かれん (角川文庫)

  • 39人登録
  • 3.20評価
    • (3)
    • (3)
    • (9)
    • (5)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 安達千夏
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041000960

かれん (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不幸なことに、別れは突然訪れる事がある。
    そんな時、誰もが「あの時、こうしていたら...」と思わずにはいられないだろう。
    そう後悔することで、実は自分が救われたいのだ。
    赦されたいのだ。
    一度、発してしまった言葉は戻らない。
    そう思ってしまった心は消せない。

  • 死んでしまった人の身代わりになる仕事。雪野は自身も義理の姉を亡くしていて自分の存在意義を問うていた。悩み、苦しみながらも身代わりの仕事を遂行する雪野。人間として強く優しくなっていく過程が勇気をもらえる。

  • またまた、切ない本でした。
    恋愛小説なのに、先を読み急がせるのは、すごい。

  • 120308

  • 何故か弱いんだ、この人の文章は。
    悲しくも何ともないくだりで、いつも涙ぐんでしまう。

    何故だろう。

    もちろん胸を締め付けられるような清冽な痛み漂う文章も、この人の持ち味なんだけど。

    この人の紡ぐ言葉に、織りなす世界に、私の涙腺を刺激する何かが潜んでいるらしい。

  • 心に残るきれいな小説だと思います。
    でも、「モルヒネ」ほかの小説に比べると、主人公にあまり共感できなかった。
    マスコミの生臭い話が少し入ってきてしまうからかな。

  • 地球儀をぐるぐるまわして、ボーっと眺めたくなる、そんな小説。

    人はみんな、現実と幻想のあわいで生きてる

    そうだなぁ・・・と思った。

  • フリーアナウンサーの雪乃が請けた仕事とは、亡くなった妻千勢の代わりとして過ごすことだった。

    娘を失った現実を受け止めきれない父と接する中で、日記からは解けなかった千勢の姿に近づいてゆく。

    私は恋愛小説としては読めなかった。亡くなった「千勢」の想いを辿りながら、彼女が歩んでいたものとは別の道を「雪乃」が進めてゆく……そんな印象が残ったからだ。

    そして雪乃は千勢では辿り着けなかった“答え”に行き着く。その“答え”は雪乃を含め、様々な人物の一歩に繋がる。
    その変化こそが、この作品の面白さなのではないだろうか。

  • 前作モルヒネ同様、生と死という究極のテーマのなかに独特の愛を漂わせています。
    静かな静かな…まるで流れる川を見ているような気分です。

  • 1/29読了。

    優しい小説なのかもしれないけれど、特に何も残らず。

    この著者の作品はたぶん、「モルヒネ」を含めて数冊は読んでいるはずだが、あらすじを見てもよく思い出せない。そのくらい、個人的には毒にも薬にもならないものなのかも。

    …っていうとひどい言い方だけれど、読んでいる間の高揚感は適度にあるし、読後感も決して悪くない。文章も秀逸だと思うし、設定や登場人物も面白い。

    ただ、何かが残らないのは、(他の作品は覚えていないのでなんとも言えないが、この作品について言うなれば)最後に大きな展開もなく、衝撃的なことも少なく、ちょっと変わった人の日常を覗いたのかな、みたいな、フィクションの世界のことなのになんとなく普遍的に感じる物語(または文章)だからなのかも。

    江国香織もそういう雰囲気はあるが、でもやはりどこかが違う(個人的には特に結婚前の江国作品が好き)ような…。

    ま、読むだけの人間がえらそうに語るのは簡単ですがw

    エンタメや恋愛小説としては分からないけれど、優しい女性の物語が読みたいのならば、お勧めできる一冊であると思う。

全10件中 1 - 10件を表示

かれん (角川文庫)のその他の作品

かれん (角川文庫) Kindle版 かれん (角川文庫) 安達千夏
かれん 単行本 かれん 安達千夏

安達千夏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

かれん (角川文庫)はこんな本です

かれん (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かれん (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かれん (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする