東京レイヴンズ6Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)

  • 23人登録
  • 4.14評価
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : あざの耕平
制作 : すみ兵 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2011年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040710174

東京レイヴンズ6Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「いつもとまるで変わらないぼやきに、不覚にも涙がこぼれそうだった。」
    …ほんとそれ。もうほんと泣くかと思ったわ。

    スピード感が心地よかった。読書はゆっくりだったけど。

    20160427~20160518

全1件中 1 - 1件を表示

東京レイヴンズ6Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

あざの耕平の作品

東京レイヴンズ6Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)はこんな本です

東京レイヴンズ6Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)の作品紹介

思い出の中の大切な少女、北斗の正体は、夏目-?実技合宿以来、そんな疑念が拭いきれない春虎。北斗への自分の気持ちが整理できないままの春虎は、夏目に対しても今までのように接することができず、二人の仲は次第にぎくしゃくしたものとなっていく。一方、『上巳の再祓』以降、その脅威が現実的なものとなった『D』は、陰陽庁に宣戦布告。事態を重く見た陰陽庁は『十二神将』を配置し迎撃を試みる。いち早く情報を察知した陰陽塾でも、警戒を強め、密かに準備を整えるのだが-!?すれ違う式神と主、激しさを増す陰と陽の戦い。若き闇鴉たちを取り巻く戦いは、いよいよ本格的になり!?

ツイートする