表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

  • 686人登録
  • 4.10評価
    • (48)
    • (57)
    • (34)
    • (0)
    • (0)
  • 65レビュー
著者 : 若林正恭
  • KADOKAWA (2017年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040693163

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:


  • アメトーーク!読書芸人で
    タイトルが気になり購入。
    最近あまり読書をしている時間がなかったけど
    文字も小さすぎず文も難しいことはかいてなくて
    写真も挟んでいるので読むスピードが遅めな私でも
    2〜3時間ほどで読めました。
    声をだして笑うほどでもないけど
    どこかクスッときて大泣きするほどでもないけど
    何かがグッとくる作品でした。
    タイトルもキューバと日本の対比が
    出ていてタイトル負けしていなく
    個人的にはすごくおもしろい作品だと思えました。

  • お笑い芸人オードリー若林さんのキューバ旅行記。

    日本で暮らしていて、競争させられている感覚などの違和感から始まり、資本主義について家庭教師に習う若林さん。それから全く違う社会システムの国、キューバへ旅立つ。その先にあったのは父親への思いだった。

    旅行記のようなエッセイのような。
    ニヤニヤしたり、共感したりしつつ、
    途中、小説のように綺麗な場面も。

    旅の出発点(些細な動機)から始まるので、一緒に歩いていく感じが読みやすい。

    人見知りのガイド、マルチネス。
    勝手に仕事を始めるおじさんたち。
    葉巻を教えてくれたエダシマ。

    陽気で自由で、
    日本人と良い意味で全然違うキューバが
    伝わってくる。

    少しずつ読んだが、
    読むたび私も開放されるような旅をしてる気持ちになった。

    また、若林さんが
    一人で旅をして自分に向き合う過程も
    読んでいて良かった。

    日本に縛られて向かったキューバ
    最後は日本の良さを知る

    笑いやひねくれた部分が楽しいけど
    若林さんの熱さを感じる一冊。

  • p60
    自分の脳細胞がこの景色を自由に、正直に、感じている。
    今日からそれが3日間限定で許される。なぜなら、キューバに一人で来たからだ。


    人見知りでちょっと不機嫌で自意識過剰で出不精な若林さんが、キューバに行った5日間の紀行。
    あった出来事を、マジとかドツボとかほんとに話すような感じで訥々と書いていて、飾り気のない、ネタではない素が見られて良かった。謎の、会話形式というのか独り言とか感想が入ってくるのが良かった。
    キューバの空気が伝わってくるのには失敗してる気がするけど、若林さんの感想が真っ直ぐに伝わってきて良いエッセイ?だった。

  • 旅行記としてもエッセイとしても面白い。キューバに行きたくなる。キューバじゃなくても、自分が全く知らない国に行ってみたくなる。今いる場所から離れて自分の人生とか思想とか、見つめ直すのもいいなぁと思った。

  • オードリー・若林が休暇を利用しキューバに行く。
    現地で助けてくれる人がいてこそだな、と思った。
    語力がどのくらいかはあまり伝わってこず、自分でも行けるか、というのはなんともいえなかった。
    本で読んだから行ってみたい、と思って実行できる距離ではなく、でもキューバの歴史については調べてみた。

  • キューバの旅行記としても、エッセイとしても面白いが、ときおり表れる文章表現にはっとさせられる。◯◯はコンビニで買える、のくだりなど。

  • エッセイと旅行記の中間のような本でした。前作より読みやすいです。

    看板がない街に行ってみたかった若林。へーと思ってたら、タイムリーに「看板がないと元気が出ない」みたいなこと言ってた人がいて、世の中いろいろだなぁと思いました。

    前回も同じこと思ったけど、とても感受性豊かな人だなと思います。考え過ぎて生きにくそうだけど、中二病卒業したてだけど、この人の考えてることは面白い。
    個人的には、前作で彼が大人に成長する過程を読んだ上でこれを読む方が、より楽しめると思います。

    誰と会話してんだろうとよく分からないまま読み進めてたら、最後にやられました。全然興味なかったけど、これ読んだらいつかキューバ行ってみたいなと思いました。

  • 現代社会の問題に始まり、父の死との向き合いまで。文章は決してうまくないけれど、思いはぎっしり詰まっていた。キューバ旅行記というより…それだけでなく、気づきや彼の考えをまとめるものでもあったのかな。フットボールの番組でしか注目していなかったけれど、なかなかもがいて頑張っている人なんだなあと思いました。ruta21.5はうまくまとめましたね。

  • 読書芸人を見て読んでみた。
    幼い頃から、勝ち組、負け組のような格差を生む新自由主義に苦しんで来た若林にとって、社会主義国のキューバは何か正解を与えてくれそうな場所だった。
    でもやっぱ、世界はトレードオフなわけで、結果が平等な国では機会が不平等になってしまう現実から、日本を考え直していく。
    最近、若林がアクティブになりつつあるようだけど、このキューバ旅行が関係してるのかなと思ってしまった。

  • めちゃくちゃに面白い

若林正恭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
今村夏子
ヨシタケ シンス...
朝井 リョウ
塩田 武士
又吉 直樹
伊坂 幸太郎
又吉 直樹
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする