特等添乗員αの難事件I (角川文庫)

  • 1417人登録
  • 3.94評価
    • (135)
    • (230)
    • (131)
    • (14)
    • (2)
  • 160レビュー
著者 : 松岡圭祐
制作 : 清原 紘 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041002025

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

特等添乗員αの難事件I (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 意外と面白かった。ラテラル・シンキングか。

  • 万能鑑定士シリーズよりも糖度高め。
    壱条さんの格好良さはこの巻が1番かも?

  • ロジカルシンキングの莉子とは別の思考法であるラフテルシンキングを持つ絢奈が主人公の作品。
    莉子と似てるけどまた違った手法で真実に迫っていくのが面白い。
    万能鑑定士シリーズのキャラとの掛け合いもあって、Qファンにはたまらない作品です

  • 知識とロジカル・シンキングの莉子とは異なる思考法で事件を解決していく新ヒロイン・絢奈。閃きとラテラル・シンキング。昔流行った『頭の体操』を思い出したし、電球の問題はマイクロソフトの入社試験で出た問題じゃなかったかな。最後に詐欺師たちを自白させたやり方は面白かった。

  • ★★★ 3 きっかけは「万能鑑定士」シリーズを読んでいて。特等添乗員朝倉絢奈誕生までのエピソードが話の中心。ラテラル・シンキングという思考法を武器に絢奈が添乗員になっていく過程が書かれている。ただ、話の進み方が「そんなにうまくいかないだろ」というツッコミを入れたくなるほどスラスラ話が進むので話全体としての深みはない。軽く知識を入れる程度で読むのがいいかもしれない。(このシリーズ全体で言えることだけど)。とりあえずはこの続きも買ってあるので引き続き読んでいきたいと思う。

  • また育てる系か

  • 浅倉絢奈が特等添乗員αになるまで。

    莉子がそうだったように、
    絢奈も中卒で勉強が出来ない子だった。

    しかしある出会いにより成長し、
    特等添乗員αとなる。

    作中には莉子や小笠原も出てきて面白い。

  • 2015/10/2~10/9

    掟破りの推理法で真相を解明する水平思考―ラテラル・シンキングに天性の才を発揮する浅倉絢奈、22歳。新人ツアーコンダクターとして国内外を飛びまわる彼女は、旅先で発生するトラブルから難事件まで、予想もつかない手段で瞬時に解決する。中卒だった彼女は如何にして閃きの小悪魔と化したのか?鑑定家の凜田莉子、『週刊角川』の小笠原らとともに挑む知の冒険、ここに開幕。人の死なないミステリ最高峰、αシリーズ第1弾!

  • 万能鑑定士シリーズとは別の人の死なないミステリー。これも文句なしの面白さ。相変わらず勉強になるし。シリーズ読破決定。

  • 「浅倉絢奈」=「凜田莉子」
    「壱条那沖」=「小笠原悠斗」
    「能登厦人」=「瀬戸内陸」
    とりあえず、
    「能登厦人」さんに師事するにはどうしたらいいですか?
    Qとはまったく違うので、
    別物として読まれたほうが良いかな?

    個人的には「α」の方が好きかも?!
    キャラが「α」の方がたってるからね。

  • 鑑定士Qの人が多数出てきました。

  • この人の本はどれをとっても面白くあっと言う間に読み終わる

  • ひらめきの天才現る
    万能鑑定士Qを読んだ人には分かるだろう。そう、いかにもダメダメなこの美女が、あっという間に華麗な大変身を遂げるのだ。人の死なないミステリシリーズは、気楽にいつでも読めるのがよいところ。松岡ヒロインは、どれも毛色が異なっているのが珍しい。

  • ラテラルシンキング身に付けたい!

  • 松岡さんの著書は初読みだけど人が死なないミステリーってこういう感じなのかと感心。
    トリックを説明されてもわからなかったりしたけどそれ以上に絢奈の活躍が面白かった。

  • 水平思考に興味があったので。
    勿論小説なので水平思考を身に着ける為の指南書にはなりません。
    可愛いヒロインが難局を天性の質と努力で切り抜けていく様子を見てカタルシスを感じる為の話です。

  • 人の死なない、コージーミステリ。
    登場人物説明的な感じでミステリ度低めだったけど、次巻からはもう少し深めのお話が楽しめるのかな。

  • 横文字の難しい意味はわかんないしシリーズで初めて呼んだのがこの巻だけどなかなか面白かった。推理?してるのか本人は気づいてないかもだけどそれだけじゃないとこ、恋とかも少しあって読みやすかった。理屈の難しいことより感覚的に解決してしまうところが逆にさくさく読めたのかも。

  • 電子書籍のポイントがあったので何気なく購入してみたのですが、非常に面白くてハマってしまいました。
    電子書籍の手軽さも相まってどんどん読めてしまいます。読んでいる端末が防水のXPERIAだという事もあって、電車の中、ちょっとした待ち時間、昼食後の休憩時間、入浴中と隙間時間を使ってあっという間に読み終わってしまいました。

  • 作者得意の雑学バラエティー小説。サクサク読めて楽しいが、そろそろ飽きたかな?

  • 映像化もされるようですが、松岡圭祐のよさはやはり千里眼のころから変わらないスピード感と、説得力のレトリック。あっという間に読めるのもいいところです。

  • 各話ごとの謎が提示された次の瞬間、主人公の絢奈がラテラルシンキングを発揮して答えを推測する→それが正解、円満解決 というパターンの繰り返しで、読者に考えさせる余地を与えない。
    作者が作ったクイズを作者自身が答えているのをただみている感じ。
    絢奈の家庭や職場などの環境も、デフォルメしすぎで「こんなのあり得ないだろ〜」と感じてしまい、いまいち感情移入できなかった。

  • 万能鑑定士と対をなすシリーズ。鑑定士のほうはロジカルで、こちらはラテラル(閃き)。そこ(解答)に至るまでの過程が不明だけど、だからこそのラテラルなのだから、仕方がないのだけれど、都合よく進みすぎていると感じてしまうところも・・・。

全160件中 1 - 25件を表示

特等添乗員αの難事件I (角川文庫)に関連するまとめ

特等添乗員αの難事件I (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

特等添乗員αの難事件I (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

特等添乗員αの難事件I (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

特等添乗員αの難事件I (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

特等添乗員αの難事件I (角川文庫)の作品紹介

掟破りの推理法で真相を解明する水平思考-ラテラル・シンキングに天性の才を発揮する浅倉絢奈、22歳。新人ツアーコンダクターとして国内外を飛びまわる彼女は、旅先で発生するトラブルから難事件まで、予想もつかない手段で瞬時に解決する。中卒だった彼女は如何にして閃きの小悪魔と化したのか?鑑定家の凛田莉子、『週刊角川』の小笠原らとともに挑む知の冒険、ここに開幕。人の死なないミステリ最高峰、αシリーズ第1弾。

ツイートする