サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR III third (角川文庫)

  • 141人登録
  • 3.48評価
    • (10)
    • (11)
    • (17)
    • (7)
    • (1)
  • 22レビュー
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041005170

サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR III third (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とりあえず、この本が出てくれたことに満足。

  • ホントにちゃんと終わった。途中のすっ飛ばしぶりとか、伏線が活かしきれなかったところとか、もちろん不満はきりがないけど、もう絶対に復活できないくらいに完結したという点において素晴らしい。

    そして、ジョーの到達した結論は正しく石ノ森先生の結論と言って良いと思う。80年代のサンデーの連載でも「人の生活を愛すところから始めなければ」と言っていたし、もっと言えば、「天使編」「神々との戦い編」を中断してしまったことにも通じる結論だ。

    でも、問題はラスト。これは、最後の特攻に失敗して負けて普通に死んだ、ということですよね・・・。平穏な日々を迎えさせるにはこれしかなかった、ということなのでしょうか?

  • 009、これにて完結。
    作者の行き様とあわせて、ここまでの思いを考えると、何とも言えない、しみじみとした気持ちになる。

    長らく未完だったからこそのワクワク、想像が、ここで打ち切られてしまうことに、ファンとして、一抹の寂しさもあります。

  • なんだかスケールが尋常でなく壮大になってしまった。コミカライズの方は見ていないが多分終わりの方は説明文だらけ(絵的に言うという吹き出しだらけ?)になってそうな気がする。

  • これで完結とは納得出来ない。

  • 随分支離滅裂だ。ラストは確かに石ノ森氏が目指したものなのかな、と思える。しかしながら過程がアイデアの盛り込み過ぎ。沢山遺稿を残してたんでしょう、どれを使うか判らないうちに亡くなってしまったのではないかな?何もかもぶち込んだから取り止めの無いハルマゲドンになってしまってる。やっぱり石ノ森氏の漫画で終わらせて欲しかったけど、それは望むべくも無い事。009を終わらせてくれた事に感謝致します。

  • ひとまず、石ノ森章太郎の構想がどのようなものだったのか分かったのが、長年の天使編に対するもやもやの解消になりました。

    この構想を世に出してくださった小野寺丈氏に感謝します。

  • サイボーグ戦士たちがまるでテニスプレイヤーのような超能力を身に付けていきます。分身したりオーラ放出、透視に変装…まさにテニヌ!
    壮大なギャグ&エンターテイメントなのだと思って読めば、非常に楽しめます。

  • 完結編3部作読了。楽しめたけど、歯が立たない相手にコテンパンにやられた後で、新たな力を授かるというパターンは、またか…という印象。
    ラストはうまくまとめたと思います。

  • 大分取っ散らかってるが、ぞれでも完結させたことを評価する。

全22件中 1 - 10件を表示

石ノ森章太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR III third (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR III third (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR III third (角川文庫)の作品紹介

ついに神々が人類を殺戮する日が来た。001・イワンの手で新たに生まれ変わった9人のサイボーグ戦士達は、ジャパンブルーのユニホームを身にまとい、死地に赴く。だが圧倒的な神々の力の前に、次々と倒れていく9人。絶望的な闘いの末に9人のサイボーグ戦士達が見たものは何か?そして神々を倒す最後の作戦とは…。天才・石ノ森章太郎が生前に書き遺した原稿とノートをもとに小説化したシリーズ、堂々の完結。

サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR III third (角川文庫)のKindle版

ツイートする