アリアンロッド2E・リプレイ・サヴァイヴ! (1)戦乙女は荒野を駆ける! (ドラゴンブック)

  • 26人登録
  • 3.44評価
    • (0)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • KADOKAWA/富士見書房 (2014年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040701004

アリアンロッド2E・リプレイ・サヴァイヴ! (1)戦乙女は荒野を駆ける! (ドラゴンブック)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ■AR2Eのリプレイ本。 知り合いのTRPG民に貸してもらったので読むことに。これまでにリプレイ本は何度か読む機会があったのですが,結局いつも読み終えることができず,積んでばかり。なんとなく読みにくくて……。今回もそうなるんじゃ,と内心気が気でなかったのですが,存外に面白くあっという間に読み終えることができました。
    ■さて舞台はエリンディル大陸。妖精や巨人など,様々な新しい種族が生きるこの大陸で,主人公のヴァルキリーは,自分の故郷を襲った魔獣を探す冒険を始める――という話。

    ■なにはさておき,挿絵の入れ方がかわいい!使い方がひたすらに上手い!レイアウトの凝ってる本は大好きです,読んでいて感心しきりでした。半ページを使っての挿絵,見開き上段ブチ抜きの挿絵,デフォルメのキャラクターの表情差分をうまく使っての挿絵……。
    ■話も面白かったです。TRPGリプレイのボス戦って,PCよりも敵が動くときの方が,読んでて臨場感があって面白いなあと思いました。

  • 色々ありますが…とにかく「魔黒」が全部もってった感。

    全力でしょうもねぇw
    小さな(ロリともいう)ヴァルキリー・ウェンディが巨大な魔獣に立ち向かう姿や、チャラい巨人・ジンの騒がしさなど、魅力的なキャラクター達…なのに、やっぱり冒頭の「魔黒」の衝撃が…。

    とはいえ、今回のテーマである大型魔獣相手のハンティングに連なる「りょう」を楽しんだり、ウェンディが背負う宿命のシリアスさだったり、中々に読ませるリプレイです。
    ただ、「墓穴庭師」はどうかなぁ…。正直「裏目軍師」ほどのインパクトかつ自然さ(w)はないような気がするw


    それにしても、殺意の応酬、マジこえぇw

  • うーん、どうも殺意様とは相性が良くないなと感じた。

  • まだまだスタートしたところ。これから面白くなると信じている

  • 新大陸を舞台にした新シリーズ。個性的なPCのと同じく個性的なボスでおもしろかった。大竹さんのキャラのあふれる殺意は変わらない。

全5件中 1 - 5件を表示

田中信二/F.E.A.R.の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アリアンロッド2E・リプレイ・サヴァイヴ! (1)戦乙女は荒野を駆ける! (ドラゴンブック)はこんな本です

アリアンロッド2E・リプレイ・サヴァイヴ! (1)戦乙女は荒野を駆ける! (ドラゴンブック)の作品紹介

"戦いの妖精"ヴァルキリーの少女ウェンディ。ある祭の夜、彼女の故郷は謎の魔獣たちに呪われ、時が静止してしまった-。異形の仮面を被ったネフィリム(巨人族)のジン。臆病だが頑丈なエクスマキナ、ナッツロッカー。ヴァルーナの宮廷庭師ルシャナ。呪いを解くべく、頼もしい仲間と共にウェンディは、荒野へと踏み出していく。進むは、過酷な大自然が拡がるマジェラニカ大陸。倒すべきは七体の巨大魔獣。ちっちゃなヴァルキリーの大冒険が、今始まる!!

アリアンロッド2E・リプレイ・サヴァイヴ! (1)戦乙女は荒野を駆ける! (ドラゴンブック)のKindle版

ツイートする