表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

  • 112人登録
  • 4.50評価
    • (6)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 若林正恭
  • KADOKAWA (2017年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040693163

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬の感想・レビュー・書評

  • キューバに行きたい

    2016年6月、2ヵ月後の夏休みに向けて飛行機の予約をして、たったひとりキューバへ

    人見知りのガイド、マルチネス
    辛いものが苦手なエダジマ
    みんながいない国でまっすぐ旅行をたのしむ
    日本では見られないテンション高めの
    キューバ旅行記

    日本から持ってきた抹茶味のキットカットはどのタイミングで誰にあげるのかとか
    着いてすぐ乗るタクシーでは力で勝てるように老人を選んでいたのに、カリブ海で邪魔をしてきた巨体のキューバ人には真っ向から悪態ついていく度胸をみせたり
    とにかく普通に明るくたのしく何も気づかずに読んでいた
    たまに不自然な鍵括弧があるな、誰かと話しているような、ひとり旅なのに…

    ruta25からは若林がなぜキューバにきたのかわかる
    読み始めたときから気になっていた点の散らばりが一本の線になる

    ひとり旅ではなかった、と気がついた瞬間に
    この本が特別な本になった
    普通の旅行記でもぐいぐい読ませるのに、すごい
    すごいです
    あらためて冒頭から読み返したくなる

  • 良い本でした。

  • オードリー若林の、書き下ろしキューバ旅行記。
    なんでキューバなのか、とか、キューバと東京日本の違いは散々書いてある。
    新自由主義、と若林が言う東京日本アメリカと、社会主義のキューバと、どっちがいい、とか言う単純な話じゃなく、その間を見つける話で、それは家族だった。
    別に血縁ということじゃないと思う。
    それは、まさにゲンロンゼロで東さんが言っていた家族なんじゃないだろうか、とか。

  • 今度キューバに旅行するので読んでみた。
    以前ラジオで話していたことと殆どだぶった内容。
    中2病っぽい文体。

全4件中 1 - 4件を表示

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に「読みたい」で登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬を本棚に「積読」で登録しているひと

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬の作品紹介

読者の共感を呼んだ前作「社会人大学人見知り学部 卒業見込」を出発点に、新たな思考へと旅立ったオードリー若林の新境地! 

累計20万部に迫る前作『社会人大学人見知り学部 卒業見込』。
そこで吐き出された社会への違和感、悩みは普遍的なものだと思っていたけれど、
「あれ? これって人が作ったシステム上の悩みに過ぎなかったのか?」
と気づいてしまった著者。
「俺が競争したい訳じゃなかった! 競争しなきゃ生きていけないシステムだった!」
新しい発見に意識がいったところで、
「別のシステムで生きる人々を見てみたい」
と、猛然とキューバへ旅立った。

キューバはよかった。そんな旅エッセイでは終わらない、間違いなく若林節を楽しんでもらえる、そして最後はホロリと泣ける、待望の書き下ろしエッセイです。
本当にプライベートで若林さんが撮ったキューバ旅行の写真も多数掲載予定。


表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬はこんな本です

ツイートする