ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)

  • 237人登録
  • 3.00評価
    • (2)
    • (17)
    • (40)
    • (15)
    • (3)
  • 26レビュー
著者 : 高橋由太
制作 : Tobi 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041001943

ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  最後の最後で失速してしまった感じ。決して悪くはないし、終わり方も綺麗だったが途中がよくなかった。とにかくワンパターン。登場人物たちの性格を考えれば当然の行動をしていたのだが、とにかく展開が同じで次第に緊張感がなくなっていってしまった。さらに小次郎と宿敵時国が太刀を交えることがなかったのもよくない。序盤で太刀を交えて、終盤の展開であればより意外性が出たように思う。小次郎だけでなくぽんぽこの活躍も殆ど無く、外野、しかもゲストキャラが目立ってしまっていたのも残念なところ。ぽんぽこが目立てない一応の理由付けはされているものの、活躍できる舞台は用意されていたのでなおさら。余り話を大きくせずに1巻のようなちょっとした事件を解決するようなシリーズでも良かったかもしれない。

  •  今回は前巻からの続きで江戸城を占領した平安時代に生まれ、六百年を生きる陰陽師 安倍晴明とその母 葛葉姫と貧乏浪人 相馬小次郎との戦い。晴明らの狙いは"泰山府君の祭"と呼ばれる生者と死者を入れ替える術によって徳川家康を甦らせ、再び戦乱の世を巻き起こし、結果的に武士を根絶やしにすることであった。果たして小次郎は晴明らの野望を打ち砕くことができるのか?そしてそんな小次郎の前にある人物が立ちはだかるのだが…。
     
     今巻も有名な武将たちが多く出てきて個人的に興奮した。またいままでそれほど活躍が見られなかった人物が終盤で大活躍して盛り上がったなと感じる。少し残念な点としては登場人物があっさりと倒される描写が多く見られ、特にあの人があんな風に姿を消すとは思っておらず、もっと緊迫した場面を想像していたので拍子抜けだった。
    今巻で小次郎編は終了ということだが、次の巻からはどんな展開が待っているのか楽しみだ。早く読みたい、期待大!

  • うーん、いろんな武将が生き返ったりしてましたが、もうちょっと絞ってもよかったような、ような気がします。

  • なんか最後にまとめがあった
    わかりづらかったかもー
    でも二郎三郎よかったよー
    てか狸、、、、そりゃないよ、、

  • どっかの歴史物のゲームストーリーみたい。
    過去の名のある武将や陰陽師が蘇って、彼らと戦ってステージを進めていく。

    小次郎とぽんぽこの掛け合いが好きだったのに、二巻、三巻は一気にバトルものに。
    戸惑ってしまった。

  • うーん、(◎-◎;)
    壮大な内容にしすぎた感じ?(°∇°;)

    タイトルに有る通りぽんぽこが
    主人公なのがわかった(笑)

  • いままでの2冊に比べるとちょっと残念な感じ。
    話があちこちに広がりすぎて収集がついていなくて分かりにくい。
    ぽんぽこが強いのもなんとなくは分かったんだけど、結末若干お粗末さが・・・。
    次回シリーズに期待します。

  • で、前巻の続き。解決編であります。
    とはいえ、前巻の悪いところはそのまま。
    主要な戦いが裏で終わっちゃっている魔界転生といえば、雰囲気がわかってもらえるかもしれません。(^^;
    この手の商売の仕方をするなら、もっと早く成長しないと、ただのぱくり作家でつぶれちゃうんじゃないかと思うんですけどねぇ。
    光るところが全くないわけじゃないのにもったいない。

  • いろんな意味で残念><

  • ゜゜三( Д )ナ、ナンダッテー

全26件中 1 - 10件を表示

高橋由太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
畠中 恵
有川 浩
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)に関連する談話室の質問

ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)の作品紹介

狐の化け物・葛葉姫と、その子・安倍晴明に江戸城が占拠されてしまった!小次郎、廉也、弥生、そして過去から蘇った真田幸村、雑賀孫一らは、江戸城奪還のために城に向かうが、白狐の姿をした葛葉姫は、なぜか彼らを待ち受け、城に導くのだった。果たして小次郎たちにどんな罠と敵が待ち構えているのか-!?亡霊出現から始まった"ちょんまげ、ばさら"事件、最終決戦。江戸の空に火の粉と狸舞う!"小次郎編"完結。

ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)のKindle版

ツイートする