金色の文字使い9 ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)

  • 15人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 十本スイ
制作 : すまき 俊悟 
  • KADOKAWA (2016年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040709604

金色の文字使い9 ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 魔人と獣人の武闘会決着編。それぞれに見せ場があって楽しめました。特にそれぞれの王はさすがトップといった強さを披露してました。ただヒイロも負けず劣らずのチートぶりで。それでも自分の物欲以外では力使いそうもないのが個人的には好み。以前から暗躍してた旧魔王派が遂に表に出てきて物語は今までと異なった方向へ進んでいくようです。前述のとおり結構なチートでもまだまだ伸びしろがありそうなので、ヒイロの更なるレベルアップも見ものですね。

全1件中 1 - 1件を表示

十本スイの作品

金色の文字使い9 ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)を本棚に登録しているひと

金色の文字使い9 ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

金色の文字使い9 ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

金色の文字使い9 ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)の作品紹介

世界の運命を懸けた決戦――《アガッシ》。続く第2戦は、獣王・レオウードと《魔王直属護衛隊》・マリオネが火花を散らす! 一方【獣王国・パシオン】では、《始まりの樹・アラゴルン》に黒衣の影が忍びよる!

金色の文字使い9 ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)はこんな本です

金色の文字使い9 ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐ (ファンタジア文庫)のKindle版

ツイートする