紅茶館くじら亭ダイアリー シナモン・ジンジャーは雪解けの香り (富士見L文庫)

  • 44人登録
  • 2.40評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 伊佐良紫築
制作 : pon-marsh 
  • KADOKAWA (2017年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040721606

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

紅茶館くじら亭ダイアリー シナモン・ジンジャーは雪解けの香り (富士見L文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017年9月10日読了。
    題名に惹かれて買いました。
    高校生の主人公と、同世代と思しき喫茶店の店主が少々子供っぽく感じました。
    主人公は高校生だからまぁしょうがないか。
    その辺が少し読みにくさに繋がっているような……?
    登場する紅茶はどれも美味しそうですし、こんなお店が本当にあるのなら、ぜひ行ってみたい位です。
    でもマスターは先代の方が良いな。

  •  読み始めてすぐ、妙な読みづらさを感じてしまいました。どうにも文章がこなれていないのに加えて細部が雑。
     折角の洒落たお店の様子や港町の雰囲気が魅力あるものとして伝わってこない、こういった素敵なお店とちょっとした不思議をスパイスにした優しい風味の話はいくらでもあるので、もっと特徴を活かして文章や構成の全体をレベルアップしないとこの程度では如何ともし難い。

全2件中 1 - 2件を表示

紅茶館くじら亭ダイアリー シナモン・ジンジャーは雪解けの香り (富士見L文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

紅茶館くじら亭ダイアリー シナモン・ジンジャーは雪解けの香り (富士見L文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

紅茶館くじら亭ダイアリー シナモン・ジンジャーは雪解けの香り (富士見L文庫)の作品紹介

函館旧市街の外れ、坂の上の紅茶館「くじら亭」。人の心の動きを“匂い”で感じられる少女・彩は、同じ体質を持つ店主・怜二が営むその店で働く事に。やがて紅茶の香りに誘われ、不器用だけど優しい人々が訪れて――

紅茶館くじら亭ダイアリー シナモン・ジンジャーは雪解けの香り (富士見L文庫)はこんな本です

紅茶館くじら亭ダイアリー シナモン・ジンジャーは雪解けの香り (富士見L文庫)のKindle版

ツイートする