知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)

  • 162人登録
  • 4.00評価
    • (14)
    • (21)
    • (11)
    • (0)
    • (1)
  • 27レビュー
著者 : 池上彰
  • KADOKAWA (2017年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040821153

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)の感想・レビュー・書評

  • 世界情勢を1から丁寧に教えてくれる良書。

  • とても読みやすく、分かりやすかった。いまの世界を知る第一歩としてはよかったが、これからの展望や深い洞察はなく、この本は知るきっかけにしかならないかもしれない。それでも面白かった。

  • まさに副題のとおり「自国ファースト」のリーダーが目立ってきているというのは、そう望んでいる国、国民が増えてきているからかもしれない。相手との差異をみつけて反目しあうのではなく、ダイバーシティを受け入れて、寛容になっていく必要がある。シンギュラリティを考えると、人間同士で反目しあっている場合じゃない。表紙に顔写真が入っている方が売れるのか、どうもちょっと「企業」の姿勢が見えてしまう。

  • 重要な時事キーワードをさくっと把握するための入門編としてちょうど良い。池上さんはリベラル目線が売りだけど、トランプ氏に対しては終始辛辣な評価。歴史は繰り返すが、愚かに過ちを繰り返さないために、知ることは大切。自国ファーストに動く世界の中で、原爆が落ちた国の国民としてどう意見を持つか。考えさせられる、コスパの高い一冊。

  • トランプ政権等欧米の自国ファースト、中東、イスラム国、ロシア、トルコ、中国・・・安倍政権、天皇退位ほか。

  • シリーズも8作目!
    年に一回は出版してくれるから新しい出来事を振り返ることができ、これまでの歴史を復習することができる!
    自国ファーストに走ってしまう気持ちは分からないでもないけど、そこをこらえてなんとかしていこうとするリーダーが必要!
    歴史は覚えるだけではなく、考えて学ばなければ!

  • 読むのにいささか時間がかかってしまったなぁ。それはさておき。

    シリーズ8巻目(!)となる本書では、2017年1月にトランプ大統領が当選したことにはじまり、世界中にジワジワと広がってきている「自国ファースト」の風潮に関して論じている。

    内容はこれの1ヶ月先(2017年6月)に刊行された『なぜ、世界は“右傾化"するのか?』(ポプラ新書、共著:増田ユリヤ)と重複する箇所も多いが、こちらはより包括的に世界情勢を述べたもので、併せて読むのも一興か。

  • 【2017年15冊目】
    しばらく積読になってましたがようやく読了しました(><)

    今年もいろいろ世界の動きがありましたね!特にトランプ大統領に関しては世界的な関心事。ロシアとアメリカが仲良くなるなんて信じられない!!池上さんにしては珍しくトランプ大統領には感情的な批判が多く、読者の考える余地を狭めるような記述が多かった点は少し残念。。

    そうこうしてるうちに衆議院選挙ですね!みなさん投票に行きましょう!!
    政策面で違いが少ないから、どこに投票するか迷うところですが。。

  • 現在の世界の問題についてのアップデート完了。
    今回も非常に勉強になりました。

  • 池上節は本当に分かりやすい。
    分かりやすいが故に、読み飛ばしてしまう感もあるけど、基礎知識を得ると考えれば、こんなに浸透力の高い書籍も少ないだろう。
    世界を知る心を忘れないため、今後もこのシリーズは続けてほしい。

  • ほぼ毎年出版される池上彰さんの「知ら恥」シリーズ。第8巻の中心テーマは副題の通り「自国ファーストの行き着く先」。アメリカではトランプの大統領就任、欧州では極右政党の躍進や、イギリスのEU離脱問題が起きた。また、中東、アジアでも問題が山積み。日本国内では安倍長期政権などに言及。
    池上彰さんの本はとても読みやすいし、過去一年の世界の出来事を振り返るのにちょうど良いシリーズです。
    また、来年のこのシリーズが楽しみです。

  • 請求記号:319/Ike/8
    資料ID:50088201
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • <手に取った目的>
    アメリカトランプ政権のこと、北朝鮮が向かうところなど、帯にもあるとおり激変期の世界情勢を勉強するために買ってきた。


    <読み終わりました>
    トランプ大統領アメリカファースト、イギリスのEU離脱、どうなっていくのだろうか。

  • シリーズ8作目

    毎年必ず購入してできるだけ早く読むようにしている。
    相変わらず本当に世界情勢がよく分かって勉強になる。

    過去の歴史は確実に私たちの今に繋がっていると痛感させられることがいっぱいある。
    今、起きていることは必ず過去の何かと繋がっているんだということを考えさせられる。
    池上さんは、その"何か"を見つけることが出来る人。
    繋がりを発見したとき、きっと『気持ちいい』だろうな(笑)
    その"何か"を自分で見つけることが出来るようになるためには勉強を日々続けなければならないんだろうな(@_@)
    一番は、新聞を毎日読むことからなんだろうけど、言うほど簡単じゃないんだよな~(笑)

  • 大事なことは何度も出てくる、という受験時代の参考書のように、第1弾から重複する説明もあるものの、ざっくり俯瞰して、物事を単純化しながら世界情勢を眺めるのに、これほどわかりやすいシリーズはない気がします。

  • 戦争が起こるのか、否か。

  • シリーズのどの本もそうですが、もっと深く知りたい、勉強しよう、と思わせてくれる書き方です。

  • 昨今の世界情勢が簡潔に説明されているので毎回楽しみにしてるシリーズ。
    今作の大きな事象はトランプ大統領とブレグジットの2つでしょう。
    どちらも自国ファーストの考え方からきています。
    池上彰さんも最後に仰っていたように歴史から学ばないリーダーとそれを求める民衆が多数派になってしまうとどうなるかは歴史が証明してます。
    歴史は繰り返す。
    池上彰さんのトランプ大統領に対する嫌悪感が本からも伝わってくるようです。
    次の9巻を楽しみにしながら、なにも事件が起こらずこの本がつまらなくなっていればいいなと願います。

  • 毎年恒例の新書。やはり、分かりやすい。
    普段、分かった気になって読み飛ばしている新聞記事ち改めて目を向けるいい機会になりそう。

  • いつもながら解りやすく、大変勉強になりました。
    永久保存版です。

  • 自国ファーストが飛び交う世界。イギリスでブレグジットが起きる。移民に職を奪われることから移民を敵視する。しかし実際には多くのイギリス人がやりたがらない肉体労働であったり。マスコミの報道が表面的な部分しか伝えないことが移民排除の原因だったり。アメリカのトランプ大統領が生まれた構図も似たものかもしれないけど既存の世界に不満を持ってきたひとが多いのも事実。日本でもヘイトスピーチが出現して似たような構図なのかもしれない。
    民主主義=多数決の世界が必ずしもよい方向に動くとは限らない。自分達の考えが知らぬ間にどこかに誘導されていたり、少数であるが故に虐待されたり。最良ではないけど最適な手法としての民主主義。
    じゃ強い指導者がいれば良いかと言うと、次の指導者が優秀とは限らない。この先AIが発達して、人を越える優秀な指導者に委ねるのもありかも。これも真面目すぎて人間味がないとか言い出しそうな人もいたり。

  • 2017/7/27
    知らないと恥をかく世界の大問題の8作目。この本が発売される直前までの世界の出来事やニュースを交えて政治、経済、文化の面に触れて解説してくれる内容となっている。このシリーズの本を読めば、宗教のこと、世界の動きのこと、外国の様子などがある程度、概略ではあるけれどもつかめてくる。また、報道されているニュースの背景についても自分なりに考える材料がもらえる。
    世界の動きは今、アメリカ大統領がトランプ氏に変わったことを契機に大きく動き出そうとしている。それが良い方向なら良いのだが、どうやらそうではないらしい…。また、未だ世界に根強く残っている宗教の問題にも目が離せない。イスラム国をはじめとする宗教の対立や戦争は中東の国を大きく巻き込んでまた、新しい紛争を起こそうとしている。
    今後のこうした世界的な問題を解決するためにはやはりこれまでの歴史をしっかり勉強して同じことを繰り返さないようにするしかないのであると実感させられる。また、ただ勉強するのではなくそこから自分はどう考えるか、何を感じたのかを発信していくとこともとても大切になってくると思われる。

  • 本だと本領発揮できなくね?テレビの方がわかりやすい笑

  • 面白いけど、「おさらい」がややうっとおしい

全27件中 1 - 25件を表示

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)の作品紹介

池上彰の「知らないと恥をかく世界の大問題」(知ら恥)シリーズの第8弾。

2016年は、6月のイギリスEU離脱決定からトランプ大統領誕生まで、「自国ファースト」「反グローバル」「世界分断」の大きな流れが世界を包んだ。

この流れのまま、2017年の世界はどうなっていくのか? 

右派勢力の台頭が気になる欧州での選挙、第5次中東戦争のリスクの高まり、北朝鮮の暴走……など、大衝突の種が世界中に転がっている。世界秩序が再び崩れていくのか? 重要な一年となるだろう。

トランプ現象によって、世界の大問題がよりクリアになり、そしてそのニュースに多くの人が関心をもった。世界が抱える大問題に真剣に向き合い、いかに行動するかを考える――、そのよいきっかけにしなければいけない。

“世界のニュースの入門書”として定着した「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズが伝える世界の今。あふれる情報の中から、いかに本質を見抜くのか。考えるヒントを、最新ニュースを題材に語る。

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)はこんな本です

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)のKindle版

ツイートする