Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない (角川EPUB選書)

  • 120人登録
  • 3.38評価
    • (6)
    • (12)
    • (17)
    • (6)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 泉田良輔
  • KADOKAWA/中経出版 (2014年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040800233

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
ベン・ホロウィッ...
伊賀 泰代
トマ・ピケティ
ジャレド・ダイア...
ウォルター・アイ...
ブラッド・ストー...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない (角川EPUB選書)の感想・レビュー・書評

  • 自動運転車という技術を用いて既存のプレイヤーであるトヨタに挑戦しようとするGoogle。数年前には考えられなかった構図であるが、これが夢物語ではなく現実に起きている話であるという。巨大な自動車業界を打ち崩しGoogleが自動運転車の覇者になれるのか?その方法とは?ということがこの本には書かれていた。強固に構築されたバリューチェーンを電気自動車で崩していき、参入を仕掛けていくそうである。携帯電話とか音楽プレイヤーもPanasonicやソニーの牙城だったのが崩れてしまったわけであるから現実になるかもしれない。

  • 自動運転の展望を知るために読んだがかなりハズレ。
    自動運転をダシに日本と米国企業のゲームチェンジ時の対応力を過去事例と共に筆者が警鐘をならすといった内容。まあ参考になる部分はある。

  • 次世代の自動車技術として自動運転は間違いなく上位にくる。ハードをやっているトヨタとソフトウェアをやっているGoogleとの覇権争いになる。ハードとソフトの融合をいかに上手にやるかで勝者が決まってくる。ハードウェア、ICT、エネルギー、安全性の承認、サービスプラットフォームとの掛け合わせ、ADAS、UAV(無人航空機)、都市デザイン、自動車のエネルギー源を変える、ハードウェア×ICT,インダストー4.0等将来の進むべき道が示されていた。このうねりを実感し、次の開発に結び付けていきたい。

  • この本をよむまで老舗自動車メーカートヨタに新生Googleが自動車で喧嘩を売るという構図だと思っていたが実際のところそんなに簡単な話ではなかった。むしろ自動車も会社を(もしくは国を)発展させるためのツールの一つでしかないということがわかる。

    自動運転車という分野自体が最近出てきたものなのでまだあまり本が出ていないことは残念だがこの分野に興味を持っているなら読んで損はないと思う。

  • 社長の推薦図書で、細切れに読んだので前半の記憶は朧気ながらの感想。あまり運転しない私だけどドライブは割りと好き。ドライブはオートパイロット(次世代自動車)、日常の乗り物としては自動運転車(次次世代自動車)の乗り分けが出来るのがよいかな。
    社長が推薦した理由であると思われる、うちの会社の目指すべき方向は何となく分かった。三年一緒にいて最近少しづつ理解出来るようになってきた。まだまだ完全な理解には遠いし、理解してもハードルは相当高いことも事実。読了日 2015

  • この分野の動向と課題を把握するのに適している。
    情報量も豊富である一方で、文章が簡潔で読みやすい。
    昨今乱立する「イノベーション」についても、本来の意味を正しく認識をしたうえで(日本であまり理解されていないイノベーションの意味P182)、論を展開しており、著者の仮説や主張がすんなり入ってきた。

  • 自動運転車のいま、ちょっと先、その先。企業の生き残りの道。ハード・ICT・インフラ。都市デザイン。イノベーション。

  • 現代において巨大資本を持つ企業が持つビジネス感には、なるほどと思うことも多かった。いろんな数値や情報を使って推論の精度を証明しており、真に経営に活用しようとしている上級職などには有意義な要素が多いのかもしれないが、ただの下級管理職の私には冗長に感じた部分が多い。

  • 読んでてワクワクした。

  • ICT(情報通信技術)企業であるGoogleが自動運転車技術を使って何を狙っているか、トヨタはそれにどう対抗すべきかが述べられた一冊。

    自動運転車技術はそれ単体で普及させるのは難しい。燃料(エネルギ)供給網・交通網等が自動運転に対して適するように設計される必要がある。つまりは、「都市デザイン」が重要となる。Googleは、この「都市デザイン」の基盤となるインフラを抑えることによって、次世代の覇権を握ろうとする戦略。
    インフラとは、自動運転車とそれに伴う交通制御システムやエネルギー供給に関わるOSだろう。

    アップルやアマゾンしかり、現在繁栄を極めているアメリカ企業は、そういった"システム(プラットフォーム)"を抑えている。

    自動車産業では、今のところ、そういったシステムをおさえた企業は登場していないが、異種業態であるGoogleがそれを構築する最初の企業になる可能性がある。

    トヨタも手をこまねいているわけではなく、自動運転車には着手しているし、都市デザインという点でも"スマードシティ"のテストモデルとして豊田市での試みが始まっている。燃料電池車"MIRAI"を他社に先駆けて発表したのも、都市インフラを含めた戦略を考えている証拠だろう。

  • この本が出たときは目新しかったのかもしれないが、今はネットでも類似の記事はたくさんあり、残念ながら新たに学ぶことはなかった。

  • 多様な観点でまとめられているが、タイトルに偽りあり、と思われるほど内容がぶれている。

全13件中 1 - 13件を表示

Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない (角川EPUB選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない (角川EPUB選書)の作品紹介

東京オリンピックを迎える2020年、そこに見える風景はまったく違っている。自動運転車がプロローグとなり、自動車産業は、新興自動車メーカーはもちろん、IT・通信・電力などさまざまなプレーヤーが参入する「異種格闘技戦」となる。主役となるのは、トヨタとグーグル-。

Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない (角川EPUB選書)はこんな本です

Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない (角川EPUB選書)のKindle版

Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない (角川EPUB選書)のAudible版

ツイートする