知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)

  • 191人登録
  • 4.00評価
    • (15)
    • (25)
    • (12)
    • (0)
    • (1)
  • 30レビュー
著者 : 池上彰
  • KADOKAWA (2017年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040821153

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界情勢を1から丁寧に教えてくれる良書。

  • とても読みやすく、分かりやすかった。いまの世界を知る第一歩としてはよかったが、これからの展望や深い洞察はなく、この本は知るきっかけにしかならないかもしれない。それでも面白かった。

  • まさに副題のとおり「自国ファースト」のリーダーが目立ってきているというのは、そう望んでいる国、国民が増えてきているからかもしれない。相手との差異をみつけて反目しあうのではなく、ダイバーシティを受け入れて、寛容になっていく必要がある。シンギュラリティを考えると、人間同士で反目しあっている場合じゃない。表紙に顔写真が入っている方が売れるのか、どうもちょっと「企業」の姿勢が見えてしまう。

  • 重要な時事キーワードをさくっと把握するための入門編としてちょうど良い。池上さんはリベラル目線が売りだけど、トランプ氏に対しては終始辛辣な評価。歴史は繰り返すが、愚かに過ちを繰り返さないために、知ることは大切。自国ファーストに動く世界の中で、原爆が落ちた国の国民としてどう意見を持つか。考えさせられる、コスパの高い一冊。

  • トランプ政権等欧米の自国ファースト、中東、イスラム国、ロシア、トルコ、中国・・・安倍政権、天皇退位ほか。

  • シリーズも8作目!
    年に一回は出版してくれるから新しい出来事を振り返ることができ、これまでの歴史を復習することができる!
    自国ファーストに走ってしまう気持ちは分からないでもないけど、そこをこらえてなんとかしていこうとするリーダーが必要!
    歴史は覚えるだけではなく、考えて学ばなければ!

  • 304||Ik

  • わかりやすい。個人的には米ソの対立構造が各国の問題の根元になっているという解説が勉強になった。

  • いつもながら分かりやすくて面白かったです。
    6章で構成されていて、順番に、トランプが大統領になったアメリカの状況、イギリスがEU離脱を宣言したヨーロッパの状況、中東状況、アジアの状況、グローバル化した世界全体、と来て最後に安倍政権下の日本の状況について記述されています。
    個人的に面白かったのが、北朝鮮の諸問題の解説の中で、池上さんの個人的な意見として、「金日成にしても金正日にしても金正恩にしても、強いコンプレックスを持っているのだと思います」と書かれていたのが、非常に同感で良かったです。
    国政に限らず、会社や学校などの小さなグループでも、北朝鮮みたいに独裁的に成り立っている集団って、必ずそこに主導者のコンプレックスがあって、周りの人間がそのはけ口になっている一面があると思っています。
    それから、池上さんのこのシリーズには、必ずと言っていいほどユダヤ教、キリスト教、イスラム教の起源についての解説があります。世界の大問題にはそれだけ宗教観と民族問題が付きものだということなんでしょうね。

  • 読むのにいささか時間がかかってしまったなぁ。それはさておき。

    シリーズ8巻目(!)となる本書では、2017年1月にトランプ大統領が当選したことにはじまり、世界中にジワジワと広がってきている「自国ファースト」の風潮に関して論じている。

    内容はこれの1ヶ月先(2017年6月)に刊行された『なぜ、世界は“右傾化"するのか?』(ポプラ新書、共著:増田ユリヤ)と重複する箇所も多いが、こちらはより包括的に世界情勢を述べたもので、併せて読むのも一興か。

全30件中 1 - 10件を表示

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
宮部 みゆき
又吉 直樹
佐々木 圭一
ピエール ルメー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)の作品紹介

池上彰の「知らないと恥をかく世界の大問題」(知ら恥)シリーズの第8弾。

2016年は、6月のイギリスEU離脱決定からトランプ大統領誕生まで、「自国ファースト」「反グローバル」「世界分断」の大きな流れが世界を包んだ。

この流れのまま、2017年の世界はどうなっていくのか? 

右派勢力の台頭が気になる欧州での選挙、第5次中東戦争のリスクの高まり、北朝鮮の暴走……など、大衝突の種が世界中に転がっている。世界秩序が再び崩れていくのか? 重要な一年となるだろう。

トランプ現象によって、世界の大問題がよりクリアになり、そしてそのニュースに多くの人が関心をもった。世界が抱える大問題に真剣に向き合い、いかに行動するかを考える――、そのよいきっかけにしなければいけない。

“世界のニュースの入門書”として定着した「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズが伝える世界の今。あふれる情報の中から、いかに本質を見抜くのか。考えるヒントを、最新ニュースを題材に語る。

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)はこんな本です

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)のKindle版

ツイートする