心霊探偵八雲8 失われた魂 (角川文庫)

  • 1253人登録
  • 4.01評価
    • (94)
    • (133)
    • (74)
    • (8)
    • (0)
  • 88レビュー
著者 : 神永学
制作 : 鈴木 康士 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041004784

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

心霊探偵八雲8 失われた魂 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 八雲が犯人?
    目の前には刺殺体、手には血、記憶なし。
    最悪の状態から始まるストーリー。

    珍しく八雲視点の回想があり、こんなこと考えてたんだーと、親しみがわく一面も。
    全員が八雲の無実を信じて動き回る姿に、熱い物を感じざるを得ない。
    家族って、仲間っていいな。

    最初から七瀬美雪の罠かとは思うものの、心霊との結びつきが綺麗な線を繋ぐところは見事。

  • シリーズ本編8作目。後藤さんメイン、と言う感じ笑 後藤さんの、八雲を思う気持ちに感動しました。

  • やっぱ八雲シリーズは面白い!読書にハマったきっかけだけにやっぱ飽きません!八雲と晴香の関係が焦れったくて…でもそこが良い(笑)また次作も読みたい。

  • 待ちに待っていた8巻

    今回は八雲が犯人?という衝撃のスタートなんですが、神永さんのあとがきにもあるように今回は八雲視点があっていつもとは違うより八雲との距離が近いそんな作品でした

    ああ。八雲そんなふうに感じてたんだ、

    晴香や一心に対しての思い・・・
    後藤刑事も今回は大活躍で。
    もちろんおなじみメンバーも全員出てきますが、後藤刑事に今回はハナマルです!!!最初とは違い、事件を解決するうちに家族と向き合い大きく成長した後藤刑事!!!これからもがんばって!!!


    あ~次回が楽しみです(*^_^*)

  • 今回は八雲からの視点が多く珍しい切り口です。
    個人的には後藤さんの今後が気になります!

  • 【あらすじ】
    あれは、ぼくがやったのか―?目を覚ました八雲の側にあった、血まみれの遺体。混乱する八雲の前に、制服姿の少女の幽霊が現れる。「―赦さない」呟く少女を追って歩き出した八雲は、殺人の疑いをかけられ追われることに。一方、後藤から八雲が容疑者扱いされていると知らされた晴香は、八雲が姿を消す直前、ある心霊現象の調査を依頼されていたことを突き止め…!?追い詰められる八雲の運命は!?大人気シリーズ、緊迫の第8弾。

    【感想】

  • どんどん明らかになる謎に興奮した。続きが楽しみだ〜。

  • シリーズ第8弾。八雲が事件の容疑者に! 無実を信じ後藤が、石井と晴香が頑張ります。後藤がかっこ良い… 両目の赤い男・雲海の出生の秘密というか、八雲や一心との繋がり、宿命が明らかに。なぜ梓だったのか疑問だったけど、だから梓だったのかなと… 切ない。八雲と晴香の淡い関係にも少し色がついてちょっと嬉しい巻です。最後の花火のシーンは真琴GJ!って感じですw 相変わらず八雲はつれないんですがw そしてとうとう後藤が…

  • あれは、ぼくがやったのか―?目を覚ました八雲の側にあった、血まみれの遺体。混乱する八雲の前に、制服姿の少女の幽霊が現れる。「―赦さない」呟く少女を追って歩き出した八雲は、殺人の疑いをかけられ追われることに。一方、後藤から八雲が容疑者扱いされていると知らされた晴香は、八雲が姿を消す直前、ある心霊現象の調査を依頼されていたことを突き止め…!?追い詰められる八雲の運命は!?

  • 後藤警部の辞職と八雲の晴香に対する思いの自覚する、の巻。

  • 読書録「心霊探偵八雲8」3

    著者 神永学
    出版 角川文庫

    p97より引用
    “「人の心は、刻一刻と変化してゆくものだ。
    だから、これがその人だという一定の形態を
    持たない。”

    目次から抜粋引用
    “疑惑
     逃亡
     円相”

     幽霊を見る能力を持った大学生を主人公と
    した、心霊ミステリー。
     よくは覚えていないが、悪夢から目覚めた
    主人公・八雲。普段の寝床だと思っていた場
    所は、全く違った場所で…。

     上記の引用は、主人公・八雲の叔父・一心
    の師匠の一言。
    諸行無常というものでしょうか、この言葉を
    聞くと、平家物語の序文を思い出して、世の
    儚さを思ってしまいます。
    しかし、人の変化というものは、儚いばかり
    ではなく、良い方に変化することもあるのが、
    面白いところです。
    もしかすると、良い方に変化するかもしれな
    いと信じて、毎日を過ごしたいものです。
     主人公の運命がかなりはっきりしてきて、
    いよいよクライマックスです。
    続きが楽しみになる一冊でしょう。

    ーーーーー

  • 2014.11.7読了
    この巻で終了だと完全に思い込んでいた自分。なんで八雲と晴香がくっつかないー!!と思ったらまだ話が続くという・・・。なんとも嬉しいような悲しいような状態に。しかも文庫はまだ出てないという。なんという早とちりか。どっちにしろ今度こそクライマックスへ進むらしい。とりあえず9巻をgetせねば。

  • まさかの、八雲くんが犯人にされてしまうお話。
    証拠などを通してみても、八雲くん以外に出来ないだろうと考えさせられる部分があり焦りました。
    ですが、最後まで読んでみるとそんなトリックがあったのかと驚く部分もありました。

  • 何度でも読み返せます。続きを早く文庫化してくださいと願うばかりです。

  • 図書館で借りれるのはここまでか。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    目を覚ました八雲の側にあった、血まみれの遺体。もしかして自分が!? 混乱する八雲は、ひとまずその場を離れることに。一方、行方不明の八雲を探す後藤と晴香は、驚がくの事件に巻き込まれ!? 緊迫の第8弾!!

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・ミステリー・幽霊・ドラマ化・アニメ化

    【映像化情報】
    2006年4月3日-6月26日テレビ東京にてドラマ化。
    出演:與真司郎 他

    2010年10月-12月までNHK BS2にてアニメ化。
    声優:小野大輔 他





    +3+2+4

  • これまでの八雲シリーズは、八雲の周りにいる人たちの目線から描かれていたが、今回は、八雲の目線から物語が展開している。ある日、洞窟で目を覚ますと、僧侶の死体が❗️さらに、そこに警官が来て、八雲にとって最悪の状況に。指名手配されながらも、真実を突き止めようとする八雲と、腐れ縁の後藤刑事。彼らが最後にみたものとは⁉︎そして、あの悪女も登場し、晴香がピンチに。手に汗握る展開はハラハラドキドキの連続。

  • もーーーさっさとくっつこうよーーーー。じれったい!!で、美幸しつこーーーい!!死なないと終わらないね!!きっと!!

  • 八雲が容疑者になってしまう巻。そして今までの物語と書かれ方が違って八雲の想いがよりよく分かる。クライマックスへ近づいている感じがすごく伝わる。

  • あとがきにも書かれている通り、八雲の視点で描かれている点がマンネリ感に刺激となっている。そろそろラストが近いかな。

  • ついに八雲が犯人に…という終止追われる側になってしまった八雲くん。
    それにしても深雪の執念はスゴいなぁと思わされる8巻。
    この憎悪と嫉妬は多分愛から発生してるんだけど、どういう形で今後昇華していくんだろうか…。
    そして八雲くんはやっと一人で抱え込むことではなくて、誰かに頼るということを少しずつできるようになってきたのかなぁとも思った。
    例え血縁関係がなかったとしても家族は家族なんだなぁという想いは血よりも濃くてもいいじゃないかと思える感だった。
    次巻でクライマックスなのかな?どういう風に話が落ち着くのか楽しみです。

  • 【あれは、ぼくがやったのか――?

    目を覚ました八雲の側にあった、血まみれの遺体。
    混乱する八雲の前に、制服姿の少女の幽霊が現れる。

    「――赦さない」 呟く少女を追って歩き出した八雲は、殺人の疑いをかけられ追われることに。

    一方、後藤から八雲が容疑者扱いをされていると知らされた晴香は、八雲が姿を消す直前、ある心霊現象の調査を依頼されていたことを突き止め…!?

    追い詰められる八雲の運命は!?

    大人気シリーズ、緊迫の第8弾

    あらすじより】

  • 八雲目線の語りもあり、ふふふっという感じだった。話は相変わらず切ないし重いんだけど。。
    これからの展開が楽しみ^^
    美雪はまだ出てくるのかなぁ。もう勘弁してほしいです。

  • 八雲が容疑者⁉警察に追われながら、母親の生まれ変わりという少女の謎を解く。
    2013/5/19

  • 八雲焦る

    【内容】
    目覚めた八雲の傍に死体が。許さないと霊が叫ぶ。

    【感想】
    特になんとも。

    (2013年03月06日読了)

全88件中 1 - 25件を表示

心霊探偵八雲8 失われた魂 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

心霊探偵八雲8 失われた魂 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心霊探偵八雲8 失われた魂 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

心霊探偵八雲8 失われた魂 (角川文庫)の作品紹介

あれは、ぼくがやったのか-?目を覚ました八雲の側にあった、血まみれの遺体。混乱する八雲の前に、制服姿の少女の幽霊が現れる。「-赦さない」呟く少女を追って歩き出した八雲は、殺人の疑いをかけられ追われることに。一方、後藤から八雲が容疑者扱いされていると知らされた晴香は、八雲が姿を消す直前、ある心霊現象の調査を依頼されていたことを突き止め…!?追い詰められる八雲の運命は!?大人気シリーズ、緊迫の第8弾。

心霊探偵八雲8 失われた魂 (角川文庫)のKindle版

心霊探偵八雲8 失われた魂 (角川文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする