棋士の一分 将棋界が変わるには (角川新書)

  • 61人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (6)
    • (12)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 橋本崇載
  • KADOKAWA (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040821207

棋士の一分 将棋界が変わるには (角川新書)の感想・レビュー・書評

  • ハッシーの愛称で呼ばれる橋本崇載八段。
    棋士としては珍しくテレビ出演やパフォーマンスに目が行きがちですが、この人の指す将棋は王道。好きな棋士の一人です。
    そんなハッシーの今の将棋界の構造的問題点、これから必要な改革。物理的な面と棋士一人一人の意識的な面と両面で熱く語っています。
    読んで感じたのは、今の将棋界は完全に時代の流れに乗り遅れてしまったこと。そして、組織としては残念ながら脆弱な面が多いという事を感じさせるものでした。
    「棋士」という矜持、ステータスだけでは食べていけない時代であるという事を認識する時に来ている。そんな現状を語っています。

    また橋本八段はコンピュータ将棋について批判的なスタンスがイメージとしてありますが、常にコンピューター将棋がダメ!と言っているのではなく、そもそもコンピューター将棋とプロ棋士の将棋では見ている方向が違うといった事を言っています。コンピューターと人の勝負自体がナンセンスであるという意図を感じました。

    有限の盤石で最善手だけを求めるなら確かにコンピューターですが、人と人との真剣勝負における醍醐味。読み合い、駆け引き、大逆転劇、そして興奮。そうした要素も含めてプロ将棋なのに、最善手(正解、不正解)だけがフォーカスされていることが問題であると。
    人なんだから間違いもするし、一か八かの勝負手も指すしだからこそ面白いのにそうした部分を排したゲームはもはやゲームとして成り立たない。

    橋本八段の将棋界に対する危機感。今のコンピューター将棋とプロ棋士についての考え、これからの将棋界について知ることのできる一冊です。

  • なんでだかなんとなく読む。
    ちょっと落ち着いてゆっくりされた方がよいのではないでしょうか。

  • 著者の本はこれが初めてだが同年代であり将棋ファンの自分としてはもちろん知っていた。
    本書は現在の将棋界に一石を投じる内容となっている。故米長邦雄や疑惑の三浦九段に対しての見解も多くその内容は批判が多い。SNSなどで発信していた見解とは違う箇所もみられ正直内容的には閉口する箇所が多い。文章も全体を通して一貫性がみられない印象もある。
    言いたい事は分からないでもないがあまり同調できる内容ではなかった。それでも一般の人にはあまり知ることができない将棋界の内容を赤裸々に綴ってあり読む価値がないとはいえないが。。。

  • ハッシー、好きになった。
    shogi barもまた行くよ。異端児は、いつの時代も孤独だな。

  • 今年(2016年)の棋界は大きな出来事がいっぱいありました。
    碁の世界では趙名人が電脳碁に2勝1敗。将棋界では竜王戦における三浦九段の「ソフト使用疑惑による出場停止処分」。
    橋本8段のこの本では「将棋ソフトと棋士の対決の是非」にも触れています。しかしそれは「たまたま出版時期がそうだったから」。根本には「将棋をどう守り普及していくか?」という本です。
    連盟の「ゆるさ」。直前まで理事長を長く務めた棋士の功罪。
    橋本8段といえば、金髪で対局したり、二歩負けを喫したり話題に事欠かない棋士です。しかしその考え方は浮ついたものではなく、しっかりとしています。

全5件中 1 - 5件を表示

棋士の一分 将棋界が変わるには (角川新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

棋士の一分 将棋界が変わるには (角川新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

棋士の一分 将棋界が変わるには (角川新書)はこんな本です

棋士の一分 将棋界が変わるには (角川新書)のKindle版

ツイートする