけど、そうじゃなかった。

  • 2017年8月9日読了。

  • 前著より読みやすかったように思う。
    相変わらず色々考えるゆえに生きづらそうという感じは受けるが、年齢を重ねて上手に本音や弱い所を出されているような気がする。
    家庭教師とは意外でしたが、そのぐらい本気で学べる意思、環境がうらやましくもあり。大人になると学びたくなる。
    最後の方のお父様のエピソードは不意を突かれて結構グッときた。

  • 5日間だけの夏休みを取ることができた著者が、それを利用してキューバに行く旅行記です。5日で南米に行くということができるのかと、どんな行程か気になって読みはじめました。遠くの観光名所には行けないのですが、街中には革命の跡があり、結構楽しく回ることができるのだなと、一緒に旅行に行っているように楽しむことができました。著者の考え方に共感できるところが多かったのも理由かもしれません。資本主義社会の金を稼ぐ人間が偉いという考えに違和感を感じるも、それを肯定的に受け入れることを、著者と一緒に学ぶことができたのかと思っています。こういった旅行もしてみたいと思いました。

  • オードリーのオールナイトニッポンを友人から勧められてここ3年ほど聴いているのだけど、「ラジオでいつも変な事ばかり言っているあの人は、こんなことを考えているのか」という感じで読んでしまい、ちょっと気恥ずかしい感じで読み進めた。ちなみにこの本もその友人の勧めに背中を押されて読んだ。

    旅行記+エッセイのような内容で、ものすごくキューバに行ってみたくもなるし、こういうなにかを考えながらする一人旅をしてみたくなってくる。


    ラスト近くで明かされる、若林さんがキューバに行った本当の理由?裏の理由?については、知らないで読んだ方が良いので、気になってる人はレビューでネタバレを読む前に本を読んだほうがいいと思います。

    さらに、若林さん自身のキューバというフィルターを通した日本、というより東京論になっていてそこも面白い。
    だけど、彼が感じているという、この本の中で言う「新自由主義」への違和感は、少なからず共感できるのだけど、そこを端緒にするなら斜に構えずに「格差の拡大で切り捨てられる弱者はそのままでいいのか?」という話にまで言及すべきだったのでは?と思わなくもない。
    でもそんなところまでは元々求めてないし、やはり軽々しく語れる問題でもないだろうしなあ。

  • シンプルに面白かった。

  • ‪新自由主義へと傾く現代社会とは異なる国キューバへ、オードリー若林による旅エッセイ。単なる旅行記ではなく海外へ旅に出る理由の本質が描かれている。異国に行くことで見える自分自身と自分が住む社会。最後はじんわりくる。‬

  • キューバに今、行きたくなる旅行エッセイ。

    資本主義と社会主義等、東京とハバナの社会システムや人々の生活が、比較されながら独自の見解で語られる。
    毎日自分の会社や仕事、家族や仲のいい友達のことばかり考えていた自分の視野が、久しぶりにひろがった気がした。
    ラジオで旅の内容は知っていたけど、もっとディープで、真面目で、面白く、若林さんでないと書けないことばに惹かれた。

    余談だが、ひとり旅で札幌・すすきのの交差点を通ったとき、この本を読み終えた直後だったからか、看板がこれでもかとひろがる街並みに、「なんて資本主義!」と思った。

  • 現代社会の問題に始まり、父の死との向き合いまで。文章は決してうまくないけれど、思いはぎっしり詰まっていた。キューバ旅行記というより…それだけでなく、気づきや彼の考えをまとめるものでもあったのかな。フットボールの番組でしか注目していなかったけれど、なかなかもがいて頑張っている人なんだなあと思いました。ruta21.5はうまくまとめましたね。

  • 若林さんがキューバに一人旅した旅行記です。キューバの熱と気迫のようなものが伝わってきました。

    なぜキューバに行ったのか、本当の理由が最後に明かされています。亡くなった“親父が旅行に行きたがっていた国(p191)”だからでした。

    若林さんの一番のお勧めの観光名所、“マレコン通り沿いの人々の顔”、“amistad(血が通った関係)”(p204)が見たくなりました。“海外からの観光客相手の場所ではなくて、キューバ人の生活に寄り沿ったディープな場所(p129)”を見る旅を、してみたくなりました。今のうちに。

  • オードリー若林さんのキューバ旅行記

    彼らしい旅行記だけど。。。
    彼の文章好きだなぁ。

  • 控え目に言っても最高。
    初めて若林のエッセイを読んだけど、本を普段から読むだけあってとても文体がまとまっていて読みやすかった。
    ただのエッセイかと思いきや、若林を通して今の日本の在り方や自分の日常を考えさせられる。
    最後は涙を堪えるのに必死だった。
    灰色の街に住んでいるからこそ色をとり戻すために旅に出て、そしてちょっぴりこの日本人であることを誇りに感じて帰ってくる。
    旅っていいなぁ…
    とても充実した読者体験だった。

全19件中 1 - 19件を表示

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に「読みたい」で登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に「積読」で登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬の作品紹介

読者の共感を呼んだ前作「社会人大学人見知り学部 卒業見込」を出発点に、新たな思考へと旅立ったオードリー若林の新境地! 

累計20万部に迫る前作『社会人大学人見知り学部 卒業見込』。
そこで吐き出された社会への違和感、悩みは普遍的なものだと思っていたけれど、
「あれ? これって人が作ったシステム上の悩みに過ぎなかったのか?」
と気づいてしまった著者。
「俺が競争したい訳じゃなかった! 競争しなきゃ生きていけないシステムだった!」
新しい発見に意識がいったところで、
「別のシステムで生きる人々を見てみたい」
と、猛然とキューバへ旅立った。

キューバはよかった。そんな旅エッセイでは終わらない、間違いなく若林節を楽しんでもらえる、そして最後はホロリと泣ける、待望の書き下ろしエッセイです。
本当にプライベートで若林さんが撮ったキューバ旅行の写真も多数掲載予定。


表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬はこんな本です

ツイートする