ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

  • 7441人登録
  • 3.91評価
    • (750)
    • (847)
    • (566)
    • (153)
    • (30)
  • 864レビュー
著者 : 森見登美彦
制作 : くまおり 純 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041005613

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 純粋な恋心にキュンとします。ただのミステリーってわけでもなく読みやすいので、最初読んだやつは母に、更にもう一度買って読み直したら、それを友達にあげてしまいました。あげるほどオススメするってなかなかないかなと。なので手元になくて読み返せない。。。もっかい買おうかな。。。

  • 既にレビューが800件以上なので箇条書きで。
    ・"長いなー、止めちゃおうかな..."と思ったが、段々と面白くなって来る。
    ・ファンタジーに分類されるものだと知らなかったし、中々気付かなかった...。
    ・最後は飲まれるよう。面白かった。
    ・"四畳半神話体系"はノイタミナでアニメを見たけど、この方が原作者で、小説原作があることを知らなかった!

  • 小学四年生の「ぼく」が住む街に突然ペンギンたちが現れ、不思議なお姉さんとの奇妙な物語。
    「ぼく」に同感できる物語でした。
    また、大人ぶっている「ぼく」も子供ではあるのだと思い、そこがまた良かったです。

  • 読み終わりがまさかこんなにキュンになるとは。
    ノートをたくさんとりたくなった。

    アオヤマくん、女心の機微がまだわからぬ、いや、女だけでなく、少年の、人間の性質にも疎い、賢い前向きな少年、がんばれ少年。

  • ちょっとノスタルジックなの少年の夏物語。海辺のカフェとか近所のお姉さんとか基地とか。そして、純粋な研究心ってこーゆーやつなんやなって思える。夏にぴったりッス。

  • かわいらしい、軽快で読みたくなる本

  • 研究者としてのマメさや好奇心には頭が上がらないね笑
    4章近くまで物語は単調だけどちょくちょく出来事が起きて進んで、最後一気にクライマックスって感じ

    最後の寂しさたるや…

    結局〈海〉は我々が体感してる次元を超越したものなのかな?宇宙の話とか生死の話とかも出てたし。そもそも理解しようとして理解できる存在ではなさそうか

  • いや〜森見さんの世界観好きだわ〜。
    なんだか自分が小学生の頃の甘酸っぱい記憶がわらわら蘇ってきちゃったよ。
    アオヤマくんもお姉さんもものすごくいい味出してるし。いつまでも2人の世界が続いてほしかったなぁ。
    でもアオヤマくんはとっても賢くてとっても強い小学生だね。
    なんだかホロっとしちゃいました。

  • 文章体が楽しく思考整理・探求法が頻出。釈然としないので終盤の数ページを何度も読み返した。 今の気持ちは今限り、と言いたいのか。 誰もが失う純粋さが詰まった一冊。 ただね…課題図書のように感じる。 アオヤマくんは少年らしい感情記述が少なく、読む人それぞれの記憶と照合する事によりその人次第で感想は補完されると思う。 今の私は、ひと夏が過ぎた爽やかな余韻を感じる。アオヤマくんがそう感じていると思うから。

  • 少年の初恋。
    少年とお父さんの会話。少年とお姉さんの会話。
    どちらも微笑ましい。
    ペンギンたちの謎は謎のまま。
    小学生だった頃の事、どんなだったかなぁ。

  • 森見登美彦さんの描く世界は非現実なのに、人間くさい。そんな森見さんの、日本SF大賞受賞作品。

    森見さんと言えば、京都を舞台に阿呆な男子大学生が立ち回る話が多く実に魅力的だが、本作品は趣が異なる。

    小学四年生の主人公アオヤマ君は、町を流れる川の源流をたどる研究や、クラスのいじめっ子であるスズキ君の研究に勤しむ、非常に勉強熱心で風変わりな少年。

    そんな日常に突然起きた事件。町でペンギンが発見されたことで、アオヤマ君の研究生活はより一層充実していく。

    歯科医院のお姉さんも彼の研究対象になるのだが、わかりやすく、彼はお姉さんに恋をしている。けれどもまだ恋を知らない彼は、自分のこの感情の名前を知らないのである。

    お姉さんの不思議な力を研究するアオヤマくんが発見した仮説は、また彼を一つ大人にさせる。

    SFと初恋と少年の成長と、そして世界の果てが詰まった、切ない物語。

    「生」と「世界」と「初恋」はきっと似ている。始まりも終わりも同じところに潜んでいるのだと思う。

    アオヤマくんが初恋にまた出会えますように。

  • 当方、この作家にあまり通じておらず、あくまで自分が読んだ順番での判断ですが、
    ・この前に読んだ『太陽の塔』と似たような空気が漂っている
    ・『太陽の塔』に比して現実感(もしくは当方にとっての親近感)が希薄
    ・SFというかファンタジーにしては、スケール感が小さすぎる
    等々、ちょっとその出来に不満足な点が多く★評価は辛目と相成りました。

  • 最期はSFで非現実的なんだけれど,小学生の頃の在りし日の自分を思い出して懐かしくなる話。最後の主人公と父の対話がとてもよかった。また読む。

  • お姉さんは自分の境遇を納得してないけどアオヤマくんが会いに来てくれるから安心して行ってしまったのだと思った。世界の果てに行ってお姉さんに会いに行って欲しい気持ちもある。でも世界の果てに行けないのかもしれない。行けなかったらアオヤマくんの気持ちの行き場のなさが切なくてたまらない。しかし彼は泣かない。それがとても切なくて悲しくて泣いてしまうんだなあ。

  • 結局どうしてペンギンと海とジャバウォックとシロナガスクジラとコウモリとお姉さんなのか、謎は謎のまま。
    ただ、そういう謎解きに挑む本ではなく、未知を探求する少年に自分の在りし日を重ねて空気を楽しむ作品なのだろう。

    自分にはイマイチ合わなかったが、良作ではあると思う。

  • とても世界観が好きでした。
    登場人物、想像できる風景。みんな愛おしくなります。
    ただ、後半に連れ少し爆発的な終わり方を期待してしまっていたので、少し物足りない感じがしてしまいました。

  • 初恋にSF 素晴らしい題材です。
    SFは「すこしふしぎ」の方のSFの方ですね。
    最後は壮大なのですが、ペンギンの大群を想像すると可愛くて可愛くて、すこしふしぎな方に分類したくなります。
    アオヤマ少年みたいな子は可愛がられるだろうな。
    いつも一生懸命でまっすぐ。
    読んでいてほのぼのします。
    お姉さんは謎で読んでいても、ちらほらと不安を感じる。
    でもそれが魅力のひとつ。
    最後はやっぱり悲しいけれど、それが受け入れられる流れなんです。
    児童文学としてもいい作品じゃないかなと思います。

  • しっとりしてる。

    動きがあまりなくてとても読み難い。
    森見さんは表現が面白い、悪く言えばまだるっこしいので、
    テンポが若干トロくさいこの作品は私的に読みづらかったです。

    積んじゃいました。

  • 研究熱心で好奇心旺盛なアオヤマ君と、ペンギンを出現させる不思議なお姉さんのお話。
    いつもの森見さんよりもファンタジー色が少し強めだが、雰囲気が良く、自分もこの町を探検したくなった。
    そうして物語に入り込んでいると、アオヤマ君に感情移入して、最後には心がじんわりと締め付けられた。
    これを映像化してほしい気持ちもあるけど、文字だからこそいいのかもとも思う。
    凄く良かった

  • いい話でした。涙が出てきた。楽しい悲しい。
    ほんわかする感じだし、映像が思い浮かぶような書き味で楽しめました。
    映画も見て見たい、

  • 研究熱心でおっぱい好きな小学4年生のアオヤマ君と、不思議な力をもつ歯科医院のお姉さんのお話。
    童話を読んでいるような感じで、久しぶりに小学生のころの気持ちを思い出しました。

    アオヤマ君は利口なだけではなく心が強い少年です。私がアオヤマ君の立場だったら、泣いてしまうだろうし、耐えられないだろう。だから、アオヤマ君にはお姉さんと再会してもらいたい。

    アオヤマ君が泣かないのなら私も泣かないと頑張ってみましたが、萩尾望都さんの解説で我慢できずに泣きました。
    読了後、確かにアオヤマ君とこの本をぎゅっと抱きしめたくなります。

  • とても不思議世界でした。
    最初っからやられました。
    理解しようとするより、ふわふわっとさらりと世界観に身をまかせる感じかなー。

  • 「サイダーの中を歩いているみたいだね」
    傘を指して歩くお姉さんの感性に胸一杯です。
    森見登美彦のSF青春小説といった所でしょうか。小学4年生の男の子と歯科医院のお姉さんとを取り巻く世界を目の当たりにする作品。
    素敵という言葉が非常によく当てはまる話。ペンギンが急に街に出てきて、歩き回り、消えていく。しかもなんと元を辿ればコーラの缶から変身していた。素敵でしょう?
    アオヤマ君は非常に頭が良く好奇心も旺盛で、小学生ならではの探検に勤しんだり、小学生らしくない研究に励んだりと多忙な青春を送っている。自分も研究はしないまでも探検とかしたなあと、少し懐かしい青春の味を思い出させてくれる。しかし、その味は確実に実体験よりも濃いものだった。なぜならそれ以上の青春がこの本には詰まりまくっていたためである。
    この世の中には大量のフィクションがある。でもそれら全てが本当にフィクションであると証明することは不可能だ。その中に実は本当の話も混ざっていたりする可能性があるのではないかと、私はたまに妄想している。その本当の話がこの本だったら良いなあ、なんて思ってしまう小説でした。
    楽しい青春はもちろん、寂しい青春も詰まっている本。お勧めしたい。したいが、正直、人を選ぶような気もする。世界観に浸れる人であれば、名作になること必至。
    いやぁ、今日は気持ちよく寝られそう。シロナガスクジラとお喋りする夢でも見たい気分。
    それでは、ぐんない。

全864件中 1 - 25件を表示

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)に関連する談話室の質問

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)に関連するまとめ

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)の作品紹介

ペンギン・ハイウェイは森見登美彦さんが小学4年生の少年を主人公にした小説です。
この作品は森見さんの記念すべき10作目となります。少年の住む郊外の町にある日突然ペンギンが現れます。この事件に近所のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知り、調べ始めることにします。ペンギン・ハイウェイはSF小説ですが、少年の好奇心がよく描かれていて児童文学としても楽しめます。

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)の単行本

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)のAudible版

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)のKindle版

ツイートする