エルフと戦車と僕の毎日 II 我が祖国の名は(下) (カドカワBOOKS)

  • 10人登録
  • 5.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 佐藤大輔
制作 : 竿尾 悟 
  • KADOKAWA (2017年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040722542

エルフと戦車と僕の毎日 II 我が祖国の名は(下) (カドカワBOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これから面白くなりそうな、どーなるんだ?というところでプッツリ。
    なんとも残念としか言いようがない。

    未読の「遺作」も、あとわずかになってしまった。

全1件中 1 - 1件を表示

エルフと戦車と僕の毎日 II 我が祖国の名は(下) (カドカワBOOKS)のその他の作品

佐藤大輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

エルフと戦車と僕の毎日 II 我が祖国の名は(下) (カドカワBOOKS)はこんな本です

エルフと戦車と僕の毎日 II 我が祖国の名は(下) (カドカワBOOKS)を本棚に登録しているひと

エルフと戦車と僕の毎日 II 我が祖国の名は(下) (カドカワBOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エルフと戦車と僕の毎日 II 我が祖国の名は(下) (カドカワBOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エルフと戦車と僕の毎日 II 我が祖国の名は(下) (カドカワBOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エルフと戦車と僕の毎日 II 我が祖国の名は(下) (カドカワBOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

エルフと戦車と僕の毎日 II 我が祖国の名は(下) (カドカワBOOKS)の作品紹介

エルフ軍の鬼迫に圧されたラガニア陸軍は勝手に敗走、ユタカ達は辛くも勝利した。
少しも勝った気がしないユタカは、敵軍が捨てていった武器や弾薬で補給作業を指示し次の戦闘に備え動き出した。しかし、武器の弾薬の補給は思うようにいかず、要の戦車も未だ砲台がつかない状況であった。
そんな不安要素を山ほど抱え、奔走するユタカのもとへ、エルフ軍が『ケルタンのお気楽果樹園』でエスカナ正規軍と戦闘に入ったとの知らせが届く。
ミリタリーマニアのただの高校生・島田ユタカの本当の戦いはこれからだった。
俺TUEEEじゃない、異世界ミリタリー第2弾!

ツイートする