特等添乗員αの難事件II (角川文庫)

  • 1129人登録
  • 3.88評価
    • (75)
    • (198)
    • (107)
    • (5)
    • (2)
  • 105レビュー
著者 : 松岡圭祐
制作 : 清原 紘 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041002452

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

特等添乗員αの難事件II (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 姉に借りた本②

    能登先生は最後まで魅力的でしたな( ̄▽ ̄)ぜひ、私も教えを乞いたい。
    マカオのくだりは、My父の観光旅行写真と被る部分があったから、想像しやすかった。
    土地勘が無いと、観光の場面出て来ても頭に残らないものだね。
    あやなと乃愛のラストはジーンときた。

  • 2巻は個人的にかなり好きな内容でした。 序盤のとかは特にラテラルシンキングというか生活の雑学でしかないような気はするけどまあおもしろいし問題なし。ラストのやり取りは良かった。

  • 万能鑑定士よりも面白いかも。

  • 実際、添乗員さんってこんなに体力削っているのだろか。
    この巻で少し打ち解けたところがあって良かった。

  • 目まぐるしくストーリーが展開するシリーズ2作目。登場人物の関係にも変化が見られているので、今後の展開も楽しみです。

  • ラテラル・シンキングの申し子、浅倉絢奈。今日も旅先でのトラブルを華麗に解決していたが……
    聡明な絢奈の唯一の弱点が明らかに!
    香港へのツアー同行を前に輝きを取り戻せるか?αシリーズ第2弾!!

  • 香港・マカオ編。姉妹の確執と和解が重要なテーマ。冴え渡るラテラル・シンキング。雑学も面白い。UNDで始まりUNDで終わる英単語。カップの色で変わるコーヒーの味(茶色は強く、黄色は弱く、赤は濃厚に)。香港の男は背中を洗わない。

  • ★★★★ 4 添乗員として活躍する絢奈がミスをし、それ以来仕事面でスランプに陥る。恋人の一条とも意見の違いから仲が気まずい状態に。そんな状態のまま、マカオへと絢奈はツアーに出かけることになるというのがあらすじ。恋人の一条との仲も進展?し、1よりは絢奈の活躍、成長する姿もあり、楽しく読むことができた。文章が簡潔でスラスラと早く読めてしまうので深くキャラの心情を考えながら読むことができないのが難点。でも今回は良かった。つぎはどうなるのだろう。続けて読んでいきたいと思う。

  • 水平思考―ラテラル・シンキングの申し子、浅倉絢奈。きょうも旅先で発生するトラブルを華麗に解決していたが…予期せぬ事態に遭遇してしまう。聡明な絢奈の唯一の弱点があきらかになった。そして姉との埋まらない溝に加え、恋人のはずの壱条那沖との関係にもヒビが入り、公私ともに絶不調。香港へのツアー同行を前に、絢奈は閃きを取り戻せるか?

  • 必ず勝つ方法
    「赤黒2択で赤に100ドル、負けても赤に200ドル、それでもだめなら赤に400ドル。一度でも勝てばプラス100ドルの儲け。増えてからは最初に100ドル、300ドル、700ドル」マーチンゲール、グランマーチンゲール、パーレーダランベール

  • 2015/10/9~10/16

    水平思考―ラテラル・シンキングの申し子、浅倉絢奈。きょうも旅先で発生するトラブルを華麗に解決していたが…予期せぬ事態に遭遇してしまう。聡明な絢奈の唯一の弱点があきらかになった。そして姉との埋まらない溝に加え、恋人のはずの壱条那沖との関係にもヒビが入り、公私ともに絶不調!香港へのツアー同行を前に、絢奈は閃きを取り戻せるか?人の死なないミステリ最高峰、書き下ろしαシリーズ第2弾!

  • またもや痛快な展開。両親と姉との確執が解決したのが良かった。

  • 直感と言うより雑学王か。

  • もう、
    最初の数ページで「特等添乗員α」さん大活躍?!

    しかし、
    論理とか知識を超えて水平思考が有効なのかは不明だなぁ。。。
    論理とか知識をベースにあるものですよね?
    違うのかな?

    なぜやどうしてではなく「何のために」ですよね。
    復讐?
    ニートは国の宝かは不明ですな。

  • 気持ち良いくらい伏線を回収しまくり、気持ちの良いラスト。
    スられたお金は戻らなかったけど。

    姉との確執が解けていく様子に涙。
    そして、能登先生の言葉も深い。

  • 両親が完全悪者。

  • 特等添乗員αの難事件2巻、序盤、受験生親子のバスツアーに添乗員として、数々のトラブルを解決し大活躍の絢奈だったが、宿泊先の深夜の担当場所の見回りで、絢奈の唯一の弱点世間並の常識のなさで、泥棒一味に欺かれて取り逃がしてしまう。姉との埋まらない溝に加え、恋人のはずの那沖との関係にもヒビが入り落ち込んでしまう。秘密の目的のある議員達と一緒に乗り込む香港へのツアー添乗員として派遣された絢奈が、機内そして香港での事件解決の活躍を描く。まだまだ成長過程だが、旅先での無理難題の解答が素晴らしい。

  • 特等添乗員浅倉絢奈の活躍するシリーズ第2弾。
    旅行先で巻き込まれたトラブルを契機にスランプに陥る。
    スランプからの脱出なるか?また、恋人・姉との関係は?

    相変わらずの安定感で、安心して読める内容。
    莉子ほどあらゆる面に関する知識は登場しないが、
    旅・海外に関する情報がカバーしている点は好印象。

  • 人が死なないミステリー。緊張感あるし、散りばめられた伏線がしっかり回収されているから良い。回収の仕方が雑だったりはするけれど。

  • 添乗員シリーズ第二弾です。
    前回思いがけずくっついた絢奈と御曹司ですが、やはり二人の育ちの差というのは大きい。庶民とお金持ちの生活はこうまで違うものなのかと思わされます。もちろんそれを乗り越えるための努力や周りの応援があれば関係ないのかもしれませんが。
    事件は絢奈の失敗から始まり、きっちり片を付けるところで終わり、ストレスはないです。
    ただ今回は、CAであるお姉さんとの関わりに注目。
    でもお姉さんもすごい努力家。ただきれいで頭の良いだけの人ではなかった!
    この爽快感は、万能鑑定士シリーズより好きかもしれない。

  • 主人公カプ、喧嘩をするの巻。
    Qシリーズと比べて感情表現が豊かな感じ。
    絢奈の水平思考は正直、そこまでうまく行くのかなとも思うけど、那沖さんやお姉さんと喧嘩をしつつも良い関係を築いていってほしいなと応援したくなる。

  • 那沖とのすれ違い、そして姉との仲直り、今回も早いストーリーだと感じたけど楽しく読めました。

全105件中 1 - 25件を表示

特等添乗員αの難事件II (角川文庫)に関連するまとめ

特等添乗員αの難事件II (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

特等添乗員αの難事件II (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

特等添乗員αの難事件II (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

特等添乗員αの難事件II (角川文庫)の作品紹介

閃きの小悪魔が、公私ともに絶不調に!彼女は危機を超えられるか?
αシリーズ第2弾!!

ツイートする