RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)

  • 1860人登録
  • 3.93評価
    • (172)
    • (336)
    • (200)
    • (13)
    • (0)
  • 195レビュー
著者 : 荻原規子
制作 : 酒井 駒子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041000540

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ2作目
    高校生活スタート!
    新たなキャラがでてきて、それもたくさん。
    この人は泉水子にどんな影響を与えるの?敵?味方??と
    わくわくしながら読んでました。
    楽しい~!(^^)!
    相変わらず泉水子は、新しい生活にドギマギしているけど、少しずつ自分に殻を破ろうと頑張ってる。健気でかわいいなぁ♫

    もうでてこない?いやいやそんなことはないだろう・・と思っていた和宮。
    意外だったけど、やぱり出てきたね。

    次作も楽しみです♫

  • 敵か、味方か、鳳城学園で出会う個性的な面々。

    真響が出てきたことで、深行をめぐるライバルになるのかと思いきや、そうでもない。では、真夏かというと、そうでもない。いうならば、仲間。真澄の存在が鍵。真響のカッコよさは、女子的に憧れ。相変わらず雪政が胡散臭い。

    タイトルにも入っている化粧は、本当に最後の最後だけど、すごく大切。化粧って本来は儀式的なもので、女の子にとって、強力なものだよね、と思い出す。荻原さんの、こういうアイテムの使い方が好きです。

  • 荻原規子の"RDG"シリーズの第2巻。泉水子の決意の新生活がスタート。彼女が鳳城学園に入学したことによって、物語が動き出します。先に転校していた深行、ルームメイトの真響、真響の弟真夏など、彼女を取り巻く人間関係もだいぶ広くなっていきます。着実に1歩1歩進んでいこうとする彼女の前に暗い影が…。前巻に比べて異能バトル成分を増しています。どうやら、この学園にも色々と裏があるようです。泉水子と深行は無事に自分たちの望む未来をつかむことが出来るのでしょうか。一気に登場人物が増えて、学園物としての楽しさも増しました。

  • 高校に場面を移し、主人公以外の主要なキャラクターが出てきて、いろんなイベント発生。さらさら読めて、あっという間で、楽しめました。最後にまさかの和宮くんカラスで復活??
    でもまだ序の口宵の口。これからですな。ということで次巻へ続く。
    東京に来て、中央線沿線に住んでいるのに高尾山に登ってないなー。いつか行かないとなー

  • 面白いです。読むほど、この世界観に引き込まれます。

  • 東京の高校に進学した泉水子。その学校はちょっと変わった学校らしい。

    やっとタイトル「レッドデータガール」の意味が分かった!
    少しずつ全体像が分かってきたような、まだまだ一部なような。
    先が気になります。

    泉水子と深行の成長も大事なテーマなんだなぁと思う。
    でも泉水子が変化を起こそうとすると、大丈夫⁉︎とハラハラする。。

  • 鳳城学園に入学した泉水子。そこで新たな仲間、宗馬真響、真夏と出会う。
    1巻は学園モノという感じではなかったが、この2巻からはガッツリ学園モノで、すぐ読む事ができた。
    深行とも1巻よりは仲良くなり始めたのでは・・・?と思った所で雪政が登場し、また深行が頑なになってしまうし。
    泉水子はいつまでも自分に自信がない子なので、深行といる自分に負い目を感じてしまったりというやきもき具合。
    でもラスト近くの痴話喧嘩?には微笑ましいものを感じ、次巻も二人の仲の進展が楽しみでもある。

  • また、いろんなキャラが登場して複雑化しております☆

    泉水子が今までの自分から殻を破ろうとしているところが自分に勇気をくれる。

    実在は実際にしていないけれども、がんばろうって思う。2013.11.20

  • 13.11.14
    物語が進むにつれて、泉水子の性格が気にならなくなるのは、泉水子が外に出て成長しているからかな。
    深行も真夏も真澄も好きだ。
    アニメを見たあとなので、アニメのままのキャラデザインで脳内再生されてしまうのが残念。あのキャラデザインは好きだけれど、知らなかったときには戻れないもの。

  • 2巻も317ページほどで一気に読了。
    未だに大きな目的がわからず・・・・。
    まだまだ登場人物も出てくる様子、どうなってくんでしょ
    収拾がつくのか?とりあえず3巻もつられて読み続けます。

全195件中 1 - 10件を表示

荻原規子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)に関連する談話室の質問

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)に関連するまとめ

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)はこんな本です

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)の作品紹介

生まれ育った紀伊山地を出て、東京の鳳城学園に入学した鈴原泉水子。学園では、山伏修行中の相楽深行と再会するも、二人の間には縮まらない距離があった。弱気になる泉水子だったが、寮で同室の宗田真響と、その弟の真夏と親しくなり、なんとか新生活を送り始める。しかし、泉水子が、クラスメイトの正体を見抜いたことから、事態は急転する。生徒たちは特殊な理由から学園に集められていた…。大人気RDGシリーズ第2巻。

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)のKindle版

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)の単行本

ツイートする