金色の文字使い (8) ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 十本スイ
制作 : すまき 俊悟 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2016年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040709598

金色の文字使い (8) ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジャンプ漫画かな?と思える王道的な代替戦争へ。獣人サイドでは懐かしい名前も出てきてほっこり。まあ短編とかでちょいちょい触れられてたけど。そんな懐かしい、かつての仲間との一戦が早くも実現。しかしまさか初戦でかち合うとはね。元々そこそこ動けてたアノールドはともかく、ミュアの成長がすごく分かる一戦でした。想いの強さは人を強くするんだねぇ。裏側ではきな臭さが満載だけど、当面は“代理戦争”の方を楽しめればいいな。

全1件中 1 - 1件を表示

十本スイの作品

金色の文字使い (8) ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)はこんな本です

金色の文字使い (8) ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)を本棚に登録しているひと

金色の文字使い (8) ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

金色の文字使い (8) ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)の作品紹介

戦局は魔人族VS獣人族の代理戦争へと突入し、世界の命運は、互いが誇る最高戦力同士の決闘に託された。獣人族の代表としてヒイロの前に立ちふさがったのは、かつての仲間・アノールドとミュアで!?

金色の文字使い (8) ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)のKindle版

ツイートする