紅霞後宮物語 第零幕 二、運命の胎動 (富士見L文庫)

  • 61人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 雪村花菜
制作 : 桐矢 隆 
  • KADOKAWA (2017年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040724461

紅霞後宮物語 第零幕 二、運命の胎動 (富士見L文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小玉がガンガン昇進し、二十歳にして校尉となる。
    男運はないものの彼氏も何人かできては別れていく。
    そして、メイン登場人物との出会い編。
    明慧を筆頭に周文林や復卿等、愉しい。

  • 皇帝皇后になってからの話より、エピソード0の、この下っ端時代の話の方が、どちらかというと好きだな。どうして文林は自分より皇后押しなのか、これで解った。つまり、大抵の人と同様にタラされちゃったんだなぁ。

  • 始まりの、始まる前の物語。やっぱり明慧さんが一番男らしくて好き…!

全3件中 1 - 3件を表示

紅霞後宮物語 第零幕 二、運命の胎動 (富士見L文庫)のその他の作品

雪村花菜の作品

紅霞後宮物語 第零幕 二、運命の胎動 (富士見L文庫)はこんな本です

紅霞後宮物語 第零幕 二、運命の胎動 (富士見L文庫)を本棚に登録しているひと

紅霞後宮物語 第零幕 二、運命の胎動 (富士見L文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

紅霞後宮物語 第零幕 二、運命の胎動 (富士見L文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

紅霞後宮物語 第零幕 二、運命の胎動 (富士見L文庫)の作品紹介

軍人として覚悟を決めた小玉は、異例の速度で昇進し、二十歳にして校尉となっていた。そんな小玉のもとに、眉目秀麗にして武科挙に合格した英才が配属される。三歳年下のその男・文林は、何かと小玉と衝突して――?

ツイートする