空想オルガン (角川文庫)

  • 1080人登録
  • 3.96評価
    • (97)
    • (155)
    • (97)
    • (8)
    • (0)
  • 119レビュー
著者 : 初野晴
制作 : 丹地 陽子 
  • 角川書店 (2012年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041003794

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

空想オルガン (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • シリーズが進むにつれ、ますます面白くなってきた。空想オルガンには、あっ!と驚く結末。え、もうあの人は出てこないのかしら。出てこれないわよね。
    草壁先生の謎がちょっとずつ明かされてきた…… かな。
    高校生が解く謎にしては、ほんと重たいというかシリアスというか、今まで読んだ中ではめったにお目にかかれないパターンだと毎回思うんだけど、ラストがいつも希望に満ちているので私は好きだな。
    とにかく吹奏楽、これからも頑張ってね!

  • いつもの感じの連作短編集だと思っていたら、最後に裏切られた。とくに表題作はいつもの趣向とは違っていてびっくりした。
    全体的にいつもの勢いはなかったような気がする。残念。新しいシーズンが始まる次作に期待。

  • 「空想オルガン」私がその意味を知ったのはモンパト外伝でした。あちらも切なくあたたかい。
    「十の秘密」は、うーん?

  • 青春ミステリ、ハルチカシリーズ第3弾。今回もよかった!3話目の幽霊が出ると噂されるアパートの話が一番好きでした。これ、謎の解決でビックリ。画を想像するとかなりすごい!

  • ハルチカシリーズ第三弾!

    吹奏楽部のあれやこれや。
    実際は吹奏楽部のことよりも、寄り道回り道の方が多いのだけれど。

    「十代のお前たちは、ひねくれた大人になってしまった俺から見ればファンタジーだ。」

    ペガサスのような羽ばたき続ける若者たちのパワーはすごいな!
    その存在がファンタジーなんだけど、空想の生き物なんだけど、でも。
    大人になってから気づくことがたくさんあるよね、という話。

    ハルチカの行方を気にしつつ、千年ジュリエットの文庫化を待つ。

  • これもシリーズ順番前後してるから、登場人物に?ってなったけど、基本的にさくっと紹介はしてくれてるからまあ大丈夫w

  • ハルチカシリーズ第三作。再読。
    普門館には行けないB部門ながら地方大会に出場するところから始まる。
    大会の最中にも遭遇する謎の数々。犬の飼い主探しにギャルバンドの秘密、そしてハルチカが知らないところで進行するもう一つのドラマ。
    謎解きをする度に新しい絆が生まれ、新しい繋がりも出来る。真相はシリアスでも結末はホッとするのが良い。
    草壁先生の秘密は知ろうと思えば調べられるが、敢えてそれをせず今の草壁先生に付いていく、そして先生を普門館に立たせたいと願うハルチカが可愛い。
    ハルタの強烈な姉が登場。ハルタの一人暮らしの理由も分かる。
    肝心の本番シーンがカットされているのが残念だが、いよいよクラリネットが加わりそうで楽しみが出来た。
    最後の話はちょっと仕掛けが強引かな。
    表紙はやはり単行本みたいにクールな方が好き。

  • ヴァナキュラー モダニズムがいい。
    じいちゃんの愛をかんじるね。
    こんな大掛かりなお手本を考えるのも、実践するのもすごい。
    吹部の方は、トントン拍子に東海大会に進んでるけど、こっちの話しももう少しツッコんでほしいな

  • 巻を重ねるごとに良くなっていくハルチカシリーズ第3巻。著者の「書きすぎない技術」が向上している気がする。読み手の受け取り方に任せきって、文章が重くなりすぎないようになっている。深く考えずに読めばさらっと読めるし、いろいろ考えながら読むとゾクっとするような情報が隠れている。ここでそれぞれの短編が取り上げているのは、調停離婚+子供、遺産相続+血縁、家庭崩壊+依存症、オレオレ詐欺+家庭崩壊、、とここまで書いてようやく1冊に「家族とは?」というテーマが貫かれていたことに気づく。ハルタの姉が登場し、チカちゃんは大人になった将来を意識するようになる。
    戦争、政治、家族と続いて、4巻はどんなヘビーパンチが待っているのだろうか。世界、国、家族と来たから、このままだと個人の大問題が発生しそうだ。そろそろ草壁先生の謎が明らかになるかな?

    あーそうそう、初野氏には、もう少し建築と音響について勉強していただきたい。ヴァナキュラーモダニズム、面白かったけどツッコミどころも多すぎた。

  • ハルチカシリーズ第三弾。

    ▼収録作品
    「イントロダクション」
    「ジャバウォックの鑑札」
    「ヴァナキュラー・モダニズム」
    「十の秘密」
    「空想オルガン」

  • 穂村チカは、憧れの草壁先生の指導のもと、吹奏楽の“甲子園”普門館を夢見る高校2年生。同じく先生に憧れている、幼なじみの上条ハルタと、恋のさやあて(?)を繰り広げながらも、夏の大会はもう目前。そんな中、どうも様子がおかしいハルタが、厄介な事件を持ち込んで…!?色とりどりの日常の謎に、頭脳明晰&残念系美少年ハルタと、元気少女のチカが立ち向かう!絶対に面白い青春ミステリ、“ハルチカ”シリーズ第3弾。

  •  ハルチカ・シリーズ第3弾。

     「ヴァナキュラー・モダニズム」の持つ発想の突飛さに脱帽。ちょっとセンチなところも好きな所以だ。

  • 吹奏楽の“甲子園"――普門館を目指す穂村チカと上条ハルタ。
    弱小吹奏楽部で奮闘する彼らに、勝負の夏が訪れた! !
    謎解きも盛りだくさんの、青春ミステリ決定版。
    ハルチカシリーズ第3弾!

  • 今回のチカちゃんの名言
    「つまずいたっていいじゃない。上に向かってつまずけば高く飛べるかもしれないじゃない。手足をジタバタすれば、もっともっと飛べるかもしれないじゃない。」

    空想オルガンで
    マンボウは渡邊と家族を再会させるように図っていたのかな?そのために元々渡邊の家族にオレオレ詐欺を仕掛けるつもりだった?渡邊は孝志の母親から取ることを選んじゃうけど…

    ネガティブなハルタに啖呵をを切った後で、皆から隠れてこっそり号泣するチカちゃんに胸が詰まる

  • 今回もトリックに驚かされたしほんとうに意外で頭いいな〜と感心してしまった…。吹奏楽やってたわけじゃないけど、うまい演奏じゃなくて聴いてて疲れる演奏が良いって描写、すごくチカちゃんたちっぽくてなんとなくわかるな〜って思いました!

  • ハルチカシリーズの第3巻。この巻の途中までがアニメで放映された話で、その後はアニメでは放映されなかった東海大会の様子など。ハルタの残念美少年ぶりが他の巻よりも際立っていた印象。

  • ハルチカシリーズ3作目。今作は地区大会を舞台にし、その裏で起こった謎を推理力を駆使して解き明かす。吹奏楽のコンクールにまつわる裏側も書かれて、常連校でなく、無名校が賞をとってというどの学校も目が離せない面白さも感じる。ヴァナキュラーモダニズムの話では不動産と貯金箱との関連性、ハルタの姉が出てきて、謎解きの鍵となったり、おじいさんの味のある人柄が良い。表題作は、オルガンのもう一つの意味が結末を表していて少しばかり驚いたこと、繋がる一つの命を感じ、地区大会後の部員の安堵感、充実感が青春さ溢れていた。

  • 図書館で。
    ギャル吹奏楽部のお話が面白くもちょっと切ない。今度S.キングの小説作法読んでみようかな。

    全然進展しないようで毎日は過ぎていき、物事や季節は変わって行く。彼らの成長ぶりが吹奏楽部のスケジュールと共に見れてとても面白い。そして今度こそ芹澤さんは仲間になれるのかな?というわけで次も楽しみです。

  • 伏線の繋がりが読み返さないとよく分からず。
    記者がやたらと前に出てくるな、と思ったら、とか。
    その奇跡まだ出てくるんだ?とか。
    今作も楽しめた。

  • 2016/4/19
    先生の秘密が気になる木。
    やっぱ読んだらすぐここに入れないと忘れちゃうな。
    いろんなバージョンの表紙があるようです。

  • すごい良かった!!

    渡邊さんが実は…っていう展開や芹澤さんと同じ遠野さんにまつわる話や離れてしまった親子の話


    どれも、人間味が溢れて好きな作品でした!

  • 輝いた時間の記憶を、糧にして。

    ハルチカシリーズ第三弾。いよいよコンクールに臨む清水南高校吹奏楽部。ところがコンクール当日でも、難題が降りかかってきて――。

    ハルチカシリーズは、青春真っ盛りの高校生活がメインだけれど、すぐ隣に青春を通り過ぎた人たちがいて、チカやハルタが解く謎は、彼らの青春が決してきらきらしただけのものではなかったという真実なのだ。チカとハルタ、それから仲間たちの高校生活だって、決して明るいだけのものではない。知りたくなかったことや、傷ついたこともある。けれど、物語は語られる中で、きらきらした青春へと描きなおされる。読者は(もしかしたら書いている作者も)、爽やかな青春物語としてこの作品を受け取る。そこに一抹の寂しさを感じながら。

    「イントロダクション」「ジャバウォックの鑑札」「ヴァナキュラー・モダニズム」はほぼチカの語り。けれど最後の「空想オルガン」はある男(「ジャバウォックの鑑札」に出てきた“フリーライターの渡邉”であることが最後でわかる)とチカの語りが交互に出てくる。ある意味「空想オルガン」は特殊。謎を解くのはハルタでもチカでもない。キーパーソンはクラリネットの芹澤さん。「ジャバウォックの鑑札」では、まさかこんな方向に転ぶとは思っていなかったのに。

    「イントロダクション」は、この『空想オルガン』だけではない吹奏楽部で過ごした高校生活という青春時代を過ぎたチカの語りだ。突き放された気持ちにもなるが、他の章が、より青春まっただ中として爽やかにも感じられる。しかし寂しさは否めない。

  • 草壁先生の過去は気になるけどこいつはムカつくな! と思っていた渡邉さんが…まさか何も暴かずに退場するとは思わなかった。

  • タイトル作のオチが全く予期していなかった人でびっくりした!
    短編集な感じなのにストーリーがちゃんと繋がっていて、最後は少し泣ける。
    高校生に戻ることができるなら吹奏楽部に入るのもいいなぁと思わせてくれる一冊でした。

  • ちょっとカタルシスに陰りの見えてきた感が否めないが,よくあるシリーズものとは異なり,時間が常に流れていく中での主人公達の成長と視点の変化が楽しめる.

全119件中 1 - 25件を表示

空想オルガン (角川文庫)に関連するまとめ

空想オルガン (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空想オルガン (角川文庫)の作品紹介

弱小吹奏楽部に所属するハルタとチカが、校内の様々な事件を解決しながら吹奏楽の甲子園を目指す青春ミステリ「ハルチカシリーズ」第3巻が文庫化!彼らに、勝負の夏が訪れた!!

空想オルガン (角川文庫)の単行本

ツイートする