Only Sense Online―オンリーセンス・オンライン― (富士見ファンタジア文庫)

  • 73人登録
  • 4.05評価
    • (6)
    • (8)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : アロハ座長
  • KADOKAWA/富士見書房 (2014年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040700892

Only Sense Online―オンリーセンス・オンライン― (富士見ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • VRMMO作品が多くなってきた中で、戦闘職ではなく生産職をメインに扱った作品。
    主人公は表紙中段・・・メインっぽく見えるのは主人公の妹だったりする(笑)

    Only Sense-オンリーセンス-が示す通り、様々なセンスを用いて、自分だけのセンスを磨けるのが特徴。
    花形ではないものの、生産職も悪くないよね?と思われてるMMOプレイヤーにはオススメ。

  • 隙間産業いいよね。
    というわけで地雷チートです。
    主人公が男、しかし外見は女ということで、これでラノベ表紙を主人公が飾ることになんの障害もないな!と思ったけど、うん、妹か。

  • 剣も魔法も存在するファンタジーゲームが舞台の作品。…にもかかわらず主人公は裏方全開な生産職。バトルもこなせるけど弓装備でサポート主体と、なかなか斬新な構成です。個人的にRPGなんかは横道に逸れながらのんびりやっていくタイプだから主人公のプレイスタイルはいいですね。こういうやり方もあるよって人とは違った楽しみ方を編み出してて面白かった。当面はバトルが主体にならなさそうでのんびり読んでいけそう。

  • なろう出身のMMORPGもの。よく分からなかった。文章や技量が、というよりも読み飛ばしてしまったのが一番の大きな原因だろう。不遇の生産職&弓職を選んだら、思いもしなかった効果があり重宝されるようになった、というか俺tueee系。

  • ゲームの世界でユンが生産職や弓を頑張る話。
    姉(セイ)と妹(ミュウ)と親友(タク)に誘われて不遇と云われるスキルを取ってゲームを始めるが、何故か峻は女性でアバターが作られてしまい…。
    表紙はミュウがメインでユンとタクが脇にいる。

  • センスと呼ばれるスキルを組み合わせて唯一の強さを目指すVRMMORPGオンリーセンスオンライン。
    廃ゲーマーの友人、妹が攻略へ突き進む中、ゴミセンスを装備した主人公。
    しかし、とあるトップ生産職とであって革命をもたらしていく。

    最近、VRMMORPGシリーズが増える中、こういった別の切り口の作品が出てくるのはいいですね!
    辿り着くところはなんとなく想像できてしまったが、主人公が自分の意志で動いているのは読んでいて面白いです。
    今後の動向に期待です!
    あとはこういった視点の作品が増えないことを祈るのみ(笑)

  • これ以上生産職系ネトゲ小説を増やされると死ぬ。

  • 小説は5点
    絵は-1

全8件中 1 - 8件を表示

アロハ座長の作品

Only Sense Online―オンリーセンス・オンライン― (富士見ファンタジア文庫)はこんな本です

Only Sense Online―オンリーセンス・オンライン― (富士見ファンタジア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Only Sense Online―オンリーセンス・オンライン― (富士見ファンタジア文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Only Sense Online―オンリーセンス・オンライン― (富士見ファンタジア文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

Only Sense Online―オンリーセンス・オンライン― (富士見ファンタジア文庫)の作品紹介

"センス"と呼ばれる能力を組み合わせ"唯一"の強さを目指すVRMMORPG-「オンリーセンス・オンライン」親友タクや妹のミュウたち廃ゲーマーが攻略に突き進む中、「ゴミ」「使えない」と名高い不遇センスばかりを装備してしまったゲーム初心者のユン。できることといったら、ひたすらポーションを生産することだけ…。そんな日々の中、ユンは"トップ生産職"として活躍するお姉さん・マギと出会う!誰も知ることのなかった、アイテム生産や補助魔法の可能性に気づいたとき、サポートスタイルに革命をもたらす"最強"の初心者プレイヤーが誕生する-!?

Only Sense Online―オンリーセンス・オンライン― (富士見ファンタジア文庫)のKindle版

ツイートする