万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)

  • 1218人登録
  • 3.74評価
    • (70)
    • (176)
    • (141)
    • (15)
    • (1)
  • 126レビュー
著者 : 松岡圭祐
制作 : 清原 紘 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041005620

万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 探偵の探偵でおもしろいじゃん「松岡圭祐」さんとなったんで、
    読んでみるか?
    でも、
    長いシリーズだからなぁ。。。
    と、
    ずっと読もうか読まないかと迷っていた万能鑑定士シリーズについに手を出した!

    現在読み終わってるのは、
    万能鑑定士Qの事件簿1と2で9を読んでいる途中で、
    特等添乗員αの難事件の1巻と、
    この、
    万能鑑定士Qの短編集です!

    結果的に、
    この短編から読んで正解!
    これを読んでつまらなかったら万能鑑定士シリーズは合わないよ。

    主人公「凛田莉子」が万能鑑定士。
    自分のお店は飯田橋にありますが短編集は代官山の「ジャック オブ オールトレーダーズ」が舞台となります。

    店長が香河崎さんで、
    店員の駒澤さんと蘭田莉子は一緒に行動する感じ。

    確かに人は死なない!
    で、
    ミステリーで雑学というかウンチク満載?!

    ミッキーマウスの憂鬱でも思ったし、
    もちろん、
    探偵の探偵でも思ったんですが本当によく調べている人が書いてます。
    真の、
    万能鑑定士は作者さんじゃないのか?!
    と、
    思うくらいですよ。

    ダイヤモンド
    水晶
    バスケット
    絵画
    握手券
    が、
    テーマにお話しが書かれています。
    で、
    絵画には特等添乗員αさんの浅倉絢奈も登場!
    つか、
    浅倉絢名のほうが好きかも?!
    で、
    α買ったんですけどね。。。

    おもしろいからオススメ!

    とりあえず、
    タロット占い師からタロット鑑定士に変わったのに理由はありません?!

  • さらっと読みやすい。

  • 何時もの登場人物で安心して楽しく読み飛ばせる短編集でした。

  • 面白かった。人気があるのがよくわかった。
    自分が若ければ、もっと楽しめたかもしれない。

  • このシリーズ、興味あって、でも図書館ではいつもなく、たまたまあった短編集にシリーズ初読のあなたへ、とあったので手にとりました。

    面白かったです。
    質屋の面々のキャラもよかったし。
    本編もきちんと読みたい、と思いました。

  • 万能鑑定士Qシリーズの短編集です。これまでの長編版とは違い、5本の短編が収録されています。この短編集では、J.O.Aという質屋に出張鑑定士として出向きます。そこで莉子は、さまざまな事件を解決することになるのでした。
    どの短編も面白いですが、特等添乗員αシリーズに登場する、浅倉絢奈が莉子とペアを組んで活躍する第4話が楽しかったです。

  • 万能鑑定士である莉子が代官山の質屋に赴く。
    そこで起こる5件の事件を描いた短編集。

    短いながらもどれも楽しめる内容だった。
    この相変わらずの安心感はさすが。

    しかし、事件簿全12巻を読み終わって読んだが、
    少し早すぎたようで、知らないキャラも複数名出てきた。

  • 短編集ですが、面白さのレベルは変わらず。
    むしろ短い分、濃いようにも思います。
    さらに莉子と小笠原の仲がちょっと進展…するといいのに。
    でもいつもより二人の恋愛がらみを多く見れた気がします。

  • どんな感じなのかと試しによんでみたけれど、結構面白かった。本編も読んでみようと思う。

  • 「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」決定版!1冊でひとつのエピソードでは物足りない皆様へ、そしてシリーズ初読の貴方へ。最高に楽しめる珠玉の傑作エピソード群登場!―代官山の質屋に出向してきた鑑定家は、弱冠23歳の凛田莉子。店長による調査では、高校まで万年最下位、就職活動でも周囲をあ然とさせた天然美女。だが莉子はいまや、依頼品にまつわる謎という謎を解明しうる“万能鑑定士”となっていた。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    添乗員のキャラがでてきてたんだけど、読んでないからどんな関係なのか若干謎だった〜
    でも短編集とはいえ、全体はなんとなくつながってるし、事件簿のシリーズで出てきた人もたくさん出てくるし、面白かったよ。あと、小笠原さんにガンガンアタックする同級生の出現とか…笑
    なにより、超地元が出てきてびっくりした。
    千葉県佐倉市ってでてきて、その地点でえ!ってなってたのにさらにホテル…っていいだしてまさか…と思ったら案の定ユーカリが丘きたーーー!
    ありがとうございます・・・!笑

全126件中 1 - 10件を表示

松岡圭祐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)に関連するまとめ

万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)を本棚に登録しているひと

万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)の作品紹介

「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」決定版!1冊でひとつのエピソードでは物足りない皆様へ、そしてシリーズ初読の貴方へ。最高に楽しめる珠玉の傑作エピソード群登場!-代官山の質屋に出向してきた鑑定家は、弱冠23歳の凛田莉子。店長による調査では、高校まで万年最下位、就職活動でも周囲をあ然とさせた天然美女。だが莉子はいまや、依頼品にまつわる謎という謎を解明しうる"万能鑑定士"となっていた。

万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)のKindle版

ツイートする