雀蜂 (角川ホラー文庫)

  • 1829人登録
  • 2.57評価
    • (16)
    • (82)
    • (369)
    • (312)
    • (88)
  • 311レビュー
著者 : 貴志祐介
  • 角川書店 (2013年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041005361

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
貴志 祐介
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

雀蜂 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

  • 低評価だったけど、心配するほどでもなくむしろ面白かったです♪読んでいて…何か変だなー、変だな。。。言ってることブレてるし、いつもより増して中二くさいし、変だな…と思っていたら、そうきましたか!(笑)

    予想しようもない。頭がぐるぐるする@@奥さんが花子みたいだな…と思った。あと虫ネタ、うんちくで養老さんがバーンと浮かんできた。

    加害者と被害者の線引き、境界線みたいなものを、いつも考えさせられる。書き下ろし文庫でやっつけ感はあるけど好きだ。

    アツくておかしいセリフがたくさんあって、ツッコミどころ満載でお笑いかと思ってしまいました。…それにしても…貴志さん。あの作家をライバル視していると噂で聞いたけど、本当なんだなぁ~とこの作品を読んで、勝手に確信してしまった。メラメラまでいかないけどきな臭かった。貴志さん、中二おじさんだけど、やっぱり大好きだわ♪

    新年あけて最初の本が貴志さんで良かった。よい一年になりそうな予感!

  • あと1回刺されたら、俺は死ぬ。
    雀蜂には2度と刺されてはいけない。
    そんな身でありながら、目が覚めたら雪山の山荘に一人、遠くからは不気味な羽音が聞こえる――。

    冒頭のシュチュエーションに思わず身がぎゅっと縮こまるくらい、蜂をはじめとした虫が苦手です。極力近づきたくない。
    とはいえ、蜂から逃げるのは主人公。半分くらいは他人事として見ていられるのでまだよいです。
    本人は真剣だけど、なんだかコメディ要素も感じるような闘いっぷりです。

    虫の生態とか、辞書のくだりとか、読んでいて楽しい部分もあるのですが、最後のどんでん返しも思いの他すっきりせずにするりと読み終わってしまって、少しだけ消化不良。
    怖いもの見たさでついつい手にしてしまう貴志さんの本。次読む作品に期待です。

  • 貴志祐介さんにしては、珍しく評価が低いので少し不安になりながら読了。

    結果、そんなに悪くない。もちろん貴志祐介さんにしては、クオリティも内容も薄く、駄作の部類だが、一般の作家と比べたら充分読みやすく、うんちくも含め読んで損という感じではない。

    最近のヒット作家の中にはこれより下の作品を量産(もちろん、面白い作品もあるが)する作家が大半だと思う。

    この作品の評価があまりにも低いのは、著者の作品のハードルが上がっているため。
    寡作の作家(多作の作家は駄作も量産するので元々期待せずに読む)のため。帯で煽りまくり、更に角川ホラー文庫なので、ホラーと思い読むと少しも怖くないためであり、個人的には実際の評価よりももう少し上の評価でもいいと思う。

    暇な時にあまり考えず読むには充分オススメです。

  • 吹雪の山荘に大量のスズメバチと閉じ込められた主人公。
    過去に刺されているため、刺されれば命の保証はない。
    妻とその愛人の仕業?
    生き延びるため蜂と闘うが・・・。


    スズメバチの描写が詳細過ぎて気分悪くなりました。
    多少の読みにくさと、「これいるの?」って思った部分がありましたが…ラスト25ページで、どんでん返し。

    予想外の結末で、読み返したくなる恐怖。

  • 初めましての作家さんです。
    イメージ的にホラー作家と思っていたんですが
    どうやら本作は違うらしい。
    でも、ある意味ホラーだよね?パニックサスペンス的な。
    目覚めたら、いきなり雀蜂が飛んできて、
    一度刺されてるから、二度目は死を連想するでしょ。
    吹雪の山荘。通信手段は無し。
    機器はあるけど、使えない。そこには作意がみてとれる。
    生きるために、雀蜂との攻防が始まる。
    しかし・・・最後のどんでん返し。
    やられましたぁ~。

  • 作風かわった?
    やっつけ仕事感があった。
    まぁおもしろかったけど

  • 大好きな貴志さんの作品。
    他の方も言うように本当に貴志さんが書いたの?って思うくらいつまらなかった。。。
    ほとんどが主人公と雀蜂の格闘シーンで、話の舞台も別荘の中だけ。
    この狭い設定では新世界よりや黒い家ばりの面白いのを書けと言われてもそりゃあ無理だと思いますが。
    貴志さん作品が大好きなだけに、この先も期待できないのかなって不安になってしまった。こんなんだったらこの本を世に出さないでほしかったくらい。

    次の作品に期待します!!!

  • 貴志先生久しぶりの角川ホラーということで非常に期待していたのですが、どう贔屓目に見ても今までで一番面白くなかった、と個人的に感じました。
    導入が唐突というか荒いというか物語に引き込まれる感じが弱く、山場らしい山場もなく淡々と進み、終盤でも叙述トリックとしてはインパクトが弱くホラーとしても恐怖を与えるような描写に欠ける。過去の同氏による角川ホラー作品とは比較にもならないです。
    まさか自分の評価の中で最初の星1つ作品が貴志先生になろうとは。

  • どんでん返し・・確かにどんでん返しだなあ
    妄想もここまでくると恐ろしい

    結局なぜあの山荘にスズメバチの巣が二つもあったのか・・解明されてる?
    私が見落とした?

    誰が本当のことを言っていて誰が嘘を言っているのか
    死人に口なし状態

    小説やエッセイのネタの為に安斉は自分の奥さんを危険に晒したってことでいいのかな

  • 面白いけど、低評価なのはわかる。
    スケールが小さくて、勿体無い。
    ただ、たまにはこんなジャンルもいいよね。

  • 貴志祐介の本は、『青い炎』に続き2冊目。アマゾンのレビューでは、酷評が目立つけれど(特にファンの人たち)、あたしは面白かったです。「豪雪で閉ざされた山荘内で、主人公と雀蜂がひたすら攻防を繰り返すだけの作品」と切り捨てる人もいましたが、逆に言えば、その攻防だけで1冊にまとめ上げるには、相当の筆力がいると思うので、そこをどう評価するかで、好き嫌いが分かれるようです。

    「予測不可能のどんでん返し」に惹かれ、図書館で借りた本でしたが、面白く読みました。
    面白く読み終えたのですが、そのラストの「どんでん返し部分」は、既視感がありました。以前読んだ、折原一の作品(ネタバレを防ぐため、作品名は書きません)を思い出したからです。
    オチは似てるけれど、話の内容・流れは全く違うので、読み比べてみるのも面白いかもしれません。

  • どんでん返し、につられて読んだ感があるけど、これはそっちがメインではなく、あと一度刺されたら「アナフィラキシーショック」で命がなくなる危険を孕みながら、キイロスズメバチ、更にはオオスズメバチの大群が飛び交う家に閉じ込められた男がどうやって生き延びるかがメイン。緊迫感、というより滑稽さすら感じ、どうにも最後も消化不良。

  • 雀蜂。
    ウチの周辺にもよく出没するので僕自身もとてつもない恐怖心を持っています。
    たまに出てくるオオスズメバチのでかいことでかいこと。
    まぁ、それと本作は関係ありませんが。
    貴志祐介作品にしてはがっかりかな。

  • 雪に囲まれた山荘で目覚めた男性作家。
    そこにはいるはずの妻の姿はなく、何かの羽音が。
    やがてその正体が雀蜂だと気づいた主人公は恐怖に震える。
    何故なら、以前彼は雀蜂に刺された経験があり、もう一度刺されると命の保証はないから。
    やがて、雀蜂は一匹でなく、大群が存在すること、そして、どうやらこの状況を作り出したのは妻とある男性が絡んでいるらしいと彼は理解する。
    そして、雀蜂と主人公との戦いが始まった-。

    読んでいて、何で過去、この作家が書いた本のタイトルとか内容だけが太字で表記されているんだろう?と思いました。
    私が分からないだけで、そのタイトルは何かになぞらえてるのかな?とも。

    結末を知って、「ああ、そういう事か・・・」と思いました。
    雀蜂と作家との戦い、そして作家を殺そうと計画した妻ともう一人の男の目的が結末だと思いきや、もう一つ意外な真実がそこには隠されていた。
    そこがやはり、貴志祐介さんだな・・・と思いました。

    ・・・とは言え、薄い文庫本だけに、内容も浅く、あまりたくさんのものをこの作品に求めるのは無理がある感じ。
    エンタメ小説として単純に楽しむ、暇つぶしとして割り切る作品だと思います。

  • 貴志裕介ファンだから期待して読んだのだが、「何じゃこりゃ!」
    ストーリー的に最後のどんでん返しは大好きなので最後残り少ないページでどう展開するのだろうと期待させられたが、荒唐無稽な結末でがっかり。彼の才能が尽きたとは思いたくないのだが、残念な出来だった。

  • つまらなくはないですけど、他の著作(黒い家・天使の囀り等)の方がはるかに面白いです。あまり練られてない感じがしました。

  • ホラーというほどのホラーでもなく、最後は「そうきたか」という感じはあったものの…その程度

  • ゲームっぽい展開だなーと。クリムゾンとかダークゾーンとかの系列。ラストは予想できてなかったから面白かった。

  • 雀蜂はそれほど重要でない?
    ダブルか

  • 全く面白くなかった。
    読み返す事も無いかと。
    貴志さん、どうしたのかな…。

  • ホントにつまらない。
    テレビとかの企画で「題名を指定したうえで3日で小説は書けるのか?」とか、そういう状況で書いた物なら分かるんですが。そういうレベル。多分貴志さんなら書ける。
    貴志さんの作品は大抵大好きなんですが、これは本当にご本人が書いたものなんだろうか、と疑問が浮かぶ出来でした。
    まるでこの作品中の登場人物が書いた物なのではないかと。
    だからこのレベルなのもそういうことなんですよ、っていう事なんでしょうかねえ。

  • 希代の駄作。黒い家が好きだったので期待して読んだら死ぬほど読むのが苦痛だった。単純につまらないし主人公が不快。なぜこれを書こうと思ったのか小一時間問い詰めたい。

  • ほんとに貴志さんかってほどつまんなかった

  • 貴志祐介は好きな作家だっただけに、なんというか、失望を通り越し悲しみまで通り越し、もはや怒りに近い感情すら湧いてくる。何が悲しくて、全身をスキーウェアとヘルメットとガムテープで防備した男がバトミントンラケットを振り回してスズメバチを仕留める話を読まなければならないんだ。テディベアをルンバの上に括り付けて蜂をやっつけるぞ!とか、コメディ以外の何物でもないやないか。
    「青の炎」で見せた知性と感情の絶妙なバランス感覚、「黒の家」に仕込んだ湿度の高い恐怖、「硝子のハンマー」の仮説に仮説を重ねていく緻密な論理構成、「天使の囀り」で発揮されたグロテスクな描写力、「新世界より」で構築した重厚な世界観…どのページをめくっても、その欠片も見当たらなかった。アオリ文句にあった「ラスト25ページの大どんでん返し!」にせめてもの救いを求めて読み切ったものの、この手のとってつけたような「お、おお。そうかそうか。それは驚きだ。で?」ってなるだけのオチは大嫌いだ。『葉桜の季節に〜』を読み終えた後にも思ったけど。
    夜行バスの中で読み終えて、そのまま座席に忘れちゃったんだけど、買い直すことはないと思う。

全311件中 1 - 25件を表示

雀蜂 (角川ホラー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雀蜂 (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雀蜂 (角川ホラー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

雀蜂 (角川ホラー文庫)の作品紹介

雪の山荘に閉じ込められた小説家の安斎を突如襲う、凶悪なスズメバチの群れ。安斎は山荘を生きて出られるのか。最後明らかになる驚愕の真実とは!? ノンストップ・サバイバルホラー、文庫書き下ろしで登場!

雀蜂 (角川ホラー文庫)のAudible版

雀蜂 (角川ホラー文庫)のKindle版

ツイートする