表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

  • 443人登録
  • 4.19評価
    • (31)
    • (34)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 38レビュー
著者 : 若林正恭
  • KADOKAWA (2017年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040693163

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬の感想・レビュー・書評

  • キューバの旅行記.たった3泊5日の旅ながら,作者にとって中身のグッと凝縮された,再生感溢れるものとなっている.新自由主義経済への疑問や格差社会への腹立ちなどが社会主義国キューバでくっきりし,日本の良さも新ためて感じて有意義なものとなってるようだ.写真も多くわかりやすいものとなっている.最後になってお父さんへの別れのような意味もあったのだと,若林さんの一つの区切りのようなものだったんだと納得した.

  • リトルトゥースな僕は、ラジオとこの本で、若林さんのキューバ紀行をより深く楽しく感じられました。

    親父のメガネのツル話も思い出しました。

  • 控え目に言っても最高。
    初めて若林のエッセイを読んだけど、本を普段から読むだけあってとても文体がまとまっていて読みやすかった。
    ただのエッセイかと思いきや、若林を通して今の日本の在り方や自分の日常を考えさせられる。
    最後は涙を堪えるのに必死だった。
    灰色の街に住んでいるからこそ色をとり戻すために旅に出て、そしてちょっぴりこの日本人であることを誇りに感じて帰ってくる。
    旅っていいなぁ…
    とても充実した読者体験だった。

  • 旅と旅行は少し違うように思います。
    旅をしたいと思わせてくれる、良い本でした。

  • p60
    自分の脳細胞がこの景色を自由に、正直に、感じている。
    今日からそれが3日間限定で許される。なぜなら、キューバに一人で来たからだ。


    人見知りでちょっと不機嫌で自意識過剰で出不精な若林さんが、キューバに行った5日間の紀行。
    あった出来事を、マジとかドツボとかほんとに話すような感じで訥々と書いていて、飾り気のない、ネタではない素が見られて良かった。謎の、会話形式というのか独り言とか感想が入ってくるのが良かった。
    キューバの空気が伝わってくるのには失敗してる気がするけど、若林さんの感想が真っ直ぐに伝わってきて良いエッセイ?だった。

  • 若林くんにキューバは合ったんだな~

  • ネットで飛行機もホテルもポチッと予約してキューバにひとり旅かぁ。
    冷えたモヒートが飲みたくなった。

  • 旅行記としてもエッセイとしても面白い。キューバに行きたくなる。キューバじゃなくても、自分が全く知らない国に行ってみたくなる。今いる場所から離れて自分の人生とか思想とか、見つめ直すのもいいなぁと思った。

  • 「今年の夏はキューバに行ってきたよ」
    と、言ってしまいたくなる本。
    一緒にキューバを旅しているような
    鮮やかな描写が、リズムに乗せてどんどん
    読み進めてしまう。
    読み終わるのがもったいなくて
    海水浴場に行くところまでで
    寝かせておいた。
    夏も終わってしまうので、意を決して
    読書再開したら...
    旅の終わりの寂しさのせいだけではない
    惜別の気持ちになった。

  • オードリー・若林が休暇を利用しキューバに行く。
    現地で助けてくれる人がいてこそだな、と思った。
    語力がどのくらいかはあまり伝わってこず、自分でも行けるか、というのはなんともいえなかった。
    本で読んだから行ってみたい、と思って実行できる距離ではなく、でもキューバの歴史については調べてみた。

  • キューバの旅行記としても、エッセイとしても面白いが、ときおり表れる文章表現にはっとさせられる。◯◯はコンビニで買える、のくだりなど。

  •  前に見城さんの本を読んだ際に、見城さんはビジネスでは徹底的に競争を勝ち抜いて、のし上がることだけを目指しているが、一方で故郷の旧友とだけは、腹の探り合いや化かし合いや損得勘定のない純粋な友情を愉しむと言っていた。若林さんと同様見城さんもこういう関係は何物にも代えがたいもので、この関係を疑うようになったら自分は人として失格だとも言っていた。(言葉は正確じゃないかもしれないが、ニュアンスはこんな感じ。)
     心から信頼できる大切な人は、資本主義に毒された人と作るのは難しくて、家族や学生時代の友人からしか作れないのかなと思った。(だからこそ、資本主義の中でも真心とか、信頼は大きな価値となるのだろうが。)
     ビジネスライクな関係に自分はどれほど耐えられるだろうか。

  • エッセイと旅行記の中間のような本でした。前作より読みやすいです。

    看板がない街に行ってみたかった若林。へーと思ってたら、タイムリーに「看板がないと元気が出ない」みたいなこと言ってた人がいて、世の中いろいろだなぁと思いました。

    前回も同じこと思ったけど、とても感受性豊かな人だなと思います。考え過ぎて生きにくそうだけど、中二病卒業したてだけど、この人の考えてることは面白い。
    個人的には、前作で彼が大人に成長する過程を読んだ上でこれを読む方が、より楽しめると思います。

    誰と会話してんだろうとよく分からないまま読み進めてたら、最後にやられました。全然興味なかったけど、これ読んだらいつかキューバ行ってみたいなと思いました。

  • たまには紀行を読むのもいい。

  • 文章が読みやすかった
    キューバの色や空気や臭いが伝わってきた

    「先生、知ることは動揺を鎮めるね!」
    「若林さん、学ぶことの意味はほとんどそれです」

    資本主義と社会主義の違いについて若林さんなりの考察をしながら旅している
    こんな旅の仕方も面白いな
    歴史や文化を学んだ上で旅行するとまた感じ方が違ってくるんだろうな

  • 現代社会の問題に始まり、父の死との向き合いまで。文章は決してうまくないけれど、思いはぎっしり詰まっていた。キューバ旅行記というより…それだけでなく、気づきや彼の考えをまとめるものでもあったのかな。フットボールの番組でしか注目していなかったけれど、なかなかもがいて頑張っている人なんだなあと思いました。ruta21.5はうまくまとめましたね。

  • キューバに行きたい

    2016年6月、2ヵ月後の夏休みに向けて飛行機の予約をして、たったひとりキューバへ

    人見知りのガイド、マルチネス
    辛いものが苦手なエダジマ
    みんながいない国でまっすぐ旅行をたのしむ
    日本では見られないテンション高めの
    キューバ旅行記

    日本から持ってきた抹茶味のキットカットはどのタイミングで誰にあげるのかとか
    着いてすぐ乗るタクシーでは力で勝てるように老人を選んでいたのに、カリブ海で邪魔をしてきた巨体のキューバ人には真っ向から悪態ついていく度胸をみせたり
    とにかく普通に明るくたのしく何も気づかずに読んでいた
    たまに不自然な鍵括弧があるな、誰かと話しているような、ひとり旅なのに…

    ruta25からは若林がなぜキューバにきたのかわかる
    読み始めたときから気になっていた点の散らばりが一本の線になる

    ひとり旅ではなかった、と気がついた瞬間に
    この本が特別な本になった
    普通の旅行記でもぐいぐい読ませるのに、すごい
    すごいです
    あらためて冒頭から読み返したくなる

  • オードリー若林の、書き下ろしキューバ旅行記。
    なんでキューバなのか、とか、キューバと東京日本の違いは散々書いてある。
    新自由主義、と若林が言う東京日本アメリカと、社会主義のキューバと、どっちがいい、とか言う単純な話じゃなく、その間を見つける話で、それは家族だった。
    別に血縁ということじゃないと思う。
    それは、まさにゲンロンゼロで東さんが言っていた家族なんじゃないだろうか、とか。

  • 今度キューバに旅行するので読んでみた。
    以前ラジオで話していたことと殆どだぶった内容。
    中2病っぽい文体。

  • それでキューバか~、という自尊心と好奇心の回想録。ちょっぴり切ない。

  • キューバは必ず訪れたい国。
    そんな国に共感を抱かずにはいられないオードリー若林が訪れて書いた本だから楽しさ倍増。
    いまのキューバを知ることができる。
    そして最後の方は泣かせにくる。

  • 旅行記としてもエッセイとしても楽しめた。
    死ぬ直前に食べたくなるようなものが、コンビニですぐ買える世界にぼくたちは生きているんだ。
    この一文が胸に刺さる。

  • ふつうにたのしく読み進んでいって、最後のところでエモい。それをどう感じるかで評価が分かれるのかなと思うけれど、私は好印象。
    他人に知られたくないようなことを本に書く人だとは思っていなかったので意外。

  • 一般的な旅行記からは逸脱したオードリー若林のキューバ旅行記。

    新自由主義を相対化するため、死んだ父親が行きたがっていたから、広告や看板のない世界を見るため、そんな風に色んな理由から、キューバ行きを決めた若林。

    かっこいい服を着たい、などと言った人間の自然な感情を丁寧に眺めることで、社会主義に資本主義・新自由主義が優った理由を考察するところなどが個人的にはハイライトだった。確かにそんなことは、高校生でも分かることだが、それが時々分かんなくなるのが逆に大人だと思う。

    キューバから帰ってくる若林の目には灰色の街東京は灰色ではなくなっていた。でも、またしばらくしたら、また色が失われてしまうだろう、とも。

    キューバのクラシックカーやカラフルな建物が見たくなった。

    「あぁ、めんどくさい」

  • オードリー・若林さんのキューバ旅行記。
    資本主義にどっぷり浸かった自分に、もし社会主義の国に生まれていたら…と考えさせてくれた。恥ずかしながら今までそういう想像をしたことがなかった。アミーゴ社会にも馴染めなそうだけれど、今の競争社会も正直生きづらいな…。
    それにしても、この会話文はなんだろうと思わせておいて、最後ずるい。

全38件中 1 - 25件を表示

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に「積読」で登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬の作品紹介

読者の共感を呼んだ前作「社会人大学人見知り学部 卒業見込」を出発点に、新たな思考へと旅立ったオードリー若林の新境地! 

累計20万部に迫る前作『社会人大学人見知り学部 卒業見込』。
そこで吐き出された社会への違和感、悩みは普遍的なものだと思っていたけれど、
「あれ? これって人が作ったシステム上の悩みに過ぎなかったのか?」
と気づいてしまった著者。
「俺が競争したい訳じゃなかった! 競争しなきゃ生きていけないシステムだった!」
新しい発見に意識がいったところで、
「別のシステムで生きる人々を見てみたい」
と、猛然とキューバへ旅立った。

キューバはよかった。そんな旅エッセイでは終わらない、間違いなく若林節を楽しんでもらえる、そして最後はホロリと泣ける、待望の書き下ろしエッセイです。
本当にプライベートで若林さんが撮ったキューバ旅行の写真も多数掲載予定。


表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬はこんな本です

ツイートする