ダブル・ジョーカー (角川文庫)

  • 2897人登録
  • 3.90評価
    • (263)
    • (546)
    • (305)
    • (32)
    • (1)
  • 332レビュー
著者 : 柳広司
  • KADOKAWA (2012年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041003282

ダブル・ジョーカー (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 太平洋軍司令部に勤務する元陸軍将校が、交際相手の中国人留学生に核兵器に関する機密を漏らしたらしい。所謂ハニートラップ。32歳下の美女によほど惚れ込んでいたのだろうか。

    ハニートラップなら楽しんだ時間はあるだろうが、こちらに登場するスパイは怖い…。D機関は「死ぬな、殺すな」の教えを部下に叩き込み、相手の裏をかいて暗躍する。どちらかと言えば男性読者に好まれそうなお話である。実際、結城の格好良さには痺れる。

    ハニーどころか謂れのない悪意に陥れられ、仲間は敵陣に特攻隊として派遣されることになり…虎の威を借る狐の作戦に不安ばかりの日々。フィクションならいいが、実際身に降りかかると胃痛のタネだ。

    だからって思い通りになんか、なってやるもんか。

  • タロットカード『魔術師』のアルカナには、強い意志、緻密な計画性、機知、適応能力、手腕、外交、策略などの意味があるらしい。
    魔王・結城中佐の現役当時のコードネームが『魔術師』であったことは決して偶然ではないだろう。

    登場は僅かであっても圧倒的な存在感を醸す『D機関』のボス、結城中佐。彼の伝説のスパイ時代と、一瞬垣間見える情を描く『柩』のエピソードが良かった。

    諜報活動の真の成功とはスパイの存在を認知させないことにある。
    その意味において、スパイ組織『D機関』の面々を主人公に据えながらも人物を直接に描くのではなく、背景を塗り、輪郭を丁寧に縁取っていくことによって実像が浮かび上がってくる構成が多いのが、このシリーズの面白いところだ。

    シリーズファンとしては、超人的な集団なので窮地に陥っても必ずや成功するであろうという安心感や慣れが出てくる。しかし、その限りではない。「死ぬな、殺すな」がモットーの組織であっても失敗は死を意味する。

    単行本未収録の『眠る男』は、前作『ジョーカー・ゲーム』を読んだ人ならニヤリとするはず。

  • 前回読んだ時に、第1弾でやめた自分を殴りたい(笑)
    とてもおもしろいじゃないかっ!
    今回はD機関のライバルが出てきたり、結城中佐の過去がわかったりと、盛り沢山でした。
    それにしてもいつも「この話に、D機関はどんな風に絡んでくるんだ?」とワクワクさせてくれるなあ。
    最後の「眠る男」も、「あっ、あの話のB面的な!?」と嬉しくなっちゃいました。

  • ジョーカーゲームの時のように、d機関無双…というほどでもなかった。冷たい血が流れているような人間味が失われたスパイでも、ひょんな事から人間味が出てきてしまうところもある。人間こ脆さのようなものを感じた。

  • スパイ小説が 大戦時期を背景にして
    このように、巧みに えがかれると、引き込まれていく。
    日本という国の立ち位置が いろんな角度から
    見ることができる。

    ダブルジョーカー。
    風戸陸軍中佐は、諜報機関の設立を具申していた。
    阿久津陸軍中将が、風戸を直接呼び、諜報機関をつくることを任命した。
    その理由は、結城中佐がつくったD機関が目覚ましく
    成果を上げていくことに危機感を持ったのだ。
    風戸は、D機関の『死ぬな』『殺すな』が、気に食わなかった。
    元英国大使白幡樹一郎が スパイの容疑で 調査しろ
    という命令がくだされたが。
    圧倒的に 結城中佐が スパイとして姿をあらわさずに、
    任務を達成する。
    まぁ。旅館の女中と侮ったのが ウンの尽きですね。

    蠅の王
    慰問団の一行が 二重スパイを摘発すると警戒していた。
    慰問団は 荒鷲隊をわらわしたい。ということで、結成されている。
    ダジャレに次ぐダジャレ。関西のノリだ。
    脇坂軍医は 兄が 特高に殺されたことで、静かに 潜行した。
    社会的不公平を理論的に説明する。ふーむ。
    だれが 摘発する担当者なのか?

    仏印作戦
    陸軍と海軍が ベトナムに視察団をおくる。
    そこでの 通信の役割をする 高林。
    無線機をもたない陸軍の愚かさ。
    容易に 巻き込まれる 高林。そりゃ、分かるでしょ。

    柩。
    結城中佐のできた はじまりが 描かれる。
    舞台は ドイツだった。死なないという信念が、結城中佐を助ける。
    予測できない不意の『死』に対しても、対処する。
    整理整頓することで、身を守る。

    ブラックバード
    D機関で 養成された 仲根は、バードウォチィングで、
    つながりをつくっていく。
    アメリカ西海岸における 諜報活動。
    その潜入の仕方が 巧みで うまく潜り込むが。

    スパイは 発見されないこと という 基本が
    物語の 構成が うまく、こんなところに 結城がいた
    と思えるようにつくってあるが すばらしいなぁ。

  • 「柩」に胸を打ち抜かれる。スパイの生き様の孤高さをこれでもかと見せつけられた気分。

  • D機関に対抗するように陸軍内部で作られた、もう一つの諜報機関。
    どちらが生き残るか…
    表題作が面白い!

  • やっぱり滅多なことでは表舞台に出て来ない結城中佐、かっこいいいい!でも、出し惜しみしつつ、ちゃっかり美味しいところは持っていきます。そんな中佐の勿体ぶったような登場の仕方が…好っきやねん…←

    中佐単推し(笑)の私のお気に入りはもちろん、表題作です(^p^)相手を飄々とやり込める中佐が凄く素敵なのです…
    あとはやっぱり、中佐の現役スパイ時代の「柩」でしょうか。敵方の手に落ちて拷問を受けるだって⁈ごちそうさまでーす!←
    と思わせて置いて、やっぱり中佐は若くても中佐なのでした←

    その他の作品は、結城中佐の部下達の活躍っぷりと、その影に見え隠れする中佐のラスボス感をたっぷり楽しむという、前作同様の短編集です。ここまでライトに読めるスパイ物ってないんじゃないかなあ。と思ったけど、そういえば私、スパイ物読んだことほとんどなーい\(^o^)/←←

    時代が徐々に太平洋戦争に近付いてきたのがちょっと気になりました。
    いざアメリカとの戦争始まったら、日本人は敵国で諜報活動ってできないよね、多分。戦時真っ只中の結城中佐の動向がとても気になりました。
    どっちかというと、戦争真っしぐらの軍部とは距離を置いて、停戦or終戦に尽力しそうだよね。っていうのは、夢見過ぎかしら…。見過ぎだな…。



    「躊躇なく殺せ。潔く死ね」
    結城中佐率いる「D機関」の存在を疎む軍部の意向で、もう一つの諜報組織「風機関」が設立された。エリート軍人のみで構成された風機関のメンバー達は、任務遂行の為なら自死も厭うべからずと教育されていた。
    そんなある日、D・風両機関に、同じ任務が与えられる。D機関を失墜させるチャンスに、風のメンバーは意気込むが…。

  • D機関の育成が順調に進んでいる様子が伝わってくる。まずは帝国陸軍内に非地方人で組織された風機関を一蹴する。そしてナチス情報部でさえ手球に取られる。痛快ですらある。前作「ロビンソン」の外伝となる「眠る男」が特別収録されて、なかなか面白い一冊となった。

  • 表題の「ダブルジョーカー」と「柩」意外は、なんだかモヤモヤした話が多い気がした。フィクションなので、スカッとするスパイものを、自分が求めてしまっているのかもしれない。
    現実には失敗もあるし、失敗した時の対策もキチンとしていないと、命取りになってしまう。どちらかというと、そっちの方がリアルだ。
    結城中佐の存在がチラチラ感じるけど、やっぱりスキが無くてカッコイイ。

    39

全332件中 1 - 10件を表示

柳広司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ダブル・ジョーカー (角川文庫)に関連するまとめ

ダブル・ジョーカー (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダブル・ジョーカー (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダブル・ジョーカー (角川文庫)の作品紹介

D機関シリーズ第2弾が文庫化!

結城率いる異能のスパイ組織”D機関”に対抗組織が。その名も風機関。同じ組織にスペアはいらない。狩るか、狩られるか。「躊躇なく殺せ、潔く死ね」を徹底的に叩き込まれた風機関がD機関を追い落としにかかるが…。

ダブル・ジョーカー (角川文庫)の単行本

ダブル・ジョーカー (角川文庫)のKindle版

ダブル・ジョーカー (角川文庫)のAudible版

ツイートする