彼女たちのメシがマズい100の理由 2 (角川スニーカー文庫)

  • 37人登録
  • 3.55評価
    • (1)
    • (6)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 高野小鹿
制作 : たいしょう 田中 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年12月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041006696

彼女たちのメシがマズい100の理由 2 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ2巻。前回と比べるとだいぶ構成が洗練された気がする。
    内容は1巻ラストで突如帰宅した愛内家長女こと龍子によって愛内家出禁をくらった紅緒の権利回復のため奮闘するというもの。
    特殊なキャラ付けで押し切るドタバタ劇というでもなく、ただのハーレムものというのでもない。意外やじんわりくるやり取りが描かれていて嫌いじゃない。薄いがちゃんと味は付いている。

全1件中 1 - 1件を表示

彼女たちのメシがマズい100の理由 2 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

高野小鹿の作品

彼女たちのメシがマズい100の理由 2 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

彼女たちのメシがマズい100の理由 2 (角川スニーカー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

彼女たちのメシがマズい100の理由 2 (角川スニーカー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

彼女たちのメシがマズい100の理由 2 (角川スニーカー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼女たちのメシがマズい100の理由 2 (角川スニーカー文庫)の作品紹介

愛内家に帰ってきたゴスロリのちっちゃい姉の龍子。"メシマズ"の紅緒には、かわいい弟である葉介の世話は無理だ!と納得できる料理を食べさせるように、要求してくる。レシピ通りに作ることができない紅緒は悩んだ末、リリィと一緒になぜかメイド喫茶で働くことになる。だがそこで出会った巨乳メイドが恐るべき"メシマズ"属性を持っており!?すべての属性を吸収する最強のメシマズヒロインの勝負料理は何を作る!?-。

ツイートする