妖怪センセの京怪図巻 祇園祭にあわいは騒ぎ (富士見L文庫)

  • 49人登録
  • 3.56評価
    • (0)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 朝戸麻央
制作 : ろくしょう 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2015年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040706535

妖怪センセの京怪図巻 祇園祭にあわいは騒ぎ (富士見L文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 妖怪絵師をしている青年と、彼を『先生』と呼ぶ少女。
    そして『面食い』たる妖怪、の連続短編。

    話が終わる毎に、昔の少女と青年の話が。
    これがどう繋がるのか、贖罪になるのか。
    昔から名前そのものではなく、役名や職業で呼ぶのは
    日本だけの習慣、です。
    その理由をきっちりと表してくれたような話でした。

    しかし『面食い』可愛い姿です。
    発言内容は、年月すぎたものいいですが。

  • 大きな盛り上がりはないけれど、雰囲気があって良かった!
    主人公とヒロインのちょっと複雑な関係も好みだったし、
    衣笠さんがいい味出してる。
    こういうレーベルでよく出ている、
    主人公がトラブルを解決する連作短編集は、
    「よくある話」が多くて退屈だけど、
    これは、しっとりしたムードやトラブルへのスタンスが好き。
    続編も出せそうな話だけど、一巻完結なのかな?

  • 妖怪の姿を認識できる絵師と女子高生のお話

    日常のどこにでもある事柄に
    うまく妖怪や、非日常のものの要素が絡められていて現実味をもってイメージが出来た

    文章もとても読みやすくて良かった

    多聞と瑞希の心情も、よくある形ではなく複雑性があって新鮮味があった

  • 祇園祭というだけで買ってしまったので、期待してなかったけど期待以上に面白かった!
    衣笠さんがかわいすぎるー。
    京都の町がたくさん出てきて嬉しい限り。
    ただ瑞希の「うちが」っていうのが、ちょっといらっとくる。
    続編でるかなー

全4件中 1 - 4件を表示

朝戸麻央の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

妖怪センセの京怪図巻 祇園祭にあわいは騒ぎ (富士見L文庫)はこんな本です

妖怪センセの京怪図巻 祇園祭にあわいは騒ぎ (富士見L文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

妖怪センセの京怪図巻 祇園祭にあわいは騒ぎ (富士見L文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

妖怪センセの京怪図巻 祇園祭にあわいは騒ぎ (富士見L文庫)の作品紹介

妖怪絵を得意とする絵師、安心院多聞。その絵はまるで生きているようだと評されるが、それもそのはず。彼が使う筆には秘密があって――。いまも生まれる“妖怪(あわいもの)”。その一瞬の邂逅を、絵筆で切り取る。

妖怪センセの京怪図巻 祇園祭にあわいは騒ぎ (富士見L文庫)のKindle版

ツイートする