蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)

  • 105人登録
  • 3.66評価
    • (4)
    • (13)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 竹岡葉月
制作 : タケオカ ミホ 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2014年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040701158

蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ラノベ作家を目指す久坂縁
    日本語大好きな蒼井葉留
    鳩居寮の寮長、恵庭椿
    ミステリオタクな住友晴明
    教師に恋する梶井円鹿

    鳩居寮に入寮した縁は入学前から騒動に巻き込まれることになってしまった……

  • 登録番号:11595 分類番号:913.6タ(1)

  • 評価:☆3.5

    「わたし、日本語のことになると、見境なくなっちゃうんです……」
    ラノベ作家を目指す縁が出会った美少女・葉留は日本語と辞書を愛しすぎる変人で―!?


    ヒロインがとにかく変わった子で、日本語と辞書への愛が凄いw
    どこかズレた会話や、日本語という一風変わった視点から物事を解決するのが新鮮で面白かった。

    基本的には主人公が一人暮らしを決めた鳩居寮でのドタバタコメディという感じ。
    ただ今回の話の主軸である「男性教師と女子生徒の禁断の恋」っていうのが結構重くて(特に回想の方)
    いや重いのは別にいいんだけど、真相解明パートがちょっと唐突に感じてしまってどうこう思う前に終わっちゃった感じ。
    ビックリはしたけど感情移入は出来無かった。

    題材は面白いと思うので2巻は読む。

    「奥義<土龍天翔爆裂拳>とはどういう意味でしょうか」
    「あぽぱう!」

  • 辞書と正しい日本語が大好きな女子高生が主人公のラノベ。キャラや基本的な物語構成は類型を感じるし校正の甘さもあるが、やはり主題のワンアイデアが効いている。続刊があるなら、地文などそれこそ日本語言い回しがより洗練されると良作になる期待。

  • 辞書萌え系女子ってやつですね!あるある!
    あらすじ的にもっとラブコメラブコメしてるのかと思ったけど、思ってたより地に足ついた清く正しい青春ラノベだった。若干ミステリ要素。うん、なかなか良かった。
    主人公がラノベ作家志望、ってのはヒロインの辞書萌え要素と絡ますためなんだろうけど、ちょっと描写が足りない気はした。あとヒロインの辞書萌えっぷりももうちょっとだけ深く掘り下げてほしいところ。

  • ラノベ作家になるという夢をもつ少年と見た目は可憐、中身は辞書という正しい日本語を愛する少女は高校の寮で出会った。
    書き上げられた中二ワードの文章を真っ赤に校正され少年のライフが削られていく。

    この設定がイマイチ活かされてないんだよなぁ。
    イラストもいいし、最後の名前のシーンはスゴクよかったんだけどね。
    途中の過去の回想っぽいところも少し長いので何の話?って思ってしまう部分も。
    でも、この竹岡姉妹のファンなら楽しめる1冊になってると思います。

  • 前作が好きだったので作者買いして読破〜。
    やはりこのイラストだと某文学少女を思い出しますね。エピソード的にもそんな感じですし。
    ただ葉留の辞書好き、縁のラノベ作家志望という設定を活かしきれてなくてもったいないかなと。まぁその辺はこれから続刊も出るだろうし今後に期待です。

  • 想像してたような作風ではなく、あくまでもライトノベルとしての文体を意識しながらも、正しい日本語をネタにしたような感じです。

    エピソードとしては悪くないのですが(辞書好きの部分をもっと活かせるといいのですが)、登場人物の関係性が思った以上に今巻だけで完結してしまったのでそこは驚きというか、次巻以降でどうするのかという点で気になっています。

    文学をネタにした作品は多けれど、日本語そのものにフォーカスした作品は少ないので期待しています。

    …まあ、あとはこういう作品で助詞抜けがあったりすると萎えるので、次はちゃんとしてほしいかなとは思います。

  • 2014 5/29読了。Amazonで購入。
    S@ppleの竹岡葉月の新刊・・・そういえば最近、この著者のラノベ読んでなかった、ような?
    ラノベ界ではやりの要素(ラノベ作家ラノベ)+図書業界一般ではやりの要素(辞書萌え)を組み合わせた上で青春小説に味付けした感じ・・・なんで最近はラノベラノベ多いのかね? いやまあ、これはデビューしているわけではないのであまりそれっぽさはないけども。

  • この姉妹がタッグ組むの待ってました!
    主人公たちが入学する前のお話。青春ラブコメでした。
    今は寮のメンバーがメインになってますが、学校生活が始まるとキャラが増えたりするのか気になるところ。

全12件中 1 - 10件を表示

竹岡葉月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)はこんな本です

蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)の作品紹介

海外転勤となった両親と離れ、ライトノベル作家になるという夢を抱えたまま、高校入学と同時に一人暮らしをはじめた久坂縁。そんな彼が引っ越し当日に出会った美少女は、辞書と正しい日本語を愛しすぎる変人で!?

蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)のKindle版

ツイートする