さいはての彼女 (角川文庫)

  • 1023人登録
  • 3.68評価
    • (55)
    • (168)
    • (122)
    • (19)
    • (4)
  • 157レビュー
著者 : 原田マハ
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041006429

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 マハ
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

さいはての彼女 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • がむしゃらに生きてきた女性が、壁にぶつかり旅に出て、また前を向いて生きていこうと思う話が4つ入った短編集。
    人との出会いであったり、自然とのふれあいであったりが浄化してくれ、壁にぶつかったら足掻いてもいいんだと思わせられる。どの女性も最後は晴れやかな顔をしている(であろう)姿に、私自身も元気を貰えた。実際はこういう時、上手くいく事ばかりではないかもしれないけれど、気持ちはいつも前を向いていたいよね。そのきっかけをくれる登場人物のナギちゃんのような子にいつか出会いたいな~。

  • 様々な女性達の再生をテーマにした短編集、
    中でも題名にもある「さいはての彼女」には、震えました。

    サイハテに乗るひたむきさの美しい女性と、
    それに感化されていく一人の強い女性、

     “ナギ、生きるんだ。越えていくんだ。”

    最果てを目指すその二人の在り様が、一陣の風の様で、
    心の澱を洗い流してくれる、風のような物語でした。

    また、「さいはての彼女」の sideB となる、
    「風を止めないで」もよかった、、

     “ハーレー乗りって、みんなロマンチストなの?”

    こんな話を読んだら、バイクに乗ってみたくなりますね。
    まぁ、免許は持っていないんですけども(汗

     “この風、止めないでね。”

    自分の心の風を止めずに、ただひたむきに、、
    そして真っ直ぐに乗っていきたくなる、そんな一冊。

  • 4編からなる短編集。
    どの短編もじ~~~ん、と心に響きます。
    そして心地よい風が吹き抜けていく!
    中でも「旅をあきらめた友と、その母への手紙」のハグとナガラは「星がひとつほしいとの祈り」にも出てきた友人同士。
    個人的には4編の中で一番好きです。

  • さいはての彼女

    彼女たちのその後がとーーっても気になる!

    全部読み終えて!
    心がすごーくぽかぽか!

    『優れた物語は、読者にギフトを与えてくれる』
    ほんとそんな感じ!!

    そのくらい私好みの本だった!

  • 敏腕女社長・涼香は沖縄でバカンスをおくるつもりだったが、部下の計らい(嫌がらせ?)により、女満別へ一人旅…
    そこで出会った“さいはて”と“凪”、によって、どん底気分から再生していく物語。

    “さいはて”と聞くと、私は沖縄の離島を思い浮かべるんだけど、このお話の“さいはて”は、ハーレーの名前。パートナーのさいはてにまたがって現れる凪が最高にかっこいいのだ。
    凪は耳が聞こえないのだけど、そんなもの感じさせないぐらいに自由で風になって飛んで行く。とっても魅力的だ。

    何が良い、どこが良い、と具体的な事をあげなくたって、読み終わったら、ああ読んで良かったって、私まだ前を向いて行けるって、そういう想いになれる、元気になれる一冊。

  • さいはての彼女
    最悪の事態に直面したとき、一時間後に立ち直っている自分を創造できるか。それがてきる人は、一年後、十年後、かならず成功する人です。

    うまくいかない時こそ成長するチャンスなんだろうな。そして周りの人とのつながりを大切にしていくこと。強く、誠実に、しなやかに生きていきたい。


    読了。一気に読んじゃった。「風を止めないで」物語の間中吹き抜ける風が心地よかった。凪ちゃんかわいすぎ!

    マハさんのお話を読むと、知的好奇心が高まる!またもマハさんマジックにかけられてしまった。これだからやめられない!次はどんな魔法にかけられるんだろう。

  • いいタイミングでいい本に出会えました。
    鬱々としていた気分がすっきり。舞台がたまたまもうすぐ旅行に行く先で、本当に楽しめた。

    旅行の醍醐味を凝縮したような一冊。旅は非日常と、ステキな出会いが楽しみなのです。

  • 30代のちょっといけ好かないキャリアウーマンの描き方が上手だと思った。
    最初の短編『さいはての彼女』、3番目の短編『冬空のクレーン』に出て来る主人公の部下には絶対なりたくないと思う位。
    でも、その2人も旅先で自然や人に触れ、自分の傲慢さを自覚して、優しい気持ちを取り戻していく様子が良かった。
    最後の短編は、最初の短編にも出て来るナギちゃんのお母さんの話で、切ないのだけど、希望が持てる最後になっていて良かった。

  • 34才、独身の私にとってはピンポイントに現実的な一冊でした。30代から40代にかけて、仕事に生きる女性の心の重みをスッキリと軽快にさせてくれる短篇集。最初と最後のお話はリンクしています。
    特に好きなお話は、最初の「さいはての彼女」と最後の「風を止めないで」。原田マハさんの文章はとても美しくて情景が目の前に広がるような素敵な響きがあるので、私は大好きです。風の音、バイクの音、すべて感じることができました。
    バイクは全然わからないし、乗ったこともないけれど、魅力的に描かれていました。
    そして何より魅力的なところは登場人物のナギ。30才を過ぎて、なかなか素直になれなくなってきて、打算的で、しがらみばかりで、澄んだ目を持てなくなってくる・・シンプルで一生懸命なナギの生き方は本当に素敵でキラキラとしていました。周りの人まで笑顔にしていまう、そんな彼女。私もナギのようになりたいと思ったし、同じように笑顔で感謝や好意をハッキリと伝えられる人間になりたい。それは本当にシンプルな生き方なのに、難しい。自分で作った線を乗り越えて、そして人生ももっと足掻こう、読み終えた時は何だか心が軽くて、明日がまた楽しみになるような作品でした。
    男性や女性でも別の世代の方が読むと、どう感じるかわからないけれど、私は、今、この本と出会えて本当に感謝しています。

  • さいはての彼女と風を止めないでが非常によかった。
    主人公の女性たちが人の出会いを通じて立ち直っていく姿を描いた作品であり、さわやかに前向きになれる。
    彼女の作品は言葉を操るのがうまいなと思った。
    短編集ではなく、長編で読みたかった。

  • 2013/04/17読了

    表紙で目を奪われた。軽く立ち読みして、購入決定。
    旅かバイクか、その両方もしくは片方でも好きなら読んで損は無い。風を止めずに走る凪が、愛車サイハテと一緒に駆け抜ける。
    それがもう、格好いいのなんの。

    キャリアに悩まされ、社会の上のほうで生きることを決めた女性たちが、旅路の果てで出会う「出逢い」。
    物語としてはすごく単純だがそのシンプルさがいい。
    オートバイを愛し、オイルまみれになって、自慢のハーレーで日本を自由に駆け回る少女。冬の果ての地で鶴と一緒に生きる男性。
    どんなに辛くても旅を続ける人々…
    虚勢を張るのを止めたとき、ちょっとした爽快感が生まれる。

    危険だけど自由にバイクを乗り回す娘を見守る母親の視点もあって、それで締めてるっていうのが一番効いたかも。娘がもたらした出逢いで、再出発できるというのも素敵だよね。

    久々に良い短編集に出会えました。オススメです

  • 旅のお供に連れて行った本。

    いろんな想いをもって、旅に出る女たちのものがたり。
    日常から離れて観る景色、出会いは、
    思いがけない心の動きを与えてくれる。
    ふだんには、発見できないことも、
    新鮮な心の目が開いて、嬉しい出会いを差し出してくれたり・・・。
    一人旅は、自分とむきあう格好のチャンスだと思う。
    それが、どんなに輝いていて、日常にもどったときに
    自分に力を与えてくれるのか、
    ワクワクとおしえてくれる、素敵な短編集だった。

  • 女性達の「再生」をテーマにした4つの短編集。
    うち3作品の主人公は、わかりやすく「バリキャリ」な女性。「肩で風切って歩く」風な、ベタなほどの勝気な彼女たちが、旅先で頑なな心をほぐしていく。
    その舞台となる旅先の描写も、美しい自然が目の前に見えるようでうっとりした。北海道にも伊豆にも行ったことはないけれど、雄大な風景に身を置いてみれば、様々なものが見えてきて価値観ひっくり返るだろなと。
    一歩間違えば陳腐になりかねない設定でも、力強く、心揺さぶるメッセージを伝えてくるところがマハさんの魅力だなといつも思う。
    表題作で颯爽と登場し、バリキャリ女性と熱い友情を育む若い女性ライダー、凪ちゃん。何とも魅力的だった彼女が最終話でも登場。こちらの主人公は凪の母親で、他の3話とはちょっと毛色が違うけれども、しっとりとしたストーリーだ。
    2作目「旅をあきらめた友と、その母への手紙」に出てくるセリフ「人生を、もっと足掻こう」がすごく好きだな~。マハ作品を読んでいつも感じる「熱さ」は、このフレーズに集約されているなと。

  • 風を感じたい!

    なんだか そんな風に思った。



    なにかに 躓いても また起きればいいんだよなぁ。。。
    なんて そんなことを うっすら感じた。

    でもさ 言うは易し、、、、だよね。

  • 祝!文庫化
    リ・セット出来ない事って何もない。が、信条だったのすが3.11後は揺らいでます。

    角川書店のPR(文庫)
    「『楽園のカンヴァス』新山周賞作家が描くリセット・ストーリー!
    脇目もふらず猛烈に働き続けてきた女性経営者が恋にも仕事にも疲れて旅に出た。信頼していた秘書が手配したチケットは行き先違いで――? 女性と旅と再生をテーマにした、爽やかに泣ける短篇集。」

    (単行本のPRの方が好きなので)
    「「毎日が戦場」の働く女子に捧ぐ! さわやかな風がふきわたる物語
    25歳で起業した敏腕若手女性社長、涼香。何もかも順調に見えた人生だが、失恋と社内の内紛で心も体もくたくた。失意のまま出かけたバカンスは、行き先違い!? 仕事も恋も120%の女性が緩やかに快復していく姿を描く」

  •  全速力で駆け抜けてきた主人公たちが立ち止まった時、自分が見てこなかった人生の景色を見る。それは新しい価値観だったり、自分の歩んできた人生の道のりだったりするわけだが、立ち止まることは悪いことではないのだ。

  • 失恋と仕事の秘書を失った女性が、リフレッシュで出かけた一人旅が沖縄ではなく、勝手に北海道に行くことになってしまう。
    そこで出会ったハーレー乗りの女の子との出会いが彼女を変化させる。
    短編集で、最初と最後の話だけ関連がある。

    失意の状況から前を向けるようになるまで、という気持ちよく読める内容。
    良かったです。

  • バリキャリの女性の挫折と、また前に進んでいこうとする推進力溢れる短編集。
    タンチョウヅルの舞いを見てみたくなって思わず検索した。

  • 短編働く女子仕事ストーリー。
    風を感じました。

  • 2017.7.9
    ああやっぱり原田さんのストーリーだいすき!読み終わった後に、ああがんばろう、私は私でいいんだと感じられる。文章が軽やかで楽しい。

  • よかった!よかった!よかった!読み終わりたくなかった!どのお話も、心の栄養になります。原田作品No.1、入れ替わっちゃうかも。
    働く大人の女性向けの、元気が出る短編集でした。
    2017.07.04

  • 4つの短編集からなっています。原田マハさんの作品は初めて読みましたが、どの話も女性が主人公で仕事や恋愛に悩みながらも前に進んでいく様子がとても細かい描写で書かれていました。
    特に風景についての文章はすぐにその風景が思い起こせるくらいに詳しく書かれていて、入り込みやすかったです。
    同じ女性として共感できる部分もあり、読んだ後には頑張ろうって思えました。

  • 短編4編。
    立ち止まるタイミングが訪れた女性達の話。
    共感すること多々。
    それにしても登場人物が魅力的。
    ナギちゃんをはじめみんな素敵。

  • ハーレー乗りのナギをはじめとした女性が主人公の短編集。読みおわった後爽やかな気持ちになる小説。
    最後の『風を止めないで』がジンときてよかった。

全157件中 1 - 25件を表示

さいはての彼女 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さいはての彼女 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

さいはての彼女 (角川文庫)の作品紹介

25歳で起業した敏腕若手女性社長の鈴木涼香。猛烈に頑張ったおかげで会社は順調に成長したものの結婚とは縁遠く、絶大な信頼を寄せていた秘書の高見沢さえも会社を去るという。失意のまま出かけた一人旅のチケットは行き先違いで、沖縄で優雅なヴァカンスと決め込んだつもりが、なぜか女満別!?だが、予想外の出逢いが、こわばった涼香の心をほぐしていく。人は何度でも立ち上がれる。再生をテーマにした、珠玉の短篇集。

さいはての彼女 (角川文庫)の単行本

さいはての彼女 (角川文庫)のKindle版

ツイートする