鍵のかかった部屋 (角川文庫)

  • 2151人登録
  • 3.30評価
    • (55)
    • (175)
    • (311)
    • (73)
    • (11)
  • 201レビュー
著者 : 貴志祐介
  • KADOKAWA (2012年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041002865

鍵のかかった部屋 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4つの短編集。
    この著者さん大好きなんですよ。
    相変わらず面白かったです。

    が、
    ラストのお話は完全に楽しんでいますよねw
    青砥弁護士の壊れゆく様が可愛らしいです。

    お話的にはちょっと悲しかったけど。

  • う~~ん……
    今ひとつ私には余り面白くなかった……
    期待し過ぎて読んだから??

  • 月9ドラマ化!
    防犯探偵・榎本と弁護士・純子による、防犯探偵シリーズ第3弾!

    「佇む男」
    葬儀会社の社長が殺害された。現場は目張りされた密室。
    鍵を解くのは「次元をこえる」発想。
    「鍵のかかった部屋」
    表題作。題名からして読者に直球勝負!の今作は、
    クロースアップマジックや理科系の知識などを用いて、
    いかに密室が構成されたか、の盲点を突いた作品。
    「歪んだ箱」
    欠陥住宅を舞台にした密室を取り上げる。
    この作品では所謂倒叙モノで、第一発見者の行動が問題だった。
    ある道具の使い方が非常に秀逸で、まさに納得尽くめである。
    「密室劇場」
    あまりにも現実離れした劇団員たちが繰り広げる密室劇。
    脱出方法にはあ然。ちょっと前ブームだったような…。

    ミステリ:☆☆☆☆
    ストーリー:☆☆☆☆
    人物:☆☆☆☆
    読みやすさ:☆☆☆☆

  • セキュリティショップの店長・榎本径は、密室殺人の謎解きのプロで、こちらの本では、4種類の密室殺人事件に巻き込まれる。
    「硝子のハンマー」でも登場した榎本径のひょうひょうとした名探偵ぶりに、思わず笑いが込み上げてきます。
    パートナーの弁護士・青砥純子との凸凹コンビも漫才の様で、読んでいて何かと面白い。
    特に最後の、「密室劇場」はクドカンの脚本ばりにキャラ立ちしていてエッジが効いていて面白かった。

  • 2.3時間くらいで読めた。密室を華麗な手さばきで解決して、前作もそうだが、ただ、ほーっと眺める感じ。どう頑張っても思いつかない。

  • ドラマを見ていたので全部のトリックは解っていたがちょこちょこストーリーが違って、その差が面白かった。
    この次出ないのかなぁ。。。

  • 貴志先生の別の作品を探していたのだが、見つからなかったので
    繋ぎに購入してみた。
    あれ?この作品何か知ってるぞ!?と思ったら、
    娘が見ていた、嵐の大野くんが出ていたドラマの原作だったようだ。

    というわけで、この中の何作かトリックを知っていたが、
    文章が軽快でスピード感も早く、一日で読了してしまった。

    短編集なので、それぞれにそれほどのドラマや人間模様を
    見ることが出来ないが、短編嫌いの私が結構なスピードで読めたのだから、
    きっと面白かったのだろう(*^^*)

  • 元・空き巣狙いの会田は、甥が練炭自殺をしたらしい瞬間に偶然居合わせる。ドアにはサムターン錠がかかったうえ目張りまでされ、完全な密室状態。だが防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)の榎本と弁護士の純子は、これは計画的な殺人ではないかと疑う(「鍵のかかった部屋」)。ほか、欠陥住宅の密室、舞台本番中の密室など、驚天動地の密室トリック4連発。あなたはこの密室を解き明かせるか!?防犯探偵・榎本シリーズ、第3弾!<裏表紙>

  • 平成29年5月

    なんとなく貴志さんの本を読みたくなり手に取る。

    短編推理小説。

    って自分は基本的にあんまり好きでないんですよ。
    ただのトリックを暴いていくだけで、そこにストーリーがないからね。。。
    以上

  • 「佇む男」感想
    犯人はいっさい無駄なことはしていない。
    榎本に言わせると「まっとうな犯人」ではない犯人は、別解を自ら潰すという小細工に走る。
    密室を構成するものすべてが意味のあるものだと思い、あらためて事件現場である部屋を見直してみる。
    すると、あきらかに不可思議なものが見えてくる。
    淡々と犯行を進める殺害計画の肝である行為は、想像するだけでおぞましい。
    純子の的はずれな推理がいい息抜きにもなり、推理の隙間に落ちているひらめきを呼び起こすきっかけになるのもいい。

    「鍵のかかった部屋」感想
    榎本の古い友人として「サムターンの魔術師」の異名を持つ会田が登場する。
    完璧に目張りされた部屋。テープなどで異様に飾られた光景。
    呼びかけに反応しない甥の安否を確かめるため、必死に部屋に入ろうとする会田。
    しかし、「魔術師」である会田も解錠に手こずる。
    科学の知識をいかしたトリック。マジックの原理を取り入れば大胆な手口。
    会田への会話から垣間見える榎本の裏の顔が面白い。
    密室トリックらしい作品。
    犯行の致命的な証拠の品が、会田によってもたらされるのもいい。

全201件中 1 - 10件を表示

貴志祐介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

鍵のかかった部屋 (角川文庫)に関連する談話室の質問

鍵のかかった部屋 (角川文庫)に関連するまとめ

鍵のかかった部屋 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

鍵のかかった部屋 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鍵のかかった部屋 (角川文庫)の作品紹介

防犯コンサルタント(本職は泥棒?)・榎本と弁護士・純子のコンビが、4つの超絶密室トリックに挑む。表題作ほか「佇む男」「歪んだ箱」「密室劇場」を収録。防犯探偵・榎本シリーズ、第3弾。
2012年4月毎週月曜21時より、フジテレビ系にてドラマ化!

鍵のかかった部屋 (角川文庫)の単行本

鍵のかかった部屋 (角川文庫)のAudible版

ツイートする