ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

  • 7583人登録
  • 3.91評価
    • (761)
    • (860)
    • (573)
    • (153)
    • (32)
  • 878レビュー
著者 : 森見登美彦
制作 : くまおり 純 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041005613

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • とにかく探検とか秘密基地とか
    自分でルールを作るストイックな少年像に弱い自分は(笑)
    かなりハマりました♪


    SFの皮を被りながら
    終盤になるに連れて切なさが増す展開に
    久々に読み終わってしまうことの
    寂しさを感じた作品でもあります(>_<)
    (そして最後の二行であえなく涙腺崩壊…)




    主人公は
    研究が趣味な、
    小学4年生の「ぼく」こと
    アオヤマくん。


    スズキ君帝国初代皇帝で(笑)
    イジメっ子の
    スズキ君。


    栗色の髪と
    透けるように白い肌のクラスメートの
    ハマモトさん。


    「ぼく」と秘密地図を作る
    探検隊の相棒で
    ブラックホール好きの
    ウチダ君。


    そしてすべての秘密の鍵を握る、
    不思議な力を持った
    歯科医院のお姉さん。



    物語は郊外の住宅地に突如現れた
    ペンギンたちの謎に迫る
    アオヤマ少年と仲間たちの冒険譚と、

    切な過ぎる初恋の記録です。



    秘密基地や探検ごっこで遊んだ記憶のある人なら
    懐かしさで
    微笑ましくなるだろうし、

    子供たちが死に怯え
    死に捕らわれてしまう場面は
    スゴく共感できました。



    パンが美味しい喫茶店「海辺のカフェ」での
    お姉さんとのチェスシーンが
    どこか詩的でなんとも印象的だし、

    アオヤマ少年とお父さんの
    凛とした信頼関係が
    またカッコいいのです♪
    (行く先を決めないあてのないドライブや子供扱いしない会話など)




    実験が大好きで、
    常におっぱいのことを考えてしまうアオヤマ少年は
    もしかしたら
    森見さんの子供時代そのままなのかも(笑)



    抜けていく乳歯と引き換えに
    少しずつ大人へと成長していく少年。


    どんなに楽しくても
    夏休みは必ず終わりが来るという真理。


    好きな人を守り抜くために
    自分のルールを貫きひた走る
    アオヤマ少年、


    誰がなんと言おうと
    君は断然カッコいい!


    胸を張るのだ、少年!
    (お姉さん風にね笑)




    SFで
    哲学的なメッセージをエッセンスにしながら、
    少年の大人への旅立ちを描いた
    実はハードボイルドな
    切ない傑作です!


    途中で投げ出しちゃった人、
    最後まで読んでみて!(笑)

  • 眩しい夏の日をすごした少年が大人になっていく物語のように感じた。
    とてもステキな初恋の物語だった。

    物語は...
    ぼく(アオヤマ君)は小学校4年生で、郊外の住宅地に住んでいる。偉い人になるために努力を欠かさない。そして、歯科医院の「お姉さん」のことがとても気になる。
    ある日、街にアデリー・ペンギンの群れが現れた。
    ペンギンがどこからきたのか、調べ始めたぼくの前で不思議なことが起こった。あのお姉さんがコーラの缶を宙に投げ上げると、それがペンギンに変わったのだ。
    お姉さんはぼくに言った。「この謎を解いてごらん」と...

    前半部分はなんか読みづらかった。
    しかし後半になるにつれ、青春であり、SFであり、ファンタジーであり、ミステリーであり、興味が湧いてきた。
    おもしろくなってきた。

    お姉さんが気づいていくセリフがとても切ない、哀しい。
    「もし私が・・・」
    「そろそろ・・・」
    「私も、私の思い出も、みんな・・・」


    とてもステキなラストでした。

    アオヤマ君は大人の階段を一気に駆け上がっていく。
    お姉さんと約束したから。
    お姉さんが待っているから。
    お姉さんは「大人はひいきしないとだれが決めた?」と笑いながら、ひいきしてるから、君を、ずっと。
    君だけが私を見つけてくれると信じて待っているだろうから、きっと。

    月とともに。

    そんな気がした。


    「・・・。そしたら私を見つけて、会いにおいでよ」
    「ぼくは会いに行きます。」

    ふたたび巡りあう本当のラストを想像した。
    そんな余韻を残して、私は本を綴じた。

  • 主人公の男の子が、何にでも興味を持ち、メモやノートをとりながら、自分なりの研究をする姿がとても印象的で面白かったです(^-^)。

    人は慣れてしまうと色々なことに流され、いつの間にか不思議に感じていたことが当たり前のように思うようになり、「何故だろう?どうしてだろう!」と深く考えることがなくなりがちですが、少年を見習い何事も計画を立て工夫をすれば今までとは違った方向性も考えられるようになるのでは?と思うことができ、わくわくしました( ´ ▽ ` )ノ。

    意地悪ばかり仕掛けてくる男子三人グループ、チェスが得意で少年と同じようにノートにあれこれ記載しているクラスの女子、いじめられっこで少年と一緒に探検をする男子、歯医者さんに勤める謎のお姉さん。
    これらの登場人物が、町にペンギンの姿が現れた事からあらゆる考えを巡らせて日々過ごして行く物語。

    非現実的な出来事が何度も登場しますが、自然に受け入れ、読み終わると心に深くあたたかな感動が広がりました♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪。

  • 景色が白く飛んでしまいそうな初夏の「郊外の街」。小学校4年生のアオヤマくんと、歯科医院のお姉さんのお話。
    SFに免疫がないので、想像力を総動員させました。そこは私の努力次第ですが、とても良いお話でした。

    今だって一日一日成長しているはずなのに、小学生の頃のほうが、毎日をもっと精一杯、頭を使って生きていた気がします。アオヤマ君のように。
    切ない経験は、アオヤマ君をとても立派な大人にするのでしょうね。アオヤマ君の願いが叶うよう、私も願うものです。

  • 2014.1.8読了

    今まで読んだ森見登美彦の小説の中で、一番好き。

    相変わらず「おっぱい節」炸裂だし、主人公が学者的な言い回しばかりして、こいつはホンマに小学生かいな、というツッコミはあるかもしれないけど、面白かったです。

    最初、物語がファンタジーすぎて、村上春樹みたい⁈と思ったけど、読み進めると、いたく科学的に、そして客観的に研究しようと主人公が最後まで頑張ってるのが素敵でした。

    近くにこんな人がいたら楽しいだろうなと思う。若干、イラっとするかもしれないけど(笑)

    文庫巻末の、萩尾望都の解説も◎です。
    解説の一番最後の一行、
    『アオヤマ君、君はぼくは泣かないのですと言うけど、私は泣きます。』
    に、激しく同意します!

  • 森見作品の新境地。
    お得意の阿呆大学生、京都、というキーワードを封印し、主人公を小学生にしたということで、京都の阿呆大学生ネタが大好きな私は楽しめないかも…と正直敬遠してました。
    が、読んでみるとめちゃくちゃ面白いしほっこりしました。森見作品らしく少年は癖があって、おねえさんは魅力的で、理系の要素が豊富で、パラレルワールド的で…確かに今までにない綺麗なお話だけれども、あくまで森見作品でした。
    こんなお話もかけるのかと森見さんの作家としての才能に改めてびっくりしました。よくこんなに子ども心を描写できるなぁと。この不思議でふわふわした世界観も圧巻。
    懐かしくて暖かくて切ない気持ちになる本当によい作品だと思います。

  • アオヤマくん。小学4年生で頭が良く、いつも研究に励んでいる。小学4年生にしては大人びた口調で難しい事も言うけれど、実はおっぱい好きな可愛い男の子だ。こんな子と小学生の時に出会いたかったな。

  • 小学四年生のアオヤマ君が頭角を現してきたのは、毎日ノートを書く習慣のおかげである。

    アオヤマ君は、毎日の発見を記録する。
    水路をたどる探検や、いじめっ子のスズキ君帝国のこと。
    街に突然ペンギンたちが出現した事件。
    そして、その事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていること…。

    アオヤマ君は色んなことを研究し、世界の秘密を知ろうとする。
    彼のその研究と周囲の人々との交流を追っていくのがこの物語だが、正直途中から世界の謎とかどうでもよくなってきた。

    「それが君の答えか、少年?」
    「これはまだぼくの仮説です」
    「君が間違っている可能性もあるわけか」
    「おおいにあります」
    お姉さんと少年のこのやり取りがすべてを表している気がする。

    日々考え、昨日の自分よりえらくなってやろうとするアオヤマ君の姿勢が、重要なのは答えではなく自分の内側と向き合い続けることなのだと教えてくれるのだ。

    世界の謎を解き明かすSFとしてこの小説を読むと、少しもやもやが残るかもしれない。
    だから、答えを探し続ける少年の成長物語として。また、私たち読者も彼から得た気づきをノートに記録するような気持ちで、繰り返し繰り返し読みたい本だ。

  • 第31回日本SF大賞受賞作品。

    ファンタジーや怪奇、伝奇ものの小説を書いてきた筆者が書いた本作は、SFの賞をとったということだけれどやっぱりどこかファンタジーよりだった。主人公は科学の子だし、科学的なガジェットも豊富なのに、なぜかSF!という感じがしない。まあそれはSF初心者にも入りやすいということだし、科学の知識がそんなになくても楽しめるので、悪いことではないと思う。

    でもこれ、SFって売り出すより(小学生の)青春小説って言った方が絶対いい。SFとして良作なのかはわからないけど、青春小説としては間違いなく良作。腐れ大学生を書かせたら右に出る者がいない著者が、まさかこんなに賢い小学生の爽やかな小説を生み出すなんて(まあアオヤマくんもおっぱい大好きだけど)。
    すごいなあと思うのは、ちゃんと「小学生」が書かれてること。設定だけ小学生で言動と思考は大人にしか見えないキャラが登場する小説はたくさんあるけれど、この小説に出てくるのは皆等身大の小学生だと思う。アオヤマくんは物凄く賢いけど、でも「こんな子どもいるわけない!」と切り捨てる気にはなれない。こんなヘンテコな小学生も、日本のどこかにはいそうな気がする。
    またこの小説は科学の子、アオヤマくんの一人称で書かれていて、描写もかなりそれを意識して書かれている。比喩は「宇宙ステーションみたいな」とか「宇宙ロケットみたいな」とか「レゴブロックで~」とか。著者とアオヤマくんの視点が重なっているのが見えるよう。脱帽。

    この著者の他作品にも共通して言えることなんだけど、物語が変に深刻にならないところが好き。たとえばスクールカースト的な描写がふわっとでてきて、アオヤマくんも冷静に考えればかなり酷い仕打ちを受けているんだけれど、全然深刻な描写じゃない。アオヤマくんは怒らないと決めているらしいから飄々としたものだし、復讐するシーンもスカッとするというより笑える。
    なんだろう、昔話とか逸話を読んでいる感じと似てる。よく考えれば酷いのに、さらっと流せるところが。
    にしてもスクールカースト(とまではいかないか?)を「スズキくん帝国」と表現するのは目からウロコ。絶妙に馬鹿にしている。機会があったら真似してみたいくらい(笑)。

  • ペンギン・ハイウェイ
    自分を世界で一番忙しい小学生と自負する、ちょっとませた子、小学四年生のアオヤマ君はたくさんの研究しなければならない課題を持っている。お姉さんとペンギンのこと、ジャバウォックの森に他にもいろいろと。。ウチダくんやハマモトさんとも一緒に探究をしていく。初めて読む森見登美彦さんの作品。彼らの探検隊、ファンタジックな文体が、自分の小学生の頃の思い出も淡く思い出させるなー、と思った。

  • 小学4年生のアオヤマ君は毎日ノートに学んだ事、発見した事を記録して研究に勤しんだり、歯科医院のお姉さんとチェスをしたりする。
    ある日彼の街にペンギンが現れる。どこから来たのか彼は研究を始める。

    アオヤマ君が変わった少年だけどとても素直で、子供らしからぬ言い回しをするけど嫌味にはならず可愛らしい(´∀`)

    森見さんの作品は最後の山場で異世界に紛れ込んで、なんやかんやあって収束するパターンが多いなぁ、とは思いましたがこれも楽しかったです。
    2回目だけどうろ覚えだったせいか、普通に楽しめました。

  •  理知的で少し変わった小学生アオヤマ君の住む町に、突然どこからかペンギンたちが現れた。その出現に近所の歯科医院のお姉さんが関わっていると知ったアオヤマ君はその謎の解明に挑む。

     森見さんと言えば京都の大学生のイメージが強かったですが、今回の主人公、小学生のアオヤマ君も非常にいいキャラです。

     ペンギンたちの研究や、謎の物体の発見という非日常も、友達や大人たちとの会話やいじめっことの対決という日常も、
    アオヤマ君の視点から描かれる世界は、それが非日常の世界でも日常の世界でもとにかくキラキラと輝いています。

     それは自分の興味を持ったことにとにかくまっすぐで、自分の可能性を信じ、すべてを成長につなげようとするアオヤマ君だからこそ見える世界なのだと思います。

     ラスト場面もとても綺麗です。大人になること、知ってしまったことの痛みと希望をこれ以上ないくらい表現された場面だと思います。

     またお姉さんをはじめアオヤマ君の周りの大人たちも、ウチダ君やハマモトさんといった彼の友達も、いじめっ子のスズキ君も、登場人物みんなそれぞれに魅力がありました。

     これだけの魅力的な登場人物たちを作り上げることができるのは森見さんを抜いてはそうそういないのではないかと思います。

     子どもの頃持っていた好奇心や未来の自分の可能性を信じる心をアオヤマ君が思い出させてくれた、読み終えてそんな風に思いました。

    第31回日本SF大賞
    2011年本屋大賞3位

  • しかし、楽しいやつだ、アオヤマ君は。こんなに楽しくて生意気な子だったらまぁ悪くない。しかし、おっぱいのことを考えていれば心が落ち着くとは。小4にしてこれだけの名言をのたまうとは。恐るべし、アオヤマ君。

  • この世の全てを達観したような気高さで空を眺めるも、歩く姿はヨチヨチと拙く愛らしいが飛べない不思議な鳥ペンギン。そのペンギンをはじめコウモリやクジラをも”生む”事の出来るおっぱいを持つ大人の女性に疑問と憧れを抱く少年の日常は、探求と冒険に満ち溢れた日々だ。異性という認識すらない少年のお姉さんに対する不思議はあらゆる生命の源となる「海」のメタファー。シュールな展開の中にも昔「男の子」であった者ならば既視感に似た感情を抱くことの出来る不思議な文体は和製『鏡の国のアリス』の少年バージョンとも呼べよう。嗚呼!深い。

  • 男子大学生のドロドロしたルサンチマンが渦巻く四畳半世界を描かせたら,森見登美彦の右に出る者はいない.万年床の下に隠された畳から怪しげなエキスを抽出して,それを一つの作品にまとめ上げることにかけては,北杜夫以来の才能であると言っても過言ではない.
    それにもかかわらず,彼は,まれに,綺麗な小説を書くことがある.どうしようもなく綺麗だけど,なんだかそこはかとなくおかしな世界.本書も,どちらかといえば,その系譜である.こういった作品が書ける人も,あまりいない.

  • アオヤマくんに、やられた。

    賢すぎて理屈っぽい。
    何もかも計算立てる。
    あー言えばこー言う。
    つまり、この主人公
    小学四年生のくせに
    可愛くない。
    こんな小学四年生は可愛くない。
    キライ。

    な、はずなのに。

    物語が進めば進むほど
    可愛くてしかたなくなってしまう。
    弟にしたいくらい。

    やられた。

    そんな小学四年生の
    好奇心と飽くなき探究心と
    ほんの小さな初恋が
    幻想的で
    不思議な不思議な
    世界の果てへと
    導いていく。

    夢に溢れて止まらない
    少年の青春。

    突き進め、アオヤマくん。

  • 不思議なペンギンと不思議なお姉さんの謎を解いていく過程で、言葉に書き表すことができない気持ちがあることを知る主人公。淡い淡い恋心がすごく純粋で、ウルウルしてしまった。決して怒らない、決して泣かない小学生が、お姉さんと会えなくなったと気づいた瞬間に、自分の中に言葉にできない感情があることを知り、心で覚えておくべき感情もあるんだなーと感じたのではなかろうか、と思いました。大人になるって難しくて辛くて甘酸っぱいなーと。SFだけどとても面白かった。

  • 期待して読んだけど、ちょっと退屈だったかな。
    なんか長々と長すぎて退屈。
    こういうファンタジーはどうも入り込めないな。

    小学4年生の賢く、研究熱心でおっぱい好きな男の子が主人公。
    おっぱい好きってとこが森見さんらしい(笑)

  • 読んでいくうちに今ではもう忘れてしまった、子供の頃に感じた気持ちや、世の中を不思議に思うことを思い出しました。

    そしてアオヤマ君というという、賢く理屈っぽく生意気な少年が、ただただ愛おしい。

    読んだあと、ほんわか優しい気持ちになれる本です。

  • 「ぼくはたいへん頭が良く、しかも努力をおこたらずに勉強するのである」
    研究少年アオヤマ君(小4)の住む街に、数々の異変が起こる。
    ✩どこからか出現する「ペンギンたち」
    ✩草原に浮かぶ球体の〈海〉etc
    そして異変に関係のあるらしい、歯科医院の「お姉さん」。
    アオヤマ少年に謎を解くことはできるのか――
    『夜は短し歩けよ乙女』の作者が送る、第31回日本SF大賞受賞作。

    ペンギン好きなんで、これは買わんとな、と。
    いやあ、良い話です。
    ちょっと読みにくさを感じたのですが(※)、最後まで読むと大好きになってる。

    ※絶対、街の地図つけた方がいい本になる。『空色のタクシー』シリーズのような地図が、少年の書いた絵地図みたいなのが理想。

  • 研究熱心で博識な小学四年生。しかし、彼はまだ「恋心」というものが分からない。恋愛要素を全面に出さない語り口に引き込まれて読み進めるうちに、たどり着く先にあるものは、少年の初恋である。とても穏やかで良い気持ちのまま最後のページまで読み進めることができた良作です。

  • ジャケ買いシリーズ(笑)。内容を全く知らずに表紙の絵がいい感じだったので購入。

    評価が難しい小説でした。
    小学4年生の、とても落ち着いた少年が主人公。
    街に起こる不思議な現象が、10歳の少年の目から語られるファンタジーSFな世界。

    物語の着地点が全然見えず、読み進むのにとても時間がかかりました。ゲームの世界のような、アニメの世界のような、夢の世界のような、いったいなにを信じればいいのだろう……と頭の中でいろいろな思いがぐるぐる。

    でも、最後の2行を読んだ時に、なんだか全てが許せるような、なんだか全てが愛しいような、そんな気分になりました。


    文庫本の解説を萩尾望都さんが書かれているんですが、なるほど、これは子供の頃に読んだ萩尾望都さんの漫画や、レイブラッドベリの小説のような、そんな物語だったのだ、と気が付いて、腑に落ちました。

    アニメーションで映像化したり、漫画化したら、もっとしっくりと染みそうな作品なんじゃないかしら。



    森見さんの小説を読むのはこれが初なのだけれど、他の作品も読んでみようかな。

  • 「いつまでもこの本を読んでいたい。」と、泣きたくなるくらいおもった。最近私は本を読んでよく泣く。

    この本にでてくる小学四年生の少年少女たちが、わたしにはできなかった、あるいはできたかもしれない、あるいはやっていたけど忘れてしまった冒険や探検をしているようすが、いとおしくてたまらない。

    おもえば遠くに来てしまったものだなとおもう。小学四年生の頃、なにをかんがえていたかだなんて、ちっとも思い出せない。私はどんな小学四年生だったろう。

    カンブリア期の海の生き物たちもきっと、「おれたちこんなものになる予定じゃなかったんだけどな」と化石のなかから思ってるはずだ。

  • 森見さんのファンタジーは、ファンタジー嫌いの私をも夢中にさせる。
    間違いなく私の好きな作家さんの一人です。

    今回は、小学生の男の子が主人公。いつも体たらくな大学生のお話が多いので、なんだか新鮮でした。そのせいか、本の頭からおしりまで、すっぽりシャボン玉中に包まれたみたいに優しい雰囲気で、彼にはこういう書き方の引き出しも備わっていたんだ、と感心することしきり。

    森見さんらしいおもしろさや、キャラクターの魅力やイマジネーションの豊かさなどなどは健在で、新たに涙なんかも入ってきて、読み終わった私は、ほんとに胸と喉の奥がきゅーんとしてしまいました。

    よかった!

  • 森見登美彦の日本SF大賞受賞作と聞いて、面白くない訳がないと期待して読んだのだが、ピンとこない。
    確かに、おませで利発的な少年の小さな恋と冒険のファンタシーとしてよくできたお話しだと思う。でも、それを世界の崩壊を防ぐ冒険に仕立てるというのはうまくいかなかったと感じる。
    この構造自体はずっと繰り返し採用されてきたもので、安定感とマンネリに直結している。
    この物語構造の効果は、(近現代にあっては)少年の肥大化した自我の慰撫だと思うが、よりによって青年のこじらせた青春を茶化す文を書いてきた森見登美彦が⁇と戸惑う。
    茶化すことの狙いは笑いを通り越したあとのねじれた鎮魂歌だと思っていたし、私自身、多いに笑い癒された。
    でも、この作品にはそうした作用もない。

    ひょっとすると、森見は治療ではなく予防にまわったのだろうか。

全878件中 1 - 25件を表示

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)に関連する談話室の質問

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)に関連するまとめ

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)の作品紹介

ペンギン・ハイウェイは森見登美彦さんが小学4年生の少年を主人公にした小説です。
この作品は森見さんの記念すべき10作目となります。少年の住む郊外の町にある日突然ペンギンが現れます。この事件に近所のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知り、調べ始めることにします。ペンギン・ハイウェイはSF小説ですが、少年の好奇心がよく描かれていて児童文学としても楽しめます。

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)の単行本

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)のAudible版

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)のKindle版

ツイートする