ロスト・シンボル (中) (角川文庫)

  • 1696人登録
  • 3.62評価
    • (78)
    • (205)
    • (223)
    • (24)
    • (4)
  • 78レビュー
制作 : 越前 敏弥 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041004449

ロスト・シンボル (中) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うーん、やっぱりダ・ヴィンチ・コードや天使と悪魔に比べると盛り上がりに欠ける気がするなあ。

    キリスト教にはもともと興味があったけど、フリーメイソンには全く馴染みがないせいかしら…とも思ったのですが、キャラといいストーリー展開といい、ダ・ヴィンチ・コードの二番煎じな印象です。でもって、悪役は回を追うごとに嫌な奴になっていきますねえ(苦笑)。

    が、そこは毎回クライマックスで魅せてくれる今シリーズですもの!下巻に期待です!

  • 中巻では、謎解きと並行して、マラークの衝撃的な過去も明らかになり、ますますスピード感のある展開が繰り広げられます。そしてアメリカ国家の危機的大問題と、まだまだ何か有りそうな物語の伏線も気になります、、、。

  • ダヴィンチコードでいうところの
    シラス的なキャラクター大暴れ。

    ホント超人的な不死身さですね。

    ダヴィンチのときも感じたのですが
    アメリカのワシントンに行って
    実際の建造物等見たくなりますね。

  • 狂信者マラークの恐ろしさが際立つ中巻。一方、ラングトン教授の活躍はまだまだおあずけといったところ。

    オカルトや宗教に関する知識だけでなく、熱画像装置、無能力兵器、電磁波兵器(下巻)、含酸素過フッ化炭化水素液(下巻)などのマニアックな現代技術について知ることが出来るのもダンブラウン作品の魅力である。

  • 謎は深まるばかり。ラングドン教授の知識とひらめきでフリーメイソンのピラミッドの謎がとけるのか?? ぎりぎりの差で逃げているこの緊迫感。ドキドキしますね

  • 何故脱がした?

  • 中巻ではピラミッドにまつわる古の謎を解き明かしながら、ラングドンがCIAからの逃亡する様が描かれる。
    ダン•ブラウンの書く逃亡劇は本当に面白い。ハッとする瞬間で場面が瞬時に切り替わるので一度にいくつもの楽しみを抱えている気分になる。
    ただ少し残念だったのはCIAのサトウと落ち合った時にあっさり手を組んだため、今までの大掛かりな逃亡劇は一体何だったんだと少し拍子抜けしてしまった。
    とはいえ、マラークが大きく動き出しいよいよ話が大ネタに進もうとしている。
    早速下巻を読み始めよう。

  • 「天使と悪魔」「ダビンチコード」に続く作品。今回もハラハラの展開で、一気に読ませてくれます。
    今回のテーマはフリーメイソン。テーマが変わっただけで、展開が若干ワンパターンという突っ込みをいれたくならないでもないが、安心して楽しめつつ、知的好奇心も刺激してくれるミステリーであることは間違いない。
    次の作品も積読になっているので、ちょっと間をおいてから楽しむことにしよう。

  • 中巻読了。何だかすごい危機が迫っているようです。

  • 敵は敵ではない。

全78件中 1 - 10件を表示

ロスト・シンボル (中) (角川文庫)のその他の作品

ロスト・シンボル(中) (角川文庫) Kindle版 ロスト・シンボル(中) (角川文庫) ダン・ブラウン
ロスト・シンボル(中) Audible版 ロスト・シンボル(中) ダン・ブラウン

ダン・ブラウンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ロスト・シンボル (中) (角川文庫)に関連するサイト

ロスト・シンボル (中) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ロスト・シンボル (中) (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ロスト・シンボル (中) (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロスト・シンボル (中) (角川文庫)の作品紹介

フリーメイソンの最高位、ピーター・ソロモンを人質に取ったマラークと名乗る謎の男は、"古の神秘"に至る門を解き放てとラングドンに命じた。いっぽうピーターの妹・キャサリンは、研究所に侵入した暴漢に襲われる。ソロモン家の血塗られた過去、代々受け継がれた石のお守りの秘密。ピーターを救うには暗号を解読するしかない!アメリカ建国の祖が首都・ワシントンDCにちりばめた象徴に、ラングドンが立ち向かう。

ツイートする