グレイヴディッガー (角川文庫)

  • 598人登録
  • 3.86評価
    • (58)
    • (128)
    • (77)
    • (7)
    • (2)
  • 70レビュー
著者 : 高野和明
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041001646

グレイヴディッガー (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グレイヴディッガー、それは墓の中から蘇った死者。復讐の為、法で裁かれない罪人を次々と殺していく。八神、それは悪党だけど善人。人生をやり直す為骨髄ドナーとなり白血病患者を救おうと奮闘する。
    謎の集団を追いかけるグレイヴディッガー、謎の集団になぜか追いかけられる八神。復讐劇と逃亡劇が東京都内で所狭しと繰り広げられる。氷と炎のようなふたりが出会った時ドキドキが最高潮に。
    果たして八神は無事に入院先の病院にたどり着き白血病患者を救う事ができるのか。グレイヴディッガーは復讐を成し遂げる事が出来たのか。本当の悪人の結末は…。

    殺害方法が魔女狩りの拷問の手法とあり、それはもう残虐で読みながら怖くて泣きそうになった。そこまでの復讐をする理由をもう少し明白にして欲しかった。
    ラストはグレイヴディッガーの願いが通じたということかな。オカルト的でちょっとどうなんだろうとも思うけど(笑)

  • ジェノサイドで高野和明を知り、13階段でやっぱり面白いと確信しての、グレイヴディッガーです。

    発行順序はバラバラに読んでしまってますが、手に汗握り度でいうとジェノサイド、13階段、本書の順。
    自分の中でのハードルが上がりすぎていた感も過分にありますが。

    相変わらず緩・急・緩・急・急・急・緩ってノリのリズムで飽きさせない運びは最高。
    でもなんだろう。少し物足りない。そして削られた3行とやらが気になって仕方ない。

  • 後半からラストにかけての疾走感がハンパない! 骨髄ドナーとして患者を救うために、八神はグレイヴディッガー、M、警察から逃げきれるのかハラハラして一気読みしたいと思う一冊です(^^)

  • 作品自体はとてもいいのですが、自分の性格として、この手の設定に抵抗があって、正しく評価できません。

  • 先日のジェノサイドに続く高野作品。
    ノンストップエンタメ!と裏表紙にあるが、まさにその通りで読み始めたらやめられない。

  • 2017.5.16 17

  • ジェノサイドが面白かった為読んでみた。
    読み進めるうちに、どんどん引き込まれた。
    墓掘人の話の時は、本当に背筋が凍る思いをした。
    そんなことは初めてだった。

  • 面白かった。久しぶりにいいのを見つけた気がする。

  • この込み入ったストーリーをよくぞ描き切ってくれました。
    凄い。巧いなぁ。感心します。

  • 高野和明では三冊目の本、一冊目の「13階段」同様、大満足。主人公が警察の目を避けながら目的地へたどり着こうとする中で出くわす様々な障害や展開は、本から目が離せない緊迫感が満載だった。

全70件中 1 - 10件を表示

高野和明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
高野 和明
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

グレイヴディッガー (角川文庫)はこんな本です

グレイヴディッガー (角川文庫)を本棚に登録しているひと

グレイヴディッガー (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

グレイヴディッガー (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グレイヴディッガー (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

グレイヴディッガー (角川文庫)の作品紹介

八神俊彦は自分の薄汚れた人生に区切りをつけるため、骨髄ドナーとなり白血病患者を救おうとしていた。しかし移植を目前にして、都内で連続猟奇殺人が発生。事件に巻き込まれ、容疑者として手配された八神は、命がけの逃走を開始する-。八神を追う警察、謎の集団、そして殺戮者・墓掘人。八神は追跡をかわし、患者の命を救うことが出来るのか?稀代のページターナーが放つ、ノンストップ・エンタテインメント。

グレイヴディッガー (角川文庫)の単行本

ツイートする