ダブル・ジョーカー (角川文庫)

  • 2783人登録
  • 3.91評価
    • (252)
    • (532)
    • (291)
    • (30)
    • (1)
  • 318レビュー
著者 : 柳広司
  • KADOKAWA (2012年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041003282

ダブル・ジョーカー (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • ジョーカーは、2枚要らない。
    どちらが勝ち残るのかは自明だというのに、こんなにもわくわくする!
    狩るものと狩られるもの。その立場は簡単に入れ替わる。結城中佐かっこいい。素敵。
    スリーパーが、無事眠りに戻れたようで良かった。

  • やはりD機関はすごい。ここまでくると、本当に何が真実で何か仕掛けだか分からない。当然ですが、こんな世界には首を突っ込めない。本は面白い。続編はあるのかな。

  • ジョーカーゲームの時のように、d機関無双…というほどでもなかった。冷たい血が流れているような人間味が失われたスパイでも、ひょんな事から人間味が出てきてしまうところもある。人間こ脆さのようなものを感じた。

  • アニメーションにはなかった展開や
    設定の違いを楽しめる一冊。

  • 結城中佐は相変わらずの化物っぷりだった。

    D機関の面々も化物ではあるが、その中に人間味を感じる話もあって個人的には良かった。

    毎度文章としてもスラスラ読める。

  • 短編集。
    「ダブル・ジョーカー」
    同じカードは二枚も要らない。どちらかがスペアだ。
    "D機関"に対抗して作られた"風機関"。
    風戸は、結局スパイ機関を束ねるには経験も器も考え方もすべてが浅すぎた…という感じがした。
    自分の方が優っていると思った時点で、風戸の負けは決まっていたのかもしれない。
    「天保銭は使えない…」
    意味深なこの言葉に込められていた揶揄を、もちろん風戸は知っていた。
    エリート意識の象徴のような天保銭。
    風戸の負けを決定付けたものが、その天保銭だったことが面白い。

    「蝿の王」
    誰の手で、いつ、どんな情報が流れたのかさえ把握していれば、情報戦はむしろ有利に進められる。
    その上、敵の秘密通信手段を使って偽情報を流すこともできるんだ。
    スパイは手にいれた情報を伝えなければ何の意味もない。
    通信手段がとぼしい時代、前線での情報伝達の方法はスパイのレベルの高さを測るほど重要なものだったろう。
    「死ぬな、殺すな」
    結城によって叩き込まれた平時におけるスパイの鉄則。
    …殺したろ。
    何の罪もない人間を、スパイ活動のために殺害し罪の意識もない。
    "D機関"中で徹底されている結城の教えに比べると、他のスパイたちの行動がやけに素人臭く感じてしまう。

  • ハードボイルドだ。。。

    やっぱり男性向けの小説だなぁと思う。
    読みにくいわけではないが、自分はあまり得意ではない。

    短編だし、好きな内容ではないのに最後まで読んでしまった。
    最後まで読ませる何かがあるんだろうなぁ・・・。

    最後の一話にホっとして、★★★★。
    ↑こういう一話は大好きだ!

  • 前作を読んだのは3年以上前ですが、その時よりもこの第2巻の方が面白く感じました。
    柳さんの書かれている「漱石先生」とのギャップがまた愉快です。

  • D機関シリーズ#2

    基本パターンは変わらない(というより変えようがない)ため、少し新鮮さがなくなった気がします。面白いことは面白いけど、1巻ほどではないかなあ。
    続編に手を出そうか要検討といったところです。

  • D機関メインの話も、そうでない話もどちらも面白いという素晴らしさ。それでも「柩」がやっぱり面白い。最後の演出が心憎い。

  • ジョーカーゲームの続編。
    ジョーカーゲームの方がおもしろかった。

    今回のは訓練生がスパイとして活動する話。結城中佐が神ではないとわかってしまう話もあり、納得するも少し残念。おもしろかった。

  • 今回は完璧に見えた計画が些細なミスで失敗するというパターンの話が多かった。
    スパイも人間、スーパーマンじゃない。

  • 構成がややマンネリっぽく感じる。

  • アニメではやらなかったエピソードが重い。
    これだけ優秀なスパイがいても尚止められなかった真珠湾、アメリカの参戦。
    暗澹たる気分のまま次巻へ。

  • スパイ小説が 大戦時期を背景にして
    このように、巧みに えがかれると、引き込まれていく。
    日本という国の立ち位置が いろんな角度から
    見ることができる。

    ダブルジョーカー。
    風戸陸軍中佐は、諜報機関の設立を具申していた。
    阿久津陸軍中将が、風戸を直接呼び、諜報機関をつくることを任命した。
    その理由は、結城中佐がつくったD機関が目覚ましく
    成果を上げていくことに危機感を持ったのだ。
    風戸は、D機関の『死ぬな』『殺すな』が、気に食わなかった。
    元英国大使白幡樹一郎が スパイの容疑で 調査しろ
    という命令がくだされたが。
    圧倒的に 結城中佐が スパイとして姿をあらわさずに、
    任務を達成する。
    まぁ。旅館の女中と侮ったのが ウンの尽きですね。

    蠅の王
    慰問団の一行が 二重スパイを摘発すると警戒していた。
    慰問団は 荒鷲隊をわらわしたい。ということで、結成されている。
    ダジャレに次ぐダジャレ。関西のノリだ。
    脇坂軍医は 兄が 特高に殺されたことで、静かに 潜行した。
    社会的不公平を理論的に説明する。ふーむ。
    だれが 摘発する担当者なのか?

    仏印作戦
    陸軍と海軍が ベトナムに視察団をおくる。
    そこでの 通信の役割をする 高林。
    無線機をもたない陸軍の愚かさ。
    容易に 巻き込まれる 高林。そりゃ、分かるでしょ。

    柩。
    結城中佐のできた はじまりが 描かれる。
    舞台は ドイツだった。死なないという信念が、結城中佐を助ける。
    予測できない不意の『死』に対しても、対処する。
    整理整頓することで、身を守る。

    ブラックバード
    D機関で 養成された 仲根は、バードウォチィングで、
    つながりをつくっていく。
    アメリカ西海岸における 諜報活動。
    その潜入の仕方が 巧みで うまく潜り込むが。

    スパイは 発見されないこと という 基本が
    物語の 構成が うまく、こんなところに 結城がいた
    と思えるようにつくってあるが すばらしいなぁ。

  • 戦時期のスパイ小説の第二弾、短編集
    相変わらずおもしろい

    戦時中の雰囲気みたいなものが感じられるのも良い
    そもそもスパイなんて我々の日常ではないのだけれど、戦時中やスパイの雰囲気が表現されていてとてもおもしろい

    その中でもやはりD機関の影が出て来る瞬間
    そこが一番の見もの

    「そういう事だったんかー」「えーそうなの」みたいな

    パラダイス・ロスト、ラストワルツも読みたい
    その後も続編が続くと良いなぁ

  • 「柩」に胸を打ち抜かれる。スパイの生き様の孤高さをこれでもかと見せつけられた気分。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    結城中佐率いる異能のスパイ組織“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの諜報組織“風機関”が設立された。その戒律は「躊躇なく殺せ。潔く死ね」。D機関の追い落としを謀る風機関に対し、結城中佐が放った驚愕の一手とは?表題作「ダブル・ジョーカー」ほか、“魔術師”のコードネームで伝説となったスパイ時代の結城を描く「柩」など5篇に加え、単行本未収録作「眠る男」を特別収録。超話題「ジョーカー・ゲーム」シリーズ第2弾。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・ミステリー・スパイ・映画化

    【映像化情報】
    2015年1月31日映画化
    出演:亀梨和也・伊勢谷友介・深田恭子 他
    2016年4月アニメ化
    出演:堀内賢雄・関 智一・下野 紘 他

  • 対象者には自らの存在を完璧に悟らせず、徹底的に「見えない存在」でいるD機関の優秀なスパイたち
     とんでもなく用意周到に、かつ確実に対象者を踊らせてしまうのがすごい
    (華麗に踊らされた風機関の人たちはアニメより1.5倍は滑稽だった)

     収録作品のうち「ブラックバード」は、「柩」とほぼ同時期というところが興味深かった
     完璧であるはずだったスパイ活動が、重なってしまった不運のために起きてしまった誤算……
     突然の終焉が切なく、これから日本が転がり落ちていく先を思うと悲しい……

  • 夫が図書館で借りたので、ついでに私も読んでみました。
    太平洋戦争の時代、日本陸軍に秘密諜報員養成機関として設立された通称「D機関」。その活躍を描いたスパイ小説です。

    こういうジャンルはあまり読んだことがなかったのだけど、意外とワクワクしながら読めました。
    スパイってかっこいいもんね。超人的過ぎるきらいがあるけれど、ミッションインポッシブルなんかも超超人的だし、そのあたりは許容範囲♪

    ただ、読んでいるときは楽しめるのですが読後に残るモノはありません。
    エンタメ小説だと思えば・・・これでいいのか。

  • ジョーカーゲームの続編
    とは言っても各話オムニバスなのでこれから読み始めてもまったく問題ナッスィング
    今回はD機関に対抗する組織も出てきたり、D機関の人でもミスしたりな感じ
    それにしても、主人公がD機関外の人の話は誰がD機関の人なのか予想がつかぬ
    まぁ、「まさかこの人が?」と思われる人ではない人がホントのスパイという、将にD機関の方針のような展開なわけだけれども

    あと、主人公がD機関の人だと、なにがしかのミスが描かれてる気がする
    本人たちだけではなく他の組織も含めてね

    アニメ化されてない話も載っていて、ジョーカーゲームよりは新鮮な気持ちで読めた
    まぁ、アニメ化されなかった理由は邪推できるような部分もあるね

  • スパイものがあまり好きではないので低評価。でも、D機関には引き込まれる。

  • ヤバい。面白すぎる。
    第1話なんて、絶対こいつ出し抜かれるに決まってる、その情報提供者が怪しいってば、と思って読んでるのに面白い。
    結城中佐の現役(今でもそうとも言えるけど)時代の話、前作の大脱走の裏話、どれも全部ドキドキワクワクする話ばかり。
    続編も必読。

  • ジョジョ三部のジョースターさんばりに「オーマイゴッド」と叫びたい。そのあと、机ないしテーブルをばしばしと叩きながら、「なぜ、なぜ!」と悔しがりたい。そののち、無言で涙を流しながら、この出会いに感謝したい。

    つまり、もっと早くにこの本を読みたかった、ということです。第1作目と同じく、めちゃくちゃ楽しかった。読んでいて、面白いというよりかは、楽しいと思わせてくれる作品。
    表題にもなっている「ダブル・ジョーカー」はアニメのエピソードにも組み込まれましたが、少し脚色されているので、なるほどここを使ったのかとアニメ制作陣の手腕も同時に知れて楽しいです。「ロビンソン」の裏側が見られる「眠り男」も面白かったですし、後味の悪い「ブラックバード」も好きでした。が。

    今回収録されている話の中では、ダントツで「柩」が好きです。タイトルがまず秀逸。死ぬな、殺すなを信条とするD機関のスパイたちですが、彼らだってやはり生物学的には人間。いつか死が訪れますし、肉体だって不老不死ではない。でも、その誰にも平等に起きる死の瞬間でさえ、あれだけのウィルパワーを発揮できるのは、やはり尋常ではないと思うのです。
    整頓された家に無造作に置かれたアスピリンの錠剤や、書類にうすくかけられたタルカム・パウダー、ネクタイに止められたピンの位置。あえて自分の印象を薄くする。自負は持ちつつも、自分を駒のように扱う無慈悲さ。
    シリーズの中でたびたび語られる、「自分にはこれくらいできてあたりまえだ」という感覚は、もしかしたら、彼らに残された唯一の生きる方法なのかもしれません。

    平凡な人間は、特異な才能を持つひとを憧れ、妬みますが、普通になりえないひとは、拭いきれない孤独の中で生き続けなくてはいけなくて、それは想像を絶するしんどさなのではないでしょうか。
    遺体の目を閉じた結城中佐は、それを誰よりも知っているんでしょう。

全318件中 1 - 25件を表示

ダブル・ジョーカー (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダブル・ジョーカー (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダブル・ジョーカー (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ダブル・ジョーカー (角川文庫)の作品紹介

D機関シリーズ第2弾が文庫化!

結城率いる異能のスパイ組織”D機関”に対抗組織が。その名も風機関。同じ組織にスペアはいらない。狩るか、狩られるか。「躊躇なく殺せ、潔く死ね」を徹底的に叩き込まれた風機関がD機関を追い落としにかかるが…。

ダブル・ジョーカー (角川文庫)の単行本

ダブル・ジョーカー (角川文庫)のKindle版

ダブル・ジョーカー (角川文庫)のAudible版

ツイートする