みんな孤独だけど (角川文庫)

  • 43人登録
  • 3.75評価
    • (4)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 喜多嶋隆
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041004272

みんな孤独だけど (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 〈前向きな孤独〉をテーマにした短編恋愛小説。
    どれも素晴らしい。もっと読みたい。

    タイトルが素敵
    オススメしたい一冊

  • 仕事が一段落ついて、ふと襲われる寂寥感。孤独だからこそ闘えることがあるが、誰かと一緒に闘いたいと思うのが人の性。
    そんなビミョーな心の揺れ動きを描いた4つの恋愛ストーリー。

  • 吉祥寺でふらーっと買った本。

  • 生きてる上で、必ずついてまわる「孤独」。
    そんな少し重いテーマを著者らしい軽快なタッチで、重苦しくなく、けれど心に残る言葉で綴られています。
    どの主人公も時には勢いよく、そして時には悲しみを抱きながら、最後は明るく乗り越えて行く様子が、読んでいて励みになる一冊です。

  • 誰もがみな孤独を抱えながら生きている。だからこそ自然と寄りそい、惹かれ合っていく……。
    時にに孤独を友にしながら、前向きに強く生きようとする女性たちの恋の瞬間を描いた4つの恋愛ストーリーを収録した短編集。

    2012年8月31日読了。
    久々に喜多嶋節を堪能した気がします。
    せつなさのある中に、なんかこう、シャキッとしなくっちゃと背筋を正されるような、久々にそんな気持ちになりました。これこそが喜多嶋節という感じです。
    ただ、ちょっと気になったのは1話目の「宅急便で届く恋もある」。
    4話とも違うタイプのヒロインが登場させたかったのでしょう、彼女は今までにはいなかったおっとり系ヒロイン。
    なのに、語り口がどうしてもおっとり系には思えなくて。そこだけがちょっと違和感でした。
    残りの3話については、喜多嶋さんご自身があとがきで書かれているようにビタミン剤のような爽やかな作品に仕上がっています。

全6件中 1 - 6件を表示

喜多嶋隆の作品

みんな孤独だけど (角川文庫)はこんな本です

みんな孤独だけど (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

みんな孤独だけど (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

みんな孤独だけど (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

みんな孤独だけど (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

みんな孤独だけど (角川文庫)の作品紹介

誰もがみな孤独を抱えながら生きている。だからこそ自然と奇りそい、惹かれ合っていく…。文化の違うニューヨークの商社で孤軍奮闘する日本人女性と心の傷を抱えたビル警備員との暖め合うような恋、葉山のさびれた保養寮で、自分の信念に従って生きる2人が交わしたひと夏のほのかな恋…。時に孤独を友にしながら、前向きに強く生きようとする女性たちの恋の瞬間を描いた、元気がもらえる4つの恋愛ストーリー。

みんな孤独だけど (角川文庫)のKindle版

ツイートする