表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

  • 501人登録
  • 4.16評価
    • (36)
    • (37)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 43レビュー
著者 : 若林正恭
  • KADOKAWA (2017年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040693163

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬の感想・レビュー・書評

  • キューバの旅行記.たった3泊5日の旅ながら,作者にとって中身のグッと凝縮された,再生感溢れるものとなっている.新自由主義経済への疑問や格差社会への腹立ちなどが社会主義国キューバでくっきりし,日本の良さも新ためて感じて有意義なものとなってるようだ.写真も多くわかりやすいものとなっている.最後になってお父さんへの別れのような意味もあったのだと,若林さんの一つの区切りのようなものだったんだと納得した.

  • ネットで飛行機もホテルもポチッと予約してキューバにひとり旅かぁ。
    冷えたモヒートが飲みたくなった。

  • 今度キューバに旅行するので読んでみた。
    以前ラジオで話していたことと殆どだぶった内容。
    中2病っぽい文体。

  • オードリーの若林正恭さんがキューバに一人旅をしてきたエッセイ。

    よくある旅行記とはちょっと違う本でした。
    面白かったのですが、やっぱり「若林さん、めんどくさいな…」と思ってしまった。。

    考えたこと、自分の悩みなどに向き合って、こういう形で言葉に出来ることはすごい!と思います。

  • 2017年8月9日読了。

  • 5日間だけの夏休みを取ることができた著者が、それを利用してキューバに行く旅行記です。5日で南米に行くということができるのかと、どんな行程か気になって読みはじめました。遠くの観光名所には行けないのですが、街中には革命の跡があり、結構楽しく回ることができるのだなと、一緒に旅行に行っているように楽しむことができました。著者の考え方に共感できるところが多かったのも理由かもしれません。資本主義社会の金を稼ぐ人間が偉いという考えに違和感を感じるも、それを肯定的に受け入れることを、著者と一緒に学ぶことができたのかと思っています。こういった旅行もしてみたいと思いました。

  • 若林さんがキューバに一人旅した旅行記です。キューバの熱と気迫のようなものが伝わってきました。

    なぜキューバに行ったのか、本当の理由が最後に明かされています。亡くなった“親父が旅行に行きたがっていた国(p191)”だからでした。

    若林さんの一番のお勧めの観光名所、“マレコン通り沿いの人々の顔”、“amistad(血が通った関係)”(p204)が見たくなりました。“海外からの観光客相手の場所ではなくて、キューバ人の生活に寄り沿ったディープな場所(p129)”を見る旅を、してみたくなりました。今のうちに。

ツイートする